カンタス航空国際線の運航計画の変更について

カンタス航空とジェットスターは、2020年3月末から少なくとも5月31日まで国際線の運航を全面的に停止しています。オーストラリアへの帰国を支援するために、臨時便の運航を検討する場合があります。この期間中、150機以上の航空機の運用を一時停止します。カンタス航空のすべてのエアバス380型機、ボーイング747型機、ボーイング787型機も運航停止となります。

最終更新日:2020年4月3日

Alert icon

現在お問い合わせが集中し、お電話がつながりにくい状況が続いています。また、フライトクレジットの発行や他のオプションの処理にも時間を要しています。ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

ご予約をお持ちのフライトに関する最新情報は予約の照会をご確認ください。

ご連絡の順番

カンタス航空およびジェットスターのお客様で今回の変更の影響を受ける方には、今後数週間のあいだに順次ご連絡を差し上げます。ご旅行日順にお電話でご連絡いたします。変更が大量に発生しているため、出発日が迫っている場合を除き、当社からのご連絡をお待ちくださいますようお願いいたします。

運航状況の確認
オーストラリア国内線の最新情報

機内および空港でご提供するサービスの一時的な変更

旅行需要の減少と政府による規制の実施を受けて、カンタス航空ではご提供するサービスの内容を一時的に変更しています。具体的には、お食事やお飲み物のサービス、機内エンターテインメントプログラムを大幅に削減するほか、すべてのラウンジ、ミーティングルーム、バレットパーキングの営業を一時的に休止します。

各種サービスへの影響はこちら

オーストラリア-中国間のフライト

シドニー-上海線は少なくとも7月中旬までは運休します。