渡航最新情報

このページでは、渡航に際して政府が課す要件に関する情報など、ご利用のフライトやお持ちのご予約に影響が及ぶ可能性がある事柄についてご確認いただけます。

情勢の変化やご利用可能な選択肢について逐次情報をご提供できるよう努めています。リアルタイムの運航状況メディアルームOpens external site in a new windowの最新情報もぜひご利用ください。

ご予約の前およびご旅行の前に、健康状態の申告義務、ワクチン接種、マスクの使用、入国許可、事前承認、隔離(自費で行っていただく可能性があります)など、政府が定めた最新の渡航要件を以下でご確認ください。要件を満たしていないと、入国を拒否されることがあります。

最終更新日:2021年10月11日

このページの内容

新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルスにより、渡航制限や渡航要件に影響が出ております。

当社は引き続き状況を注意深く観察し、世界保健機関(WHO)、疾病管理センター、オーストラリアの主席医務官の助言に基づいて運航計画を見直します。

ご搭乗便に何らかの変更が生じた場合は、当社からご連絡いたします。渡航制限の影響を受けるお客様にも、柔軟な選択肢をご用意しています。詳しくはフライト変更のオプションでご確認ください。

最新情報は新型コロナウイルス関連の最新情報のページをご確認ください。

海外渡航要件

当社は先日、対象となるお客様に向けて11月14日からオーストラリアと一部の海外都市を結ぶフライトを再開することを発表しました。

これに伴い、オーストラリア国民、居住者、その近親者および一部のビザ保有者を対象とした運賃の販売を開始しました。現段階では、2021年12月18日から運航再開予定のその他の国際線については、引き続き以下の通りの予定です。

    渡航要件は以下を含みます

    • カンタス航空の国際線にご搭乗の全てのお客様は、ご旅行の際にTGAが承認したもしくは認定したワクチンを完全に接種完了していることが必要になります(医療上の理由がある場合やお子様の場合は一部免除されます)。
    • ご出発の72時間前に新型コロナウイルスのPCR検査の結果が陰性である必要があります。
    • オーストラリアに到着した際は、連邦政府またはニューサウスウェールズ州政府の要求に従い隔離を受ける必要があります。

    その他の国際線ネットワークについて

    • カンタス航空は、オーストラリアおよび諸国のワクチン接種計画と連携しながら、2021年12月中旬からの国際線フライトの順次運航再開に向けて準備を進めています。
    • 海外渡航が再開される際、オーストラリアおよび諸国は、新型コロナウイルスへの対策として、健康・安全に関する規則の強化を含む各種措置を新たに導入する可能性があり、お客様の渡航に影響を与える可能性があります。
    • ご予約、およびご出発前には、健康状態についての申告、ワクチンの接種、マスクの使用、入国許可(パスポートの有効期限、ビザまたはETAの申請)を含む各国政府の旅行要件をご確認ください。要件を満たしていないと、入国を拒否されることがあります。

    詳細は国際線フライトをご覧ください。

    フライトは政府および関係省庁の認可を条件とします。

オーストラリア国内の移動

オーストラリアの一部の州・準州では、新型コロナウイルスの感染拡大への対応策として、健康・安全に関する規則の強化を含む各種措置を新たに導入しているため、各州間の移動に影響が及ぶ可能性があります。

ご予約のフライトに影響がある場合は、予約変更とその他のオプション をご覧ください。

ご旅行の前に、健康状態の申告義務、マスクの使用、入境許可、事前承認、隔離(自費で行っていただく可能性があります)など、政府が定めた最新の渡航要件をご確認ください。要件を満たしていないと、入境を拒否されることがあります。

州および準州政府による渡航制限
州または準州 旅行の最新情報と入境要件
オーストラリア首都特別地域
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window
ニューサウスウェールズ州
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行情報Opens external site in a new window
ノーザンテリトリー
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window
クイーンズランド州
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window
南オーストラリア州
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window
タスマニア州
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window
ビクトリア州
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site
西オーストラリア州 新型コロナウイルス感染症に関する最新情報Opens external site in a new window
旅行関連書類Opens external site in a new window

ロード・ハウ島への渡航

ロード・ハウ島には多くの固有種が生息しており、ロード・ハウ島にしか生息していない種もいます。

このユニークな生態系を保護するために、ロード・ハウ島に渡航する場合は、バイオセキュリティ出国前申告書Opens external site in a new window(英文)に記入し、動物や植物を持ち込まない、もしくは申告する必要があります。

新型コロナウイルスの要件を含むロード・ハウ島の詳細については、ロード・ハウ島のウェブサイトOpens external site in a new windowをご覧ください。

ニュージーランド・オーストラリア間の移動

    オーストラリア・ニュージーランドの隔離不要な旅行は、現在中止されています。

    ご予約前およびご旅行前に、旅行可否の確認や必要書類の提出について、オーストラリア州政府の制限、渡航要件を含むオーストラリア政府Opens external siteニュージーランド政府Opens external siteの渡航要件をご確認ください。

    隔離不要な渡航の要件

    オーストラリア・ニュージーランド間の隔離不要な渡航が再開した際には、以下の全ての基準を満たす必要があります。

    • 出発前の14日間はオーストラリアもしくはニュージーランドに滞在していること。なお、それぞれの国での滞在期間は自由であり、14日間の滞在は必須ではありません。
    • オーストラリアからの出国72時間以内に受けた新型コロナウイルスのPCR検査もしくはRT-PCRの出発前検査で陰性の結果の証明があること。検査には特別な要件が適用され、手数料がかかる場合があります。詳細は新型コロナウイルスの出発前PCR検査をご確認ください。
    • 出発前14日間に新型コロナウイルス検査で陽性の結果が出ていないこと。
    • 過去14日に実施した新型コロナウイルスの検査結果待ちではないこと。
    • 新型コロナウイルスの感染拡大地域(ホットスポット)に滞在していないこと。
    • 他の国際線からの乗継ではないこと。
    • 両国の入国要件を満たしていること。

    オーストラリア・ニュージーランド間の旅行では、健康状態と旅行の申告義務化、マスクの使用、出入国条件(パスポートの更新、ビザやNZeTAの申請を含む)などの追加要件があり、要件を満たしていないと入国を拒否される場合があります。

    詳細はオーストラリア・ニュージーランド間の移動(英文)をご確認ください。

 

海外からオーストラリアへの渡航(ニュージーランド発を除く)

オーストラリア政府Opens external site in a new windowは、オーストラリア国民、居住者、その近親者に限りオーストラリアへの渡航を認める入国制限措置を講じています。政府は、オーストラリアに新たに到着するすべての旅客について、14日間の自主隔離を義務付けることも勧告しています。

オーストラリアから出発されるお客様

オーストラリアから出発される際は、オーストラリアの渡航勧告Opens external site in a new windowのサイトで最新情報をご確認ください。

ご旅行の前に、健康状態の申告義務、ワクチン接種、マスクの使用、入国許可(パスポートの有効期限、ビザまたはETAの申請)、事前承認、隔離(自費で行っていただく可能性があります)など、政府が定めた最新の渡航要件を以下でご確認ください。要件を満たしていないと、入国を拒否されることがあります。

オーストラリアの市民または永住権をお持ちの方は、新型コロナウイルスの規制により、免除を受けない限りオーストラリアから出国できません。詳細については、オーストラリア内務省Opens external site in a new windowのウェブサイトをご覧ください。

カナダへの渡航

入国資格(パスポートの更新、ビザおよびeTAの申請が含まれる場合があります)、新型コロナウイルス検査、マスクの着用、到着時の自主隔離を含む渡航要件の詳細や、バンクーバーから帰国する際の情報は、カナダ政府のウェブサイトOpens external site in a new windowをご覧ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

新型コロナウイルスに関するカナダ政府による渡航要件の強化

カナダに入国できるかどうかの最終的な判断は、入国地の政府担当者が行いますが、全ての渡航者はまず  Travel WizardOpens external siteを参照し、カナダへの渡航資格があるかどうかを判断・確認することをお勧めします。

カナダへの渡航要件

カナダへのフライトへのご搭乗には、ワクチン接種の有無にかかわらず、全ての渡航者が以下の要件を満たす必要があります:
  • 5歳以上のお客様は、以下のいずれかの新型コロナウイルスのモレキュラー検査の結果を提示する必要があります。
    - 検査結果が陰性で、カナダへの出発予定時刻から72時間以内に実施されたもの(カナダへの直行便の出発予定時刻から72時間以内でなければなりません)
    - 検査結果が陽性で、カナダへの出発予定日から14日以上180日以内に実施されたもの。
  • ArriveCANのウェブサイトまたはアプリから、渡航情報や連絡先、カナダへの到着前14日間の渡航歴、ワクチン接種状況、自主隔離計画、健康に関する質問事項などの詳細情報を提出する必要があります。
    - ArriveCANのアプリは、Google PlayやAppleストアから無料でダウンロードするか、オンラインで登録Opens external site in a new windowできます。アプリは最新のバージョンをダウンロードください。
空港では全ての渡航者が以下の要件を満たす必要があります:
  • 症状がでていない状態でご搭乗ください。明らかな症状がでている場合は、搭乗を拒否されることがあります。
  • ワクチンを完全に接種している場合でも、フライト中を含め、ご旅行中はマスクをご着用ください。客室乗務員や空港職員の指示に従ってください。
カナダへの到着時には、全ての渡航者が以下の要件を満たす必要があります:
  • 全ての渡航書類を用意し、カナダ政府職員に提示できるようにしてください。これには、全ての必要な情報を提供したことを示すワクチンの接種証明書の紙のコピー(該当する場合)、ArriveCANの控え(免除されている場合は除く)、その他の必要な入国書類(該当する場合)を含みます。
  • 空港または持ち帰りキットによる到着時検査を受けること(ワクチンを接種した旅行者は、到着時に無作為の検査が行われる場合があります)。ワクチン未接種または一部接種の渡航者は、可能であれば、カナダ到着地に応じて以下のリンクから到着時検査の事前登録を行うことをお勧めします。
    Vancouver (YVR)Opens external site in a new window
    Calgary (YYC)Opens external site
    Toronto-Pearson (YYZ)Opens external site
    Montreal-Trudeau (YUL)Opens external site
  • 自主隔離を行う(該当する場合)。注意:カナダへの入国資格のあるワクチン接種を完全に完了している渡航者は、自主隔離の必要はありません。ただし、ワクチン未接種または一部接種の渡航者は、隔離施設へ速やかに移動し、14日間の自主隔離を行うとともに、到着8日目に検査を受ける必要があります。どの時点でも、検査で陽性の結果が出た場合は、ワクチン接種の有無にかかわらず、直ちに10日間の隔離が必要です。
    注意:ワクチン接種の有無にかかわらず、政府認定の宿泊施設(ホテル)を予約して隔離を受ける必要はなくなりました。政府認定の宿泊施設は廃止されました。
  • 州・準州・地方の保健当局が定める追加措置が適用される可能性があることをご承知おきください。お客様ご自身で渡航先での追加措置の確認、およびそれを遵守する準備を行ってください。
    注意:詳細は以下でご確認ください。
    新型コロナウイルス:カナダ入国時のチェックリスト - カナダの渡航要件Opens external site in a new window
追加情報:
  • 予防接種を完全に接種完了している定義:予防接種を完全に接種完了しているとみなされるためには、旅行者はカナダに入国する14日前までに、カナダ政府が認めたワクチンまたはワクチンの組み合わせの全ての接種を受けていなければなりません。現在、これらのワクチンは、ファイザー、モデナ、アストラゼネカ/COVISHIELD、ヤンセン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)が製造しています。渡航者はどの国でもワクチンを受けることができますが、英語、フランス語、または認定された翻訳付きのワクチン接種を証明する書類を提出する必要があります。ワクチンを完全に接種完了した渡航者としてカナダを訪れる場合の詳細については、以下をご覧ください。
    新型コロナウイルスのワクチンを完全に接種完了した渡航者がカナダに入国する場合 - カナダの渡航要件Opens external site in a new window
    また、完全にワクチンを接種完了している渡航者は、カナダ到着前に症状が出ていないこと、ワクチン接種証明書の紙またはデジタルコピーを持っていること、新型コロナウイルス関連情報をArriveCANを通じてデジタルで提供していることが必要です。また、国境で隔離免除に必要な条件をすべて満たしていないと判断された場合に備えて、適切な隔離計画を提示し、隔離の準備をしておく必要があります。他の免除される旅行者と同様に、公共の場ではマスクを着用するなど、公衆衛生上の対策に従うこと、ワクチンと検査結果のコピー、および濃厚接触者のリストをカナダ入国後14日間保管することが求められます。
  • ワクチンを接種していない子供を連れて旅行する場合:ワクチンを接種していない12歳未満の扶養家族が、ワクチンを完全に接種完了した両親または保護者と一緒にカナダに入国する場合、14日間の隔離を受ける必要はなくなりますが、しっかりと公衆衛生措置に従わなければなりません。これには、任意の目的で渡航する人も含まれます。つまり、親と一緒に移動することはできますが、到着後14日間は集団生活(キャンプやデイケアなど)を避け、感染を受けやすい人との接触を避けなければなりません。ワクチンを接種していない12歳未満の子供には、別の検査方法が適用されます。詳細は到着後に保健所から提供されます。州や準州では、旅行から戻ってきたばかりの人に対してより厳しい規則を設けている場合があります。
  • ワクチンを接種していない12歳から17歳の子供、およびワクチンを接種していない扶養家族(精神的または身体的な障がいを持つ方)が、ワクチンを完全に接種完了した両親もしくは保護者と一緒に旅行する場合は、特に免除されない限り、14日間の隔離を受けるとともに、1日目と8日目の検査を受ける必要があります。州や準州では、旅行から戻ってきたばかりの人に対してより厳しい規則を設けている場合があります。引き続き、最新情報を https://travel.gc.ca/ でご確認ください。
  • 予防接種を受けていない、または部分的に受けている渡航者:予防接種を完全に完了していない渡航者については、政府が承認した宿泊施設に滞在する必要がなくなったことが唯一の変更点です。この要件がなくなったことを除けば、カナダの現行の国境対策に変更はありません。カナダにおける新型コロナウイルスおよびその変異種の導入および感染の減少に効果を発揮している現行の検査および連邦の隔離の要件を引き続き遵守し、カナダ到着前にArriveCANを通じて新型コロナウイルスに関する情報をデジタルで提供する必要があります。

カナダの現行の渡航要件Opens external site in a new windowの詳細をご確認ください。

東ティモールに渡航されるお客様

東ティモールへの入国には承認が必要です。詳細はダーウィンの東ティモール領事館にメールで問い合わせるか、領事館のFacebookページでご確認ください。出国時に空港で提示できるよう、承認書類の紙もしくはデジタルコピーをご持参ください。

ディリへの渡航の許可には、事前に新型コロナウイルスのPCR検査を受ける必要があります。

  • 新型コロナウイルスのPCR検査は、出発の5日前以内に完了する必要があります。
  • 検査結果が陰性である必要があります。
  • 検査結果の紙もしくはデジタルコピー(テキストメッセージやEメール)をご持参ください。ディリへの出発および到着時に提示を求められることがあります。

パスポートの更新やビザの申請を含む入国要件をご確認ください。

詳しくはオーストラリア政府のSmartravellerOpens external site in a new windowのウェブサイトをご覧ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

ドイツへの渡航

電子登録Opens external site in a new window、自主隔離、入国制限(パスポートの更新やビザの申請を含む場合があります)などの渡航要件について、ドイツの外務省Opens external site in a new window保健省Opens external siteのウェブサイトをご覧ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

ヨハネスブルグへの渡航

ヨハネスブルグの入国要件(パスポートの更新やビザの申請を含む場合があります)について、南アフリカ共和国政府Opens external site in a new windowのウェブサイトをご覧ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

入国要件には以下が含まれます

  • 出発から72時間以内に新型コロナウイルスPCR検査を受ける必要があります。この検査は、オーストラリア保健省管轄の認定試験所で行われるもので、証明書には検査日時、検査結果の日時、検査結果が明確に証明された国際基準のものでなければなりません。詳細については、南アフリカ共和国政府のウェブサイトOpens external siteを参照するか、かかりつけの医師に相談してください。
  • ヨハネスブルグに到着すると、新型コロナウイルスの症状が出ていないか、新型コロナウイルスに感染している人と接触していないかどうかがチェックされます。新型コロナウイルス関連の症状がある場合、または感染者と接触したことがある場合は、自費で新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。
  • 出発後72時間以内に新型コロナウイルス検査の陰性証明書が発行されない場合、または到着時に新型コロナウイルスの陽性反応が出た場合は、南アフリカ共和国保健省が指定する場所で、自費での隔離が必要となります。
  • 到着時に新型コロナウイルスの検査結果が陽性だった場合、南アフリカ共和国保健省が指定する場所で、自費で10日間の隔離が必要となります。
  • また、隔離が必要になった場合に備えて、南アフリカ滞在中の宿泊先や住所を証明する書類を携帯する必要があります。
  • オーストラリアを出発する前に、モバイルアプリ「COVID Alert South Africa」をインストールしてください。
  • 南アフリカ共和国政府渡航者健康調査票Opens external site in a new window[PDF]を記入し、ヨハネスブルグ到着時に提示できるようにお持ちください。

パプアニューギニアに渡航されるお客様

オーストラリア政府は、パプアニューギニアで発生した新型コロナウイルスによるオーストラリア国民への深刻な健康被害を受けて、パプアニューギニアへの渡航制限を強化しています。

オーストラリア国民および永住権保持者に対する渡航免除は、パプアニューギニアの新型コロナウイルス対応を支援する重要業務従事者や、安全上重要な役割を担う人など、極めて限定された状況においてのみ、ABFコミッショナーによって承認されます。

このような状況でパプアニューギニアへの渡航を希望する場合は、有効な出国許可証を持っていることを確認する必要があります。ほとんどの場合、オンラインにて新たに旅行免除申請Opens external site in a new windowを行う必要があります。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

 

サモアに渡航されるお客様

パスポートの更新やビザの申請を含むサモアの最新の入国要件は、サモア政府Opens external site in a new windowのウェブサイトおよび保健省Opens external siteのウェブサイトをご確認ください。

これらの情報は予告なく変更される場合があるため、最新の情報について上記ウェブサイトを頻繁に確認することをお勧めします。

入国要件には以下が含まれます:

  • ご旅行前28日以内にニューサウスウェールズ州およびビクトリア州に滞在していないこと
  • ご旅行の21日前までにサモア保健局Opens external site in a new windowにメールをして、最新の旅行アドバイスを受けること。
  • フライトの2週間前までに新型コロナウイルスの予防接種を完全に終わらせていること。
  • 出発日から7日以内に新型コロナウイルスの血液抗体検査を受けていること(注:IgMおよびIgGの即日抗体検査は受け付けていません)。
  • ご出発の120時間以内にメディカルクリアランスOpens external site in a new windowを完了すること。
  • ご出発の72時間以内に新型コロナウイルスのRT PCR検査を受け、結果が陰性であること。
  • アピアに到着後、隔離を受けること。

サモアへのご出発、ご到着時には、新型コロナウイルスの検査結果、血液抗体検査結果、ワクチン接種証明書、署名をしたメディカルクリアランスの紙のコピーを提示する必要があります。

台湾への渡航

国際線の到着旅客および乗り継ぎ旅客は、国籍や在留資格を問わず、台湾へのフライト搭乗3営業日前以内に発行された、コロナウイルスのPCR検査の陰性結果を提示する必要があります。

詳細は、オーストラリア発の旅行に伴う最新の渡航勧告をご確認ください。Opens external site in a new windowこの情報は予告なく変更される可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁に確認することをお勧めいたします。

トンガへの渡航

  • トンガに渡航できるのは、トンガ国民、トンガの永住権保持者、保健省と外務省が承認した外国人旅行者のみで、トンガ政府のRepatriation RegistryOpens external site in a new windowに登録する必要があります。出発時に空港で提示できるよう、承認書の紙またはデジタルコピーをご持参ください。
  • オーストラリアからトンガへのフライトを利用するには、フライト前の14日間に新型コロナウイルスの感染が確認された州を訪れていないこと、新型コロナウイルスのホットスポットに指定されている地域に滞在していないことが条件となります。また、他国からの乗り継ぎはできません。
  • 旅行者到着時健康申告カードに記入し、保健省国境管理チームの要請に応じて提出する必要があります。
  • トンガに到着後、21日間の隔離が必要です。

渡航承認を受ける前に、新型コロナウイルスのPCR検査を受ける必要があります。

  • 新型コロナウイルスのPCR検査は、出発から72時間以内に完了する必要があります。
  • 検査結果が陰性である必要があります。
  • 検査結果の紙もしくはデジタルコピー(テキストメッセージやEメール)をご持参ください。ヌクアロファへの出発および到着時に提示を求められることがあります。

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

英国への渡航

英国では以下の条項を遵守しない場合犯罪行為となり、罰金を科せられる可能性があります。公衆衛生に関する詳細なアドバイスやパスポートの更新やビザの申請を含む英国への入国に関する要件についてはVisit gov.uk/uk-border-controlOpens external site in a new window(英文)でご確認ください。

この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報についてウェブサイトを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

英国への入国に必要な情報

以下の条項を遵守しない場合犯罪行為となり、罰金を科せられる可能性があります。公衆衛生に関する詳細なアドバイスやパスポートの更新やビザの申請を含む英国への入国に関する要件についてはVisit gov.uk/uk-border-controlOpens external site(英文)でご確認ください。この情報は予告なく変更になる可能性があり、最新の情報について英国政府のウェブサイトOpens external site in a new windowを頻繁にご確認いただくことをお勧めいたします。

ご到着の48時間以内に Passenger Locator FormOpens external site in a new windowを記載してください。ご到着前の10日間に訪問または通過したすべての国を、Passenger Locator Formで申告する必要があります。

ご出発の前にレッドリストの国Opens external site in a new windowをご確認ください。このリストは適宜変更されます。

レッドリストの国からの渡航者(ワクチンを完全に接種完了している場合も含む)

  1. 英国出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査が陰性であることの証明を提出する。
  2. 管理された隔離パッケージを予約する。
  3. Opens external site in a new windowPassenger Locator FormOpens external site を完了する。

イギリスまたはアイルランド国籍の方、またはイギリスでの居住権をお持ちの方のみが入国できます。指定された場所から入国し、政府が承認したホテルでの10日間の隔離が必要です。

ワクチン未接種の渡航者もしくは未認可のワクチン接種者

  1. 英国出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査が陰性であることの証明を提出する。
  2. 到着2日目および8日目の検査Opens external site in a new windowを予約する。
  3. Opens external site in a new windowPassenger Locator FormOpens external site を完了する。
  4. 到着後10日間(滞在が10日未満の場合は全滞在期間中)、民間の宿泊施設で自主隔離する計画を立てる。

ワクチンを完全に接種完了している渡航者

  1. 到着2日目の検査Opens external site in a new windowを予約する。
  2. Passenger Locator FormOpens external site を完了する。
  3. Opens external site in a new windowご旅行の間、ワクチン接種状況の証明書を携帯する。

これらの措置は、英国、アイルランド、マン島、チャネル諸島からなる共通旅行地域以外から英国に到着するすべての人(英国の国民および居住者を含む)に適用されます。英国海外領土は共通旅行地域ではありません。公衆衛生要件は、滞在先の国によって異なる場合があります。英国海外領土は共通旅行地域ではありません。公衆衛生要件は、滞在先の国によって異なる場合があります。

これらの措置には一部免除があります。免除のリストをご確認ください。不正に免除を申請した場合、罰金を科せられる可能性があります。

その他の要件が適用される場合があります。公衆衛生に関する詳細なアドバイスや要件に関しては、Visit gov.uk/uk-border-controlOpens external siteでご確認ください。

英国のEU離脱

2021年1月1日から、欧州連合および他のヨーロッパ諸国への渡航要件が変わります。ヨーロッパへの渡航準備をするには、英国政府の公式サイト「英国のEU離脱Opens external site in a new window」をご確認ください。

海外旅行の際の新型コロナウイルスワクチン接種について

カンタス航空の国際線に搭乗する全てのお客様は、TGAが承認したもしくは認定したワクチンを完全に接種完了していることが必要になります(医療上の理由がある場合やお子様の場合は一部免除されます)。また、各国政府が新型コロナウイルスのワクチン証明書の提示を求める場合もあります。

渡航要件や免除の詳細は、わかり次第ご案内いたします。

ソロモン諸島からの渡航勧告:はしかの予防接種

ソロモン諸島地域でのはしかの流行を受けて、ソロモン諸島政府は渡航勧告を発表し、オーストラリアを含む国々からの訪問者、オーストラリアや他の目的地に渡航するソロモン諸島居住者に、予防接種の証明を提示することを求めています。

ソロモン諸島に入国するには、到着の15日前までにはしかの予防接種を受けたことを証明する必要があります。機内持込手荷物に予防接種の正式な記録を入れてお持ちください。予防接種の証拠をお持ちでない旅行者は、健康診断の受診を求められることがあります。

詳しくは、オーストラリア政府のSmartravellerOpens external siteのウェブサイトをご確認ください。

役立つリンク集

運航状況の確認 携帯電話を使用している男性

運航状況

カンタス航空、カンタスリンク、コードシェア便の発着情報をリアルタイムで追跡、受信できます。

運航状況の確認
カンタスアプリをダウンロードする カンタスアプリを使用している男性

カンタスアプリ

旅行情報に簡単にアクセスするには、カンタスアプリをダウンロードしてください。設定が完了すると、予約の照会、機内エンターテインメントの確認、空港への行き方の確認ができます。

カンタスアプリをダウンロードする
詳細を見る バケーションの計画

カンタス航空からの10の旅のアドバイス

連絡先情報の更新方法、ダウンロードすべき便利なアプリ、重要な渡航書類に関するリマインダーから、お子様連れの旅行のアドバイスまで、旅の準備に役立つヒントをご覧ください。

詳細を見る