国際線フライト

現在、政府による規制を受け、カンタス航空はすべての国際線を運休しています。

カンタス航空は国境の再開に関して今後もオーストラリア連邦政府と密接に連携し、コロナウイルス感染の心配がない海外旅行を支援します。

オーストラリアを代表する航空会社であるカンタス航空は、この時期に多くの人々の帰国を助ける臨時便を運航しています。

 

最終更新日:2021年9月19日

Alert icon

現在お問い合わせが集中し、お電話がつながりにくい状況が続いています。また、フライトクレジットの発行や他のオプションの処理にも時間を要しています。

旅行会社またはオンライン旅行業者を通じてフライトを予約されたお客様は、サポートについて予約元に直接お問い合わせください。

ご予約をお持ちのフライトに関する最新情報は、予約の照会または運航状況もご確認ください。

このページの内容

今後のフライトについて

カンタス航空は、オーストラリアおよび諸国のワクチン接種計画と連携しながら、2021年12月中旬からの国際線フライトの順次運航再開に向けて準備を進めています。

現状の見込みでは、オーストラリアは連邦内閣が目標とするワクチン接種率80%を2021年12月には達成して、これを機に順次国境の再開が期待されています。

新型コロナウイルスの状況は、突然、変化する可能性がありますが、国際線フライトの再開には長いリードタイムが必要で、カンタス航空は十分な時間をもって準備する必要があります。

この前提および日付が変更になる場合は、カンタス航空の運航再開計画も調整が必要となり、変更がある場合は、お知らせいたします。

  • オーストラリア政府および諸国の入国にかかる政策次第で、2021年12月中旬より、ワクチン接種者の新型コロナウイルスのリスクが低いと分類され、隔離なく訪問および帰国できる可能性が高い国々へのフライトを再開する予定です。これには、シンガポール、アメリカ、日本、英国、カナダ、フィジーが含まれます
  • オーストラリア、ニュージーランド間のフライトは、両国間の国境が再開されることを見込み、2021年12月中旬のご旅行のセールを実施しています
  • その他のカンタス航空国際線の運航再開は2022年4月以降で計画しています

運航状況の確認
オーストラリア国内線の最新情報
予約変更とその他のオプション

渡航制限

ご予約の前およびご旅行の前に、健康状態の申告義務、ワクチンの接種、マスクの使用、入国許可、事前承認、隔離(自費で行っていただく可能性があります)など、政府が定めた最新の渡航要件をご確認ください。要件を満たしていないと、入国を拒否されることがあります。

機内および空港でのサービス

機内および空港でご提供するサービスの変更についてご確認ください。

各種サービスへの影響はこちら

臨時便

オーストラリアを代表する航空会社であるカンタス航空は、この時期に多くの人々の帰国を助ける臨時便を運航しています。

臨時便が発表されるたび、こちらのページで情報をお伝えします。

海外旅行の際の新型コロナウイルスワクチン接種について

国際線が再開される際、政府や航空会社は乗客に新型コロナウイルスのワクチン接種の証明を求める施策を導入する可能性があります。詳細については、プレスリリースOpens external site(英文)をご覧ください。

渡航要件の詳細については、わかり次第随時お知らせいたします。

重要事項

Disclaimer: *政府および関係省庁の認可を条件とします。