移動補助器具

移動補助器具を必要とされるお客様、またはご自身の移動補助器具をお使いになるお客様のために、旅の計画に必要な詳細情報をまとめました。

このページの項目

移動補助器具のお申し込み

車椅子を使用されるお客様や、ご自身の移動補助器具をご使用のお客様には、ゲートへの移動、航空機の乗降、座席への移動などのサポートをいたします。

下記のリンクから、カンタス航空の車椅子のサポートをご依頼いただくか、ご自身の移動補助器具についてお知らせください。ご旅行の48時間前までのご連絡をお願いいたします。事前にお申し出がない場合、お手伝いのご提供に遅れが生じる場合があります。

    移動補助についての詳細はFAQをご参照ください。

    オンラインで車いすの補助のリクエストができない場合

    オンラインで移動補助のリスエストができない場合は、個別のニーズについてカンタス航空にお知らせください。その際、ご希望のサポートおよびご自身の移動補助器具をお持ちになるかをお知らせください。

移動補助器具のサイズ制限

ご搭乗の機材によって、移動補助器具のサイズ制限が適用されます。ご旅行の前に、ご自身の車椅子のサイズと、当社のサイズ制限をご確認ください。

電動車椅子/電動移動補助器具

製造業者の勧告に基づき、また補助機器の損傷の危険性を減らすために、すべての電動車椅子(パワーアシスト車椅子を含む)は、フリーホイールモードで直立の状態で移動する必要があります。この要件を満たすために、機内にお持ち込みになる移動補助器具のサイズ制限をご確認ください。

手動車椅子/手動移動補助器具

手動車椅子は直立の状態でサイズ制限内に収まる必要があります(折りたたんだとき、または広げたとき)。車椅子のサイズは規定内でも、直立の状態にすると規定を超える場合は、重量が32kg未満で、車椅子を横倒しで収納したり移動させたりできると製造業者が確認した場合のみ車椅子を持ち運ぶことができます。そうでない場合、車椅子は直立の状態でサイズ制限内に収まって運べることが条件になります。

最大サイズ(調節した状態)

機材タイプごとの車椅子の最大許容サイズ

車椅子の機種別の最大サイズ制限
機種 高さ 長さ
ワイドボディー機
エアバス330、A380、ボーイング747およびボーイング787 150cm
160cm
150cm
ナローボディー機
ボーイング737 100cm
84cm
125cm
エンブレア190* 100cm 84cm 125cm
ボンバルディア ダッシュ8 85cm
130cm
115cm
ボーイング717 129cm
69cm
100cm
フォッカー100 125cm
63cm
125cm

*アライアンス航空機E109およびF100の移動補助器具の最大重量は120gです。

ナローボディー機で運航するフライトに予約されていて、補助器具を調節または分解した後に規定のサイズ内に収まらない場合は、可能であれば、より大型のワイドボディー機を使用する代替便をご案内します。

もしくは、手動の車椅子など、ナローボディー機の規定サイズ内に収まる別の補助器具を利用してご旅行いただけます。

お客様の移動補助器具に対する当社のサイズ制限にご不安な点がある場合は、カンタス航空までご連絡の上、ご相談ください。

空港にて

オーストラリア国内のすべてのカンタス航空ターミナルでは、車椅子があり、スタッフがいる場合は、カーブサイドで移動補助器具のお手伝いができる場合があります。労働安全衛生の規定により、当社では車両からまたは車両への移乗をお手伝いすることはできません。空港ご到着時には、カーブサイドで車椅子が必要だということをカンタス航空のスタッフに伝えることができる方の同伴をお願いいたします。

当社の車椅子は、空港の駐車場で使用することはできません。

適切なレベルのサポートをご提供できるよう、お身体が不自由なお客様は時間に余裕を持ってチェックインや搭乗ゲートにお越しくださいますようお願いいたします。

移動補助機器の調節や分解が必要になる場合、移動補助器具の組み立ておよび分解はお客様にて行ってください。サポートを必要とされる場合は、お客様から空港の地上スタッフに説明し、指示を与え、移動補助器具の組み立てまたは分解を監督してください。 危険物(英文)の規定に従ったバッテリーの取り外しと取り付けもこれに該当する場合があります。

搭乗手続

オーストラリア国内の出発では、移動補助器具のお手伝いを必要とされるお客様は、次の時間までに空港にお越しください。

  • 国内線ターミナル:ご出発60分前
  • 国際線ターミナル:ご出発2時間前(ご搭乗便が国際線フライトの国内線区間か国際線区間かは問いません)

オーストラリア国外の空港から出発する場合は、お近くのカンタス航空にご確認のうえ、通常のチェックイン時間よりも30分早く空港にお越しください。

移動補助器具は、チェックイン時にお預かりすることも、出発ゲートまでお使いになることもできます。移動補助器具をチェックイン時にお預けになることを選択した場合は、空港の車椅子をご利用いただき、空港スタッフが出発ゲートまでの移動をお手伝いします。

ご搭乗

移動補助器具を出発ゲートまでお使いになることを選択した場合は、チェックイン、保安検査および出国手続を済ませて(該当する場合)、次の時間までに出発ゲートにお越しください。

  • 国内線ターミナル:ご出発40分前
  • 国際線ターミナル:ご出発60分前(ご搭乗便が国際線フライトの国内線区間か国際線区間かは不問)

お客様の航空機への搭乗をサポートし、お持ちの移動補助器具を航空機の貨物室に積み込むために十分な時間を確保するためにこの時間までにお越しいただくようお願いいたします。

指定時刻までに出発ゲートにお越しにならない場合は、ご予約済みのフライトにご搭乗いただけない可能性があります。その結果、可能な場合は、次のフライトに予約を変更する必要が生じることがあります。

オーストラリア国内のフライトの場合、車椅子または航空機の座席との移乗には、カンタス航空認定のリフト装置を使用します。これにはスリング、スライディングボード、移乗用ベルト、イーグルリフターの使用が含まれ、空港によって設備が異なります。

搭乗にボーディングブリッジを使用できない空港では、移動補助器具をご使用のお客様のために高さのあるリフト付き車両を使用します。

移動補助のFAQ