ヤラ川の朝日
ヤラ川
メルボルン

オーストラリアの文化とエンターテインメントの中心地、メルボルンへようこそ。オーストラリア第2の都市メルボルンは、ビクトリア様式と近代的な建築物が織り成す街並みと、別名ガーデンシティと呼ばれる緑豊かな公園が点在する街です。美食や芸術、国際的なスポーツイベント、ファッションイベントなど、一年を通して楽しむことができる、初めて訪れる人にも、何度も訪れたことのある人にも常に新しい発見がある場所です。

運賃情報

カンタス航空を選ぶ理由

手荷物のアイコン

全フライトでお預け手荷物が無料のため、旅行のお荷物を増やすことができます。

ダイニングのアイコン

全フライトでお食事またはリフレッシュメントを無料で提供いたします。

エンターテインメントのアイコン

ニュース、テレビ番組、映画、ラジオなど、全フライトで幅広いエンターテインメントをお楽しみいただけます。

メルボルンの楽しみ方

どんなエンターテインメント、どんなカルチャーがお好みですか。メルボルンなら、きっとお好みのものが見つかります。

アートシーンが活発なメルボルンでは、ビクトリア国立美術館で開催される展示や、ハイデ近代美術館の傑作、コミックス・ラウンジで行われるコメディショーなど、ユニークな文化を満喫できます。

煌びやかなメルボルン・エンポリウムやチャドストーン・ショッピング・センターなどのショッピングモールでは、オーストラリアをはじめ世界中の有名デザイナーが手掛けた商品のショッピングを思う存分楽しんでください。ヴィンテージの服がお好きなら、チャペル・ストリードのウインザー側、ビクトリア・マーケット、デグレーブス・ストリート周辺の路地にあるブティック・ショップが最適です。

歩いて回るのが苦手でなければ、王立植物園を散策してから、近くのメルボルン・クリケット・グラウンドや国立スポーツ博物館まで川沿いを歩いて行くのもおすすめです。スポーツがお好きであれば、オーストラリアン・フットボール誕生の地である芝生で埋め尽くされたメルボルン・クリケット・グランド(MCG)で、オージー・ルールズの試合を見ることも忘れないで。

メルボルンには、隠れ家的なブティックやレストラン、小さなカフェやバーの立ち並んだ活気のある小道がたくさんあります。路地にあるパブや、小さなカフェ、ルーフトップ・バーなどの隠された自分だけのお気に入りスポットを見つけるのも、メルボルンの魅力のひとつです。

観光スポット

メルボルン中心部の観光・グルメ・ショッピング情報

メルボルン中央ビジネス地区(CBD)

オーストラリアいちオシャレな町と評されるメルボルンは、最先端のブランドから若手アーティストのアパレルや雑貨、ヴィンテージの一品ものまで、ショッピング好きは飽きることがないでしょう。

また多彩な食文化が発展しているため「食の都」とも呼ばれるこの街には、グルメをうならせるレストランや小粋なカフェ、裏路地にある小さなコーヒー店まで、あなたの好みのお店が見つかること間違いなし。

ファッション、アート、グルメの中心地であるメルボルンの中央ビジネス地区(CBD)ならきっとあなたのお気に入りが見つかります。

メルボルン中心部の観光・グルメ・ショッピング情報

メルボルンから足をのばして

セントキルダについて

セントキルダ

セントキルダは、地元メルボルンの人々にも人気の開放的な雰囲気のビーチサイドエリア。シティからトラムで約20分で行けるこの街では、ビーチで海水浴や日光浴をしたり、遊園地ルナパークで遊んだり、ビーチサイドのカフェやレストランでおいしい料理とおしゃべりを楽しんだり、思い思いの時間を楽しむことができます。

セントキルダについて
グレートオーシャンロードのトラベルガイド

グレート・オーシャン・ロード

ビクトリア州随一の絶景が、グレート・オーシャン・ロード。海岸線を走る快適なドライブで、長い年月をかけて自然が形作った芸術を見に行きましょう。ドライブの途中では、温帯雨林や断崖絶壁の風景など、変化に富んだ景色に出会えます。12使徒の奇岩の向こうに沈む夕日は期待を裏切らない絶景です。

グレートオーシャンロードのトラベルガイド
ヤラ・バレーとダンデノンのトラベルガイド

ヤラ・バレー

ヤラ・バレーは、オーストラリアを代表するワイン・カントリー。80軒ほどのワイナリーが点在し、ピノ・ノワールやシャルドネから醸造されるワインはどれも一級品ばかり。レストランを併設しているワイナリーも多数あります。ダヤラ・バレーの東に広がるダンデノン丘陵では、パッフィン・ビリー鉄道などが人気です。

ヤラ・バレーとダンデノンのトラベルガイド
モーニントン半島のトラベルガイド

モーニントン半島

モーニントン半島は自然豊かなエリアとして知られ、天然温泉のほか、カラフルなビーチハウス、オーストラリア最古の美しい庭園迷路など、見どころ満載。近年では、ワイン・カントリーとしても注目を集めています。

モーニントン半島のトラベルガイド
フィリップ島のトラベルガイド

フィリップ島

ペンギン・パレードで有名なフィリップ島は、メルボルンから南東へ車で約1時間。島には自然公園があり、園内にはペンギン保護区のほか、コアラ保護センターなども点在。リトルペンギンをはじめ、コアラ、ワラビー、ウォンバット、エミューなど、オーストラリア固有の動物に出会えます。

フィリップ島のトラベルガイド
グランピアンズ / デイルスフォードのトラベルガイド

グランピアンズ / デイルスフォード

ビクトリア州最大の国立公園、グランピアンズ国立公園では、野生の動植物に触れ、雄大な自然の恵みを存分に体感しましょう。デイルスフォードは、別名スパ・カントリーと呼ばれ、湧き出る天然水のスパ施設が充実しています。隠れ家的なリゾートホテルも多く、ヒーリング・スポットとしても注目されています。

グランピアンズ / デイルスフォードのトラベルガイド

交通情報

メルボルンの交通手段

空港から:メルボルン空港には国内線ターミナル(T1)と国際線ターミナル(T2)があり、市内中心地から23㎞の場所に位置しています。Skybusと呼ばれるシャトルバスかタクシーで市内まで20-30分です。タクシーは料金が高めのため、鉄道、バス、路面電車など共交通機関が使用できる1日乗り放題の切符を買っておくのも便利です。メルボルン空港から周辺都市へ送迎(英文)も手頃な料金で予約できます。

メルボルン市内および周辺

トラムはメルボルンの魅力のひとつです。旧式の電車に揺られて街を巡るのもよい体験でしょう。シティーサークルトラム(英文)は無料サービスですので、ぜひこれを利用して中央ビジネス地区を廻りましょう。タクシーや鉄道も信頼できる移動手段です。もっと遠くまで足を延ばしたい方は、メルボルンでレンタカー(英文)を借りても良いでしょう。

イベント

メルボルン・ビクトリア州のイベント情報

メルボルンのイベント

メルボルンでは、魅力あふれるイベントが目白押し。全豪オープンテニスやF1オーストラリア・グランプリをはじめ、国際フラワー&ガーデンショー、フード&ワイン・フェスティバル、マラソン、メルボルン・カップ(競馬)など、テーマも多種多様です。これらのイベントに参加すれば、より印象深い旅が演出できるはずです。

メルボルン・ビクトリア州のイベント情報

ホテル

多様な都市メルボルンには、国内および海外からの旅行者に適したさまざまな宿泊施設の選択肢があります。
ビジネス旅行者は、コリンズストリートのグランドハイアットからサウスバンクのクラウンタワーズまで、メルボルン中央ビジネス区(CBD)のいたるところにあるホテルで、ヤラ川を一望する景色が望めます。
ファッションがお好きであれば、CBD、Prahran、South Yarraからトラムですぐのところにあるブティックホテル、ラグジュアリーなアパートメント、洗練されたAirbnbがおすすめです。トゥーラックロードのおしゃれなブティック、ジュエリーショップ、高級家具のアウトレット店を見て回ったら、ありとあらゆるものを取り扱う専門店が軒を連ねるチャペルストリートのカフェで一休みして。
セントキルダのベイサイド郊外には、高級ホテル、ビーチフロントのアパートメントから多様なホステル、居心地の良いバックパッカーズまで、幅広い種類の宿泊施設があります。この地域は芸術家や冒険家、ミュージシャン、そしてミューズが多く、メルボルンで最もカラフルな地区のひとつです。

ホテルを予約する(英文)

オーストラリアの他の都市

フライト検索

読み込み中...

重要情報

読み込み中...