目の不自由なお客様

目の不自由なお客様のために、ご予約からご到着までの間に必要になる情報をまとめました。

このページの項目

ご予約

  • 特定の要件がある場合を除き、介護者と一緒に旅行する必要はありません。 介護者と一緒にご旅行するお客様は、割引航空運賃の利用対象者となる場合があります。
  • 認定された 介助犬をお連れになる場合は、お近くの カンタス航空までご連絡ください。
  • 特別機内食のリクエストの一環として、あらかじめセットされた食事をご予約時にリクエストできます。出発24時間前までにお申し込みください。特別機内食のリクエストはカンタスリンクのダッシュ8型機ではご提供できません。

空港にて

  • オーストラリア国内のすべてのカンタス航空ターミナルでは、カーブサイドでのお手伝いができる場合があります。これはスタッフがいる場合に限られます。空港ご到着時には、カーブサイドでお手伝いが必要だということをカンタス航空のスタッフに伝えることができる方の同伴をお願いいたします。
  • 搭乗ゲートとの往復のご案内には、ミート&アシストサービスをご利用いただけます。このサービスをご希望のお客様は、ご予約時にお知らせください。

機内にて

  • 歩行用の杖または歩行器をお持ちの場合、頭上のロッカーまたは他の収納スペースに収納可能なものは機内にお持ち込みいただけます。収納できないものは航空機の貨物室にお預かりし、ゲートとの往復には車椅子をご用意します。
  • 安全規定により、目の不自由なお客様は非常口席にはお座りいただけません。
  • ご搭乗時は最初にご案内し、安全に関する説明を個別に行います。
  • ほぼ全てのフライトで、安全のしおりの点字版をご用意しています。この安全のしおりは、安全に関する説明の後にお渡しします。しおりをお受け取りになっていない場合は、乗務員にお申し付けください。
  • ご要望に応じて、お食事サービスの前に客室乗務員がメニューを読み上げます。ご希望があれば、トレイのどこに何が置かれているかを乗務員がご説明します。

ご到着時

お客様からのご依頼により、フライトの乗り継ぎや、手荷物の引き取りと再預け入れをお手伝いします。