ニンガルー・コースト

ニンガルー・コースト

ニンガルー・リーフのジンベイサメ

ニンガルー海洋公園とケープレンジ国立公園

海の秘境とも言えるニンガルー海洋公園は、世界でも珍しい、ビーチから歩いて行くことができる珊瑚礁(ニンガルー・リーフ)が海岸線に260km続き、美しく透き通るようなターコイズブルーの海を誇る公園。 ウミガメ、マンタ、ジュゴンなどの海洋生物、200種類以上の珊瑚、500種類にも及ぶ魚が生息しています。 また、毎年4月から7月初旬にかけて全長18メートルにもなるジンベイザメがやってくることでも知られています。 この時期、シュノーケリング初心者でも世界最大の魚・ジンベイザメと一緒に泳ぐことが可能で、世界中から多くの観光客が訪れ賑わいをみせます。

陸の秘境・ケープレンジ国立公園は、5万ヘクタール広さに、高さ300メートルを越す石灰岩の荒々しい岩肌を見せる峡谷や、洞窟、鍾乳洞に様々な野生の動植物が生息するまさに大自然の宝庫。 また、冬の終わりから春にかけて、この地でしか見ることのできない固有種を含め630種類を越すワイルドフラワーが岩肌に咲き誇ります。

自然遺産/2011年登録

アクセス

パースからカンタス・リンクにて、エクスマウスへ

ニンガルー・コーストについて、カンタス旅のスタイルガイド、西オーストラリア秘境ガイドにて、ご紹介をしております。