渡航最新情報

このページでは、ご搭乗便やご予約に影響を及ぼす可能性がある重要事項をご案内しています。情勢の変化やご利用可能な選択肢について逐次情報をご提供できるよう努めています。リアルタイムの運航状況メディアルームの最新情報もぜひご利用ください。

新型コロナウイルスの影響に伴う渡航制限

当社は引き続き状況を注意深く観察し、世界保健機関(WHO)、疾病管理センター、オーストラリアの主席医務官の助言に基づいて運航計画を見直します。

お客様のご搭乗便に変更が生じる場合は、ご利用いただけるオプションについて直接ご連絡します。影響を受けるフライトをご確認ください。

渡航制限の影響を受けるお客様にも、柔軟な選択肢をご用意しています。詳しくはフライト変更のオプションでご確認ください。

最新情報は新型コロナウイルス関連の最新情報のページをご確認ください。

海外からオーストラリアに渡航されるお客様

オーストラリア政府は、オーストラリア市民、居住者、その近親者に限りオーストラリアへの渡航を認める入国制限措置を即刻講じることを発表しました。政府は、オーストラリアに新たに到着するすべての旅客について、14日間の自主隔離を義務づけることも発表しています。

オーストラリアを訪問される方は、予定しているすべての目的地および乗り継ぎ空港の最新情報について、お客様ご自身の国の政府の渡航勧告をご確認ください。

オーストラリア国内の移動

オーストラリアの一部の州・準州では、新型コロナウイルスの感染拡大への対応策として、お客様の州間の移動に影響を及ぼす可能性のある施策を導入しています。各州の最新情報をご確認ください。目的地によっては、入境のための許可が必要な場合があります。

オーストラリア首都特別地域

ニュー・サウスウエールズ州(ロードハウ島を含む)

ノーザンテリトリー

クイーンズランド州

南オーストラリア州

タスマニア州

ビクトリア州

西オーストラリア州

オーストラリアから出発されるお客様

オーストラリアから出発される際は、オーストラリアの渡航勧告のサイトで最新情報をご確認ください。

英国に渡航されるお客様

英国政府は、英国への渡航者を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための一連の施策を導入しています。

公衆衛生に関するアドバイスや詳細情報については、GOV.UKのウェブサイトをご確認ください。

ニュージーランドを出発するEU市民のお客様

当社はオーストラリア国境警備隊と連携し、オーストラリア経由で欧州連合加盟国に帰国するお客様のサポートを行っています。

渡航者はオーストラリア政府の入国管理措置の対象となり、オーストラリア市民、居住者およびその近親者以外はオーストラリアに入国できません。オーストラリアへの到着時には、すべての渡航者に14日間の自己隔離が義務づけられます。

ニュージーランドに渡航されるお客様

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ニュージーランド政府は制限措置を発表しました。詳しくは、ニュージーランドのUnite against COVID-19のウェブサイトをご確認ください。

ロードハウ島に渡航されるお客様

公衆衛生当局からの指示によりロードハウ島への入島は制限されています。ただし、制限適用の除外措置を受けている場合は除きます。渡航再開時期についての詳しい情報は、ロードハウ島委員会のウェブサイトをご確認ください。

ソロモン諸島からの渡航勧告:はしかの予防接種

ソロモン諸島地域でのはしかの流行を受けて、ソロモン諸島政府は渡航勧告を発表し、オーストラリアを含む国々からの訪問者、オーストラリアや他の目的地に渡航するソロモン諸島居住者に、予防接種の証明を提示することを求めています。

2019年12月28日から、ソロモン諸島に入国するには、到着15日より前までにはしかの予防接種を受けたことを証明する必要があります。機内持込手荷物に予防接種の正式な記録を入れてお持ちください。予防接種の証拠をお持ちでない旅行者は、健康診断の受診を求められることがあります。

詳しくは、オーストラリア政府のSmartravellerのウェブサイトをご確認ください。

Apple MacBook Proをお持ちのお客様

2015年9月から2017年2月の間に販売された一部のMacBook Pro(Retina, 15インチ)のリコールに関する情報は、こちらのPDFおよびApple サポートでご確認いただけます。リコール対象となったMacBook Proは、機内持込手荷物として持ち運び、飛行中は電源をお切りください。AppleまたはApple正規サービスプロバイダーによるバッテリー交換を受けたMacBook Proは、制限も無く持ち運びできます。

ニュージーランドのビザ要件

ニュージーランド政府の定めにより、旅行者および乗り継ぎ旅客がニュージーランドに入国する際、場合によってはニュージーランド電子渡航認証(NZeTA)の取得が必要となります。

  • NZeTAは出発72時間より前までに公式のモバイルアプリまたはウェブサイトを通じて申請してください。
  • 渡航に際するビザの要不要を確認するには、ニュージーランド移民局のサイトにアクセスしてください。

米国電子渡航認証システム(ESTA)の変更

アメリカ合衆国税関・国境警備局は、米国に渡航する旅行者に対する電子渡航認証システム(ESTA)の処理期間の変更を発表しました。

米国に渡航されるお客様は、フライト出発の72時間より前までにESTAを申請する必要があります。72時間前を過ぎてからの申請者は、ご出発までにESTAが承認されない可能性があり、米国行きの予定されたご予約で渡航ができません。

オーストラリアを含む対象国のパスポートをお持ちで、ビザ免除プログラムをご利用の方は、有資格者の条件を満たしており、旅行前にESTAを取得していれば、ビザ無しで90日まで米国に滞在できます。

以前、対象の旅客は米国への渡航前はいつでもESTAを取得できましたが、現在は即時承認は利用できませんので、できるだけ早く申請することをおすすめします。旅行の予約時が理想的です。

ESTAは引き続き 政府の公式ウェブサイトから申請できます。

バリ島の新しい電子税関申告書

バリ島に行かれるお客様は、電子税関申告書(ECD)をオンラインで作成する必要があります。申告書はご到着日の2日前から作成できます。

バリ島行きのフライトでの税関申告書の配布は中止しています。

マニラ・ニノイアキノ空港での保安検査強化

オーストラリア政府は最近、マニラとオーストラリア間のフライトではチェックインおよび搭乗ゲートの両方で追加の保安検査を行うよう命じました。

チェックイン時には、すべての搭乗者はお預け手荷物を保安検査官に提示する必要があります。チェックインをできるだけスムーズにお済ませになれるよう、お預け手荷物をビニールで包装したり、鍵をかけたりしないでください。

搭乗ゲートで液体物、エアゾール、ジェルの追加の検査も行われますので、ご搭乗の際に100mlを超えるアイテムをお持ちにならないようご注意ください。

保安検査や空港を通過するのにさらに時間がかかることがありますので、ご旅行を計画される際はこの点に留意してください。

役立つリンク集

運航状況を確認 携帯電話を使用している男性

運航状況

カンタス航空、カンタスリンク、コードシェア便の発着情報をリアルタイムで追跡、受信できます。* 

運航状況を確認
カンタスアプリをダウンロードする カンタスアプリを使用している男性

カンタスアプリ

旅行情報に簡単にアクセスするには、カンタスアプリをダウンロードしてください。設定が完了すると、予約の照会、機内エンターテインメントの確認、空港への行き方の確認ができます。

カンタスアプリをダウンロードする
詳細を見る バケーションの計画

カンタス航空からの10の旅のアドバイス

連絡先情報の更新方法、ダウンロードすべき便利なアプリ、重要な渡航書類に関するリマインダーから、お子様を連れての旅行へのアドバイスまで、旅の準備に役立つヒントをご覧ください。

詳細を見る

重要事項

Disclaimer: *関係省庁の認可を条件とします