グループ企業

カンタス航空は、中心事業の旅客や貨物の輸送の他にも、カンタス・リンクやジェットスターなどののグループ企業があり、旅行手配などの関連事業も運営しています。

カンタス・リンク

カンタス・リンク

カンタス・リンクは、オーストラリア国内のローカル路線やオーストラリアとパプアニューギニアのポート・モレスビー間の56の都市や地域を結び、毎週約2000便を運航している航空会社です。

カンタス・フレート(貨物)

カンタス貨物

カンタス・フレート(貨物)は、カンタスとジェットスター、ジェットスターアジアの国際線全便、およびボーイング747-400F貨物機とB767-300F貨物機で、貨物を輸送しています。また、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、およびロサンゼルスでは、自社が運営する取り扱い施設があります。これらの施設はオーストラリアでも最大の貨物ターミナルに数えられており、カンタス航空やジェットスター航空機のみならず、その他多数の航空会社の貨物も取り扱っています。

ジェットコネクト

ジェットコネクトは、ニュージーランドを基点とするカンタスグループが100%を所有して、オーストラリア-ニュージーランド間を運航する航空会社です。 ジェットコネクトはカンタス航空のオーストラリア国内線および国際線に乗務員を派遣しています。

ジェットコネクトのニュージーランドでの運営は、小さな管理部門、トレーニングチーム、オークランドおよびウエリントンでの乗務員ベースで構成されています。

エクスプレス・グランド・ハンドリング

エクスプレス・グランド・ハンドリング

エクスプレス・グラウンド・ハンドリングは、カンタス航空の完全子会社で、カンタス・エアポーツ・アンド・ケータリング・グループのメンバーであり、ジェットスターや地方の航空会社の一部に対して、地上での取り扱いサービスを包括的に提供しています。

カンタス・ホリデーズ

カンタス・ホリデーズ

カンタス・ホリデーズは、オーストラリアで大手旅行会社のひとつ、ジェットセット・トラベルワールド・グループの一員です。カンタス・ホリデーズはカンタスのネットワークや提携航空会社、共同運航便を活用した幅広い旅行商品を取り扱っています。
2010年9月30日、カンタス・ホリデーズ、カンタス・ビジネス・トラベルとジェットセット・トラベルワールドの小売グループを包括する、ジェットセット・トラベルワールド・グループはステラ・トラベル・サービスと合併しました。合併した会社はジェットセット・トラベルワールド・グループとしてオーストラリア証券取引所に上場しています。

ジェットスター

ジェットスター

ジェットスターグループは、レジャー路線に運航する航空会社のネットワークで、お客様が受けられるサービスに基づいた価格設定を行うことで、低価格運賃を日々提供しています。

ジェットスターグループは次の会社で構成されています。

  • ジェットスター航空 - オーストラリアとニュージーランドを拠点としており、カンタスグループが全額を出資しています。
  • ジェットスター・アジア - シンガポールを拠点としており、カンタス(49%)とシンガポールの会社Westbrook investments(51%)がそれぞれ出資しています。
  • ジェットスター・パシフィック - ベトナムを拠点としており、ベトナム航空(70%)とカンタスグループ(30%)がそれぞれ出資しています。
  • ジェットスター・ジャパン - 日本を拠点としており、日本航空、三菱商事、東京センチュリーリース、カンタスグループが出資しています。

ジェットスターグループは120機の機材にて、アジア・パシフィック地域17か国、75都市へ週に4,000便のフライトを運航しています。 ジェットスターは2004年に運航を開始して、今では、収入においてアジア・パシフィック地域では最大のローコスト・エアラインに成長しました。創立以来、ジェットスターは2億人のお客様にご利用をいただいております。ジェットスター・グループはメルボルンに本社を置き、アジア・パシフィック地域で約7,000人の雇用機会を創出しています。