予約変更と他のオプション

当社では、お客様に可能な限り確実な情報を提供し、柔軟な対応を行うよう努めています。お客様の旅行プランに影響が及んだ場合は、こちらのページで対応方法をご確認ください。

最終更新日:2020年7月2日

お客様がご搭乗予定のカンタス航空便の欠航が決まった場合は、当社にて予約されていた目的地行きのフライトを次に利用可能な便に変更します(可能な場合)。その際、追加料金は発生しません。もしくは、フライトクレジットの受け取り、または払戻しをお選びいただくこともできます。変更手数料や取り消し料は一切かかりません。欠航の影響を受けたすべてのお客様には、当社から可能な限り速やかにご連絡いたします。

       

Alert icon

現在お問い合わせが集中し、お電話がつながりにくい状況が続いています。また、フライトクレジットの発行や他のオプションの処理にも時間を要しています。

旅行会社またはオンライン旅行業者を通じてフライトを予約されたお客様は、サポートについて予約元に直接お問い合わせください。

ご予約をお持ちのフライトに関する最新情報は、予約の照会または運航状況もご確認ください。

このページの項目:

旅行会社またはオンライン旅行業者からのご予約

旅行会社やオンライン旅行業者(例:WebjetやBooking.com)を通じて航空券を予約されたお客様は、オプションについて予約元に直接お問い合わせください。

欠航が決定したフライト

ご搭乗予定のカンタス航空便が欠航になった場合はカンタス航空からご連絡いたしますので、ご予約を変更せずに当社からの連絡をお待ちください。クラシック・フライトリワードのご予約も同様です。当社にて予約されていた目的地行きのフライトを次に利用可能な便に変更します(可能な場合)。その際、追加料金は発生しません。もしくは、フライトクレジットの受け取り、または払戻しをお選びいただくこともできます。変更手数料や取り消し料は一切かかりません。欠航の影響を受けたすべてのお客様には、当社から可能な限り速やかにご連絡いたします。

オーストラリア国内線およびオーストラリア・ニュージーランド間路線の予約変更

2020年10月31日までのフライト

カンタス航空便にご搭乗予定のお客様で、予定の変更をご希望の方は、予約をキャンセルしてご予約代金の全額をフライトクレジットとしてお受け取りになることができます。

  • フライトクレジットの申請は出発予定日より前にお済ませください。
  • ご予約およびご搭乗の期限は2022年12月31日までといたします。
  • 再度ご予約いただく際、必要な場合は変更手数料を申し受けます。新たなご予約の運賃が当初のご予約よりも高額になった場合は、その差額もお支払いいただきます。

さらに、当初のご予約が2020年4月30日より前に行われ、カンタス航空便のご搭乗予定日が2020年1月31日から10月31日の間である場合は、フライトクレジットを複数の予約に対して使用することができます。カンタス航空のフライトを予約し、すべての旅程を2022年12月31日より前に完了してください。一度の購入でフライトクレジットに記載の全額相当分をご使用にならなかった場合、同一有効期限のフライトクレジットを新たに発行します。

詳しくはフライトクレジットを使用する際に適用される利用規約をご確認ください。

2020年11月1日以降のご搭乗分のご予約

予定が変更になったお客様、またはご旅行の中止を希望されるお客様は、予約の照会にアクセスして日程を変更するか、またはフライトをキャンセルしてフライトクレジットを申請し、航空券代金を次回のご旅行に充当するかを選択できます。

  • フライトクレジットは、当初の予約日から12か月以内のご予約ならびにご搭乗に有効です。
  • 通常の運賃規則が適用されるため、変更やキャンセルの手数料を申し受ける場合があります。
  • 変更後の予約の運賃の方が高額になる場合は、その差額もお支払いいただきます。

変更およびキャンセルに関する運賃規則を確認するには、予約の照会で姓と予約番号を入力してから、下の方のフライトのセクションに移動してください。

国際線の予約変更

2020年10月31日までのフライト

5月19日より前にカンタス航空国際線(オーストラリア・ニュージーランド間を除く)の予約をされており、搭乗予定日が2020年8月1日から10月31日までのお客様で、予定の変更をご希望の場合は、予約をキャンセルし、全額をフライトクレジットとしてお受け取りになることができます。

  • フライトクレジットの申請は2020年6月30日までにお済ませください。
  • ご予約およびご搭乗の期限は2022年12月31日までといたします。
  • 再度ご予約いただく際、変更手数料は1回のみ免除されますが、新たなご予約の運賃が当初のご予約よりも高額になった場合は、その差額を申し受けます。

さらに、当初のご予約が2020年4月30日より前に行われ、カンタス航空便のご搭乗予定日が2020年1月31日から10月31日の間である場合は、フライトクレジットを複数の予約に対して使用することができます。カンタス航空のフライトを予約し、すべての旅程を2022年12月31日より前に完了してください。一度の購入でフライトクレジットに記載の全額相当分をご使用にならなかった場合、同一有効期限のフライトクレジットを新たに発行します。

詳しくはフライトクレジットを使用する際に適用される利用規約をご確認ください

2020年11月1日以降のご搭乗分のご予約

予定が変更になったお客様、またはご旅行の中止を希望されるお客様は、予約の照会にアクセスして日程を変更するか、またはフライトをキャンセルしてフライトクレジットを申請し、航空券代金を次回のご旅行に充当するかを選択できます。

  • フライトクレジットは、当初の予約日から12か月以内のご予約ならびにご搭乗に有効です。
  • 通常の運賃規則が適用されるため、変更やキャンセルの手数料を申し受ける場合があります。
  • 変更後の予約の運賃の方が高額になる場合は、その差額もお支払いいただきます。

変更およびキャンセルに関する運賃規則を確認するには、予約の照会で姓と予約番号を入力してから、下の方のフライトのセクションに移動してください。

フレキシブルクラシック・フライトリワード

2020年10月31日までに変更手続きを行う場合

クラシック・フライトリワードの予約(カンタスポイントを使用)をお持ちで、搭乗日の変更をご希望の場合は、2020年10月31日まで変更が可能です。その際、変更手数料は免除されます。

クラシック・フライトリワードの予約(カンタスポイントを使用)をお持ちで、ご旅行の中止をご希望の場合は、2020年10月31日までキャンセルが可能です。その際、キャンセル手数料は免除されます。使用したカンタスポイント、お支払い済みの空港使用料、諸税、諸手数料は払戻されます。

手数料免除の対象となるのは、クラシック・フライトリワードのみを利用した旅程に限られます。クラシック・フライトリワードにクラシック・フライトリワード以外の運賃を組み合わせている場合は、免除の対象になりません。

詳しくはフレキシブルクラシック・フライトリワードのページをご確認ください。

2020年11月1日以降に変更手続きを行う場合

クラシック・フライトリワードのご予約(カンタスポイントを使用)をお持ちの場合は、予定の変更またはご予約のキャンセルが可能です。

通常の運賃規則が適用されるため、変更やキャンセルの手数料を申し受ける場合があります。ご予約をキャンセルする場合は、使用したカンタスポイント、お支払い済みの空港使用料、諸税、諸手数料からキャンセル料を差し引いた額を払戻します。

カンタス航空によるフライトの変更または運休の場合は、手数料は一切頂戴いたしません。

フライ・フレキシブル

お客様に安心してご予約いただけるよう、オーストラリア国内線では、より柔軟な対応を開始しました。

  • 2020年5月21日から6月30日までの間に予約されたオーストラリア国内線
  • 搭乗期間は2020年6月12日から10月31日まで

搭乗日の変更をご希望の場合は、1回に限り変更手数料が免除されます。フライトの変更は出発予定日より前に行ってください。再度ご予約いただく際、新たなフライトの運賃が当初のご予約よりも高額になった場合は、その差額もお支払いいただきます。

詳しくは、フライ・フレキシブルのページをご確認ください。

フライトクレジットの申請方法

予約の照会の手順

1. 「予約の照会」にアクセスします(下記参照)。

2. 予約番号と姓を入力し、予約情報を確認します。

3. 「フライト」の見出しまで下方向にスクロールするか、左側にあるメニューの「フライトの詳細」をクリックすると、フライトの詳細が表示されます。

4. 右側にある「キャンセル / バウチャー」をクリックします。

5. 「利用規約」に同意します。

フライトクレジットの手続きが完了し、クレジットが利用可能になった時点で、ご予約に登録されているEメールアドレスに確認のEメールが送信されます。

予約の照会

読み込み中...