ご家族でのご利用

手荷物許容量、出国税、健康管理、ベビーカーなど、お子様と一緒のご旅行に役立つ情報をご案内します。

このページの項目

幼児

カンタス航空では、搭乗時の年齢が2歳未満のお子様を幼児としています。新生児は、健康であることを条件に、健康状態の確認不要で生後8日目からご搭乗になれます。生後7日目までのご搭乗はおすすめしませんが、フライトをご利用になる必要がある場合は、カンタス航空による健康状態の確認を受ける必要があります。カンタス航空のメディカル トラベルクリアランスフォーム (PDF)に必要事項をご記入のうえ、カンタス航空の特別手配チームまでEメール(英文)でお送りください。

座席および自動車用チャイルドシートとジュニアセーフティシートに関する情報をお読みになり、幼児の着席方法とオンライン予約の制限事項についてご確認ください。お子様および幼児の年齢・月齢は、ご予約時に必ずお知らせください。

手荷物許容量

お子様には、機内持込手荷物、お預け手荷物ともに、大人と同量の許容量が認められています。預け入れ可能な手荷物の数量は航空券に印字されています。オンラインの予約の照会にて確認することもできます。幼児の手荷物許容量は目的地によって異なります。これには、折りたたみ式ベビーカー、折りたたみ式ベビーバシネット、チャイルドシート、ベビーカプセルのいずれか1点が含まれます。幼児と子供のお預け手荷物許容量および機内持込手荷物許容量の詳細をご確認ください。

ベビーカーのご使用

オーストラリア国内のほとんどの主要空港では、お客様がお持ちのベビーカーをお預けになった後にご利用いただける空港用のベビーカーをご用意しています。空港用ベビーカーは搭乗ゲートにてスタッフが回収します。ご搭乗は一般のお客様よりも先にご案内します。

パスポートとビザ

ご家族全員が有効なパスポートと、訪問または経由する各国で必要とされるビザをお持ちであることを今一度ご確認ください。国によっては、18歳までのお子様はご自身のパスポートをお持ちでなくても、親のパスポートに併記されていれば出入国が認められる場合もあります。ただし、親が子供を同伴する場合に限られます。トラブルなく旅行できるよう、訪問する国の領事館に入国の要件をご確認ください。

南アフリカ発着のフライトでは、子供または幼児を同伴する際の必要書類に重要な変更が加えられています。

出国税

出国税は国によって異なります。訪問する国の出国税の要件をあらかじめご確認ください。一部の国では、空港で現地通貨の現金にて出国税を支払う必要がある場合があります。

健康管理

健康は何よりも大切です。大人もお子様も、出発までに余裕を持って必要な予防接種を受けるようにしてください。処方薬が必要な方がいる場合は、旅行期間中に十分足りる量をお持ちください。旅行先の現地では入手が難しいことがあります。必要なときにすぐ服用できるよう、薬はすべて機内持込荷物に入れておくとよいでしょう。また、訪問先の国で薬の申告が必要になった場合に備えて、医師発行の証明書をお持ちになることもおすすめします。各国の規定については、ご出発前に訪問される国の大使館にご確認ください。

座席

カンタス航空は、家族旅行のお客様に可能な限り並びの座席をご用意するよう努めています。予約作成後に座席を指定するには、予約の照会にアクセスしてください。国内線では一般座席の指定は無料です。国際線では一部のお客様の一般座席の指定は無料です。座席および料金に関する詳細は座席指定のページをご覧ください。

オンラインで幼児の予約をすると、座席を使用しない幼児として予約されます。そのため、幼児は同伴する大人の膝の上に座らせるか、飛行中使用が認められている間はバシネットに寝かせておく必要があります。また、オンライン予約では、大人1名様が同伴できる幼児は1名様までに限られます。座席を使用する幼児の予約、または大人よりも幼児の人数の方が多い予約をご希望の場合は、カンタス航空にお電話でご予約ください。大人1名が幼児2名以上を同伴する場合、2人目以降の幼児は座席を1席使用する必要があります。さらに、その幼児は支えられていなくても背筋を伸ばして座ることが可能であるか、承認を受けた自動車用チャイルドシートまたはジュニアセーフティシートを利用する必要があります。

ご予約に他の航空会社が運航するフライトが含まれている場合は、座席を使用する幼児に関するポリシーを当該航空会社に直接確認し、そのポリシーに従ってください。

国内線では、同伴する大人の膝の上にお座りになる2歳未満の幼児は親の航空券で搭乗できます。国際線では、幼児でも各自の航空券が必要です。座席を使用する幼児は、本人の航空券が必ず必要です。

バシネットの数には限りがあるため、ご予約時にリクエストしてください。カンタス航空のフライトに搭載しているバシネットのサイズは、長さ約71cm、幅約31cm、深さ約26cmで、重量制限は11kgです。幼児の身長、体重がバシネットのサイズ、制限重量を超えていて、親の航空券を利用して搭乗するお子様は、膝の上に座らせてください。

大人の方のご予約時に幼児がまだ誕生していない場合は、大人の方のご予約だけ作成し、お子様が誕生してからカンタス航空までご連絡ください。大人のご予約に幼児のお名前を追加します。

自動車用チャイルドシートとジュニアセーフティシート

お客様にとっても家族の皆様にとっても、安全は最優先事項です。飛行中に自動車用チャイルドシートを使用すると、お子様の安全性が高まるという研究結果があります。チャイルドシートの使用を計画されている場合は、カーシート用の座席を予約・購入し、遅くとも出発24時間前までにチャイルドシートの事前承認を受ける必要があります。そのため、ご出発7日前までにカンタス航空にご連絡のうえ予約されることをおすすめします。ご出発当日は、チェックイン時を含め、空港スタッフにチャイルドシートをご提示いただく必要もあります。

事前承認の取得方法など、カンタス航空機内での自動車用チャイルドシートとジュニアセーフティシートの使用に関する詳細をご確認ください。

ご旅程にカンタス航空以外の航空会社が含まれる場合は、当該航空会社に直接ご連絡のうえ、チャイルドシートなどの使用の承認を得てください。規定や要件は航空会社によって異なる場合があります。

お食事

お子様、小児、幼児用のお食事は、ご予約時、またはご予約後に予約の照会からリクエストを承ります。 大人またはお子様にアレルギー対応食や特別なお食事が必要な場合も併せてお知らせください。

2歳未満の幼児が特別食を必要とする場合には、お客様にてご用意くださいますよう願いいたします。カンタス航空では、トップブランドのベビーフード、ミルク、哺乳瓶、シリアル、ラスクをご用意しておりますが、お子様が食べ慣れていてお好きなブランドのものをお持ちになることをおすすめします。

機内の空気は乾燥しているため、特に長距離便の機内ではお子様に定期的に水分を与えてください。

液体物、エアゾール、ジェル製品

幼児または小児をお連れのお客様は、フライト中、および遅延が発生した場合に十分な、お子様が使用する適切な量の液体物、エアゾール、ジェル製品をお持ちになることが認められています。「適切な量」は税関の保安検査官の裁量により決まります。

ベビー用品の例 

  • ベビーミルク(母乳を含む)
  • 殺菌された飲料水
  • ジュース
  • 液体、ジェル、ペースト状のベビーフード
  • ウェットティッシュ

液体、エアゾール、ジェル状ではない粉ミルクなどの製品は機内に持ち込むことができます

旅のアドバイス

ご家族全員で快適な空の旅をお楽しみいただくために、カンタス航空をご利用いただいたお客様や当社従業員からのフィードバックを基に、役立つアドバイスをまとめました。どうぞご覧ください。

  • お子様にはゆったりとして着心地の良い服を着せてください。重ね着をすると、客室内の気温に合わせて調整しやすくなります。
  • 預け入れおよび機内持込手荷物許容量、機内での使用が禁止されている旅行グッズにもご注意ください。
  • 離陸時には耳の痛みを感じることが多いので、ガムやキャンディなどをお子様に与えてください。
  • 搭載できるオムツやウェットティッシュの量には限りがあります。必要な分のみお持ちくださいますようご協力をお願いいたします。オムツ交換台は機内の一部のお手洗いに設置しています。