Werstern Australia Logo
西オーストラリアのワイルドフラワー
エリア&見どころ

西オーストラリア州には11のワイルドフラワー街道があります。各街道で見られる花、ベストシーズン、周辺の観光スポットを参考にして、素晴らしい花めぐりをしてみてください。

カンタス航空を選ぶ理由


 

Baggage icon

お預け手荷物
全フライトでお預け手荷物が無料のため、旅行のお荷物を増やすことができます。

Dining icon

機内食
全フライトでお食事またはリフレッシュメントを無料でご提供いたします。

Entertainment icon

エンターテイメント
映画、ニュース、テレビ番組など、全フライトで幅広いエンターテイメントをお楽しみいただけます。

西オーストラリア州のワイルドフラワー街道

ワイルドフラワー街道

西オーストラリアには、花々を巡る11のワイルドフラワー街道があります。

各街道は気候や地形が異なり、見られる花やベストシーズンも様々。周辺の観光スポットと組み合わせれば、より印象深い旅となるでしょう。

西オーストラリアの玄関口パースを起点に、おすすめの7つの街道と周辺の観光スポットをご紹介します。

パース周辺

    パース周辺
    キングスパークの花々

    パース街道

    パースを起点に北東部50kmの範囲内で、日帰りでも存分にワイルドフラワーが楽しめます。市内の西側のキングスパークでは、常時1,700種の花々が観察でき、毎年9月開催のワイルドフラワー・フェスティバルでは3,000種以上の花が集まります。海沿いのドライブを楽しみながら、北のヤンチェップ国立公園へ足を延ばしたり、美しい海とかわいいクオッカに出会えるロットネスト島へも行ってみましょう。島固有の花や植物が自生する美しい風景に出会えます。

    【見頃】 8-11月末

    【主にみられる花】レッド・アンド・グリーン・カンガルー・ポー、バンクシア、ピンク・エバーラスティング(キングスパーク)、ワトル、イエロー・バターカップ、グラス・ツリー

パースのトラベルガイド
フラワーポイント
キングスパーク

キングスパーク

マウントエリーザの裾から山頂まで、約400haの広大な敷地を持つ公園。園内には植物園や温室があり、1,700種の花々が堪能できます。3,000種以上の花々が集う、毎年9月の花の祭典ワイルドフラワー・フェスティバルもお見逃しなく。

パースのトラベルガイド
フラワーポイント
ロットネスト島

ロットネスト島

パースからフェリーで30分のA級自然保護指定国立公園。島固有の動植物も多く、ロットネスト・アイランド・デイジー(11月中旬~12月初旬)やコースタル・グラウンセル(9月中旬~10月中旬)、アカシア・ロステリフェラが自生しています。美しい海岸線やクオッカなどのかわいい動物との触れ合いも魅力です。

フラワーポイント
アボンバレー国立公園

アボン・バレー国立公園

パースからスワン川をさかのぼった先がアボン川で、急峻な川を挟むように広がる一帯がアボン・バレー国立公園です。ここはワイルドフラワーの楽園になっており、シーズンになると、花崗岩の路頭や川、遙かに見渡せる自然と一体化した可憐な花々が咲き乱れる光景に出会えます。

寄り道スポット
フリーマントル

フリーマントル

パースの西約20km、インド洋に面した美しい港町。19世紀初頭、英国人によって開拓され、コロニアル調の建物が建ち並んでいます。雰囲気のあるおしゃれなカフェやレストランも多く、週末に開催されるマーケットはたくさんの人々で賑わう人気スポットです。

寄り道スポット
フリーマントル刑務所

旧フリーマントル刑務所

1788年から1868年の英国流刑の歴史を伝承する貴重な遺跡として、世界文化遺産に登録された囚人遺跡のひとつ。オーストラリア全土で計11か所が登録され、中でも旧フリーマントル刑務所は、オーストラリア建国時に貢献した囚人たちの功績を知ることができます。

寄り道スポット
モンガー湖のブラックスワン

モンガー湖

西オーストラリア州の州鳥でもあるブラックスワンが生息する湖。真っ黒の身体に真っ赤なクチバシ、お尻を振りながら歩く姿はとってもキュートです。さまざまな野鳥も集まり、バードウォッチングにも最適な場所です。周囲は緑に囲まれ、のんびりと散策するのがおすすめ。

パースから北のエリア

パースより北
エバーラスティング街道

エバーラスティング街道

一面にカラフルな花々が広がるエバーラスティングのフラワーカーペットが最大の見どころ。街道の北部に当たるモラワやムレワ、コームシーム自然保護区では、辺り一面がピンクや黄色、白に染まった圧巻の風景が広がっています。パースからインド洋沿いに北へ伸びるブランド・ハイウェイでは、爽快な海岸線のドライブとともにバンクシアやハケア、レシュノルティアなど西オーストラリア州固有の花々が楽しめます。ブランド・ハイウェイの途中にある“荒野の墓標”ピナクルズは、外せない観光スポットです。

【見頃:】8-9月

【主にみられる花】ピンク・エバーラスティング、レッド・ガムツリー、バンクシア、ハケア、スモーク・ブッシュ、フリンジ・リリー、リース・フラワーなど

©Australia's Coral Coast

フラワーポイント
インディアンオーシャンドライブ

ブランド・ハイウェイ

インド洋沿いを走る爽快なドライブルート。奇岩ピナクルズや世界遺産シャークベイへ通ずるフラワーロードになっています。ロードサイドでは、カンガルー・ポー、パープル・スターフラワー、バンクシア、ハケア、レシュノルティアなどが見られ、花々を巡るドライブが楽しめます。

フラワーポイント
コールシーム自然保護区

コールシーム自然保護区

西オーストラリア州のワイルドフラワーの中心地とも言われている自然保護区。辺り一面を覆い尽くすピンクや黄色、白のエバーラスティングは圧巻。バンクシアやハケア、アカシア、カンガルー・ポーなど、原野に咲く可憐な花々をご堪能ください。

フラワーポイント
レシュール国立公園

レシュール国立公園

約900種類の植物が自生する保護地域で、ジュリアンベイの東に広がっている国立公園です。この一帯にしかないレシュール・サザンクロスのほか、ロードサイドに咲く赤紫のハケアや野生のランなど、気に入った場所に寄り道しながらのドライブが楽しいエリアです。

フラワーポイント
ウービン近郊を走るカップル

マラワ〜ウービン・ロード

パースの北ウービンからマラワに至るルートで、最もワイルドフラワーが多い道として知られています。ピンク、黄色、白のエバーラスティングなどが、大地を染めるように群生しているのが特徴です。フェザー・フラワー、リース・フラワー、ブラック・カンガルー・ポーなど珍しい花も。ロードサイドに咲き誇る花は、美しさだけなく、種類の多さでも際立っています

寄り道スポット
ピナクルズ

ピナクルズ(ナンバン国立公園)

“荒野の墓標”と呼ばれる奇岩群。ブランド・ハイウェイの途中にあり、人気の観光スポットになっています。花崗岩の尖塔が数千本規模で砂漠にそびえ立ち、大きいものでは高さが4mにも及びます。殺伐とした砂漠に突如現れる光景は、まさに異名の通り。

    パースより北
    マウントオーガスタスのワイルドフラワー

    ノーザン・エクスプローラー街道

    世界遺産シャークベイのモンキー・マイア、ハメリンプールのストロマトライトなど、地球の育む美しい自然に出会えるルート。カルバリ国立公園付近では、赤土に覆われた大地に咲く色鮮やかなワイルドフラワーが満喫できます。

    【見頃】7月中旬-9月上旬

    【主にみられる花】ドンキー・ビーやカウスリップなどの野生ラン。バンクシア、グレビリア、カンガルー・ポー、フェザー・フラワーなど。

    カルバリ国立公園のトラベルガイド
    フラワーポイント
    カルバリー国立公園

    カルバリ国立公園

    茶褐色の渓谷や海岸沿いの巨大な崖など、ダイナミックな大自然が魅力のカルバリ国立公園。なだらかな起伏の続く砂の平原とヒースが茂る原野に、鮮やかなワイルドフラワーがいっせいに咲き乱れます。金とオレンジのバンクシア、赤いグレビリア、キャッツポーなど多種多様の花々が見られ、一幅の絵画のような風景が広がっています。

    カルバリ国立公園のトラベルガイド
    フラワーポイント
    マウントオーガスタス

    マウント・オーガスタス

    マウント・オーガスタスは、ウルル(エアーズロック)の約2倍の大きさを持つ世界最大の一枚岩です。

    平原からそびえ立つマウント・オーガスタスを背景に、ワイルドフラワーが地平線の遙か遠くまで続く風景には、万華鏡を覗いたような錯覚を覚えます。

    シェルビーチのトラベルガイド
    寄り道スポット
    シェルビーチ

    シェルビーチ(世界遺産シャークベイ)

    その名の通り、小さな貝殻で敷き詰められた海岸。110kmにわたって真っ白なビーチが延々と続き、紺碧の海とのコントラストが幻想的な光景を作り出しています。世界遺産に登録されたシャークベイに位置しています。

    シェルビーチのトラベルガイド
    ストロマトライト ガイド
    寄り道スポット
    ストロマトライト

    ハメリンプール(世界遺産シャークベイ)

    ペロン半島の付け根にあり、地球最古の生物と言われているストロマトライトが群生しています。シャークベイが世界遺産に登録された最大の理由が、このストロマトライトの存在。35億年前から存在する藻の一種で、最初に酸素を作った生物です。わずかに海面から顔を覗かせる干潮時が見学の狙い目。

    ストロマトライト ガイド
    モンキーマイアのトラベルガイド
    寄り道スポット
    モンキーマイアのイルカ

    モンキー・マイア(世界遺産シャークベイ)

    シャークベイに突き出した半島に位置し、野生のイルカに餌付けできることでも有名な人気の観光スポット。ドルフィンリゾート前の砂浜には、野生のバンドウイルカが毎日遊びにやってきます。レンジャーの指示のもと、観光客も直接イルカにエサを与えることができます。

    モンキーマイアのトラベルガイド
    パースより北
    ピルバラ街道

    ピルバラ街道

    オーストラリアの秘境と呼ばれるエリアで、カリジニ国立公園では、20億年以上前に形成されたと言われる鉄鉱石層が見られ、その昔、水が流れ縞状鉄鉱層を刻む時があったことを、深く浸食された渓谷が今なお物語っています。このエリアに住む先住民アボリジナルは、ワイルドフラワーを時に食用や薬として、また儀式の際にも使用しています。パースからカンタス・リンクで約1時間45分のパラバーデュー空港がカリジニ国立公園への入り口です。

    【見頃】7月-8月

    【主に見られる花】65種のワトル、ブルーベル、マラ・マラ、デザートローズ、ネイティブ・ハイビスカスなど

カリジニ国立公園のトラベルガイド
フラワーポイント
カリジニ国立公園

カリジニ国立公園

急峻で荒々しい渓谷が広がるカリジニ国立公園は、可憐な花々をいっそう引き立てます。

紫色が鮮やかなピンク・マラ・マラのフラワーカーペットと赤茶けた大地の組み合わせは、何とも不思議な光景です。黄色のカシアやアカシア、ノーザン・ブルーベルなど、さまざまな花を探しにでかけてみよう。

カリジニ国立公園のトラベルガイド

パースから東のエリア

    パースより東
    ウェーブロック街道

    ウェーブロック街道

    パースの東にあるウェーブロックを目指し、アウトバック(内陸部)を巡るルート。観光地としても高い人気を誇るウェーブロック近辺だけでも、約2,500種の花が見られます。カバがあくびをしているように見える奇岩ヒッポズヨーンや、アボリジニの壁画を見ることのできるマルカスケープなどの立ち寄りスポットもあります。移動中はアウトバックの風景と多彩なワイルドフラワーが車窓に流れ、それを見ているだけでも退屈することはありません。

    【見頃:】9-12月初旬

    【主に見られる花】ドンキー、カウスリップ、クイーン・オブ・シバなどの野生ラン、ワトル、ハケア、グレビレア、ピンク・ボローニア、ヒバーティアなど

    寄り道スポット
    ウェーブロック

    ウェーブロック

    内陸部の街ハイデン郊外にある人気の観光スポット。波が一瞬にして固まってしまったかのようなユニークな景観です。高さ15m、幅100mの巨大な一枚岩で、間近で見るとその迫力に圧倒されます。周辺ではブルーチャイナオーキッドやドンキーオーキッドなどの花が観察できます。

    ©Peng Boon Tan

    寄り道スポット
    ヒッポズヨーン

    奇岩ヒッポズヨーン&マルカスケーブ

    ハイデンの郊外にあり、ウェーブロックへのデイトリップで立ち寄ることが多い観光ポイント。その名の通り、カバがあくびをしているようなおもしろい形をした奇岩です。マルカスケーブでは、先住民アボリジナルの壁画を見ることができます。周辺ではレッドレシュノルティアやブルームグレビリアなどの花が観察できます。

パースから南のエリア

    パースより南
    サザン・ワンダー街道

    サザン・ワンダー街道

    パースから南部最大の街アルバニーへ向かい、西回りで戻ってくるルートです。特に、アルバニーに近いスターリング山脈一帯は南西部のハイライト。雄大な山脈をバックに、真っ赤なスカーレット・バンクシアや淡雪のようなサザン・クロスが群生する風景はまさに圧巻です。街道沿いでは、アルバニーの海岸線やユーカリの大木が茂る森林、雄大なスターリング山脈など、変化に富んだ地形や風景もお楽しみのひとつ。パース近郊のカラマンダからアルバニーへ至る全長約1,000kmのトレッキングルート、ビブルマン・トラックでも可憐な花々が観賞できます。

    【見頃】9-1 2月中旬

    【主に見られる花】ドンキー、ジャグ、スター、ブルー・チャイナ、ラピットイヤーズ、ハンマー、バードなどの野生ラン。コーンフラワー、ダンピエラ、レシュノルティア、ドライアンドラ、バンクシアなど。

    フラワーポイント
    スターリングレンジ国立公園のスカーレットバンクシア

    アルバニー〜スターリング・レンジ国立公園

    南部最大の街アルバニーからスターリング・レンジ国立公園に至るルートは、南西部のハイライトになるエリア。春になると約1,500種類のワイルドフラワーが開花し、真っ赤なスカーレット・バンクシアや淡雪のようなサザンクロスなどの群生も多く見られます。トレッキングもおすすめ。時間があれば70種類以上のバンクシアが楽しめるバンクシア・ファームにも立ち寄ってみて。

    寄り道スポット
    ビブルマントラック

    アルバニー

    美しい海と森に囲まれた歴史のある港町。パース近郊のカラマンダから約1000km続くトレッキングルート、ビブルマン・トラック(Bibbulmun Track)の終着点でもあります。巨木の森を縫うように走るビブルマン・トラックでは、多種多様なワイルドフラワーも観賞できます。ダウンタウンの南に位置する景勝地トーンディラップ国立公園には、断崖絶壁の岩が切り立ったザ・ギャップとナチュラルブリッジがあり、打ち寄せる波が高い飛沫を上げる光景は圧巻です。公園内では可憐なワイルドフラワーも見ることができます。

    パースより南
    ジャラランド街道

    ジャラランド街道

    パースからインド洋沿いに南下すると、プレミアムワインの生産地としても有名なマーガレットリバーに至ります。この辺りは海岸線の抜けるような風景とは一変して、オーストラリア原産のユーカリの大木が形成する森林が広がっています。ユーカリの大木の根元に咲く可憐な花に足を止めつつ、澄んだ空気の中でウォーキングを楽しめば、マイナスイオンやユーカリのアロマ効果を存分に味わいながら、心身ともに癒されるひと時を体感できます。ワイナリーでの極上ワインと食事もお忘れなく。

    【見頃:】9-11月末

    【主に見られる花】カリ、ジャラ、マリなどのユーカリ。ワトル、カンガルー・ポー、グラス・ツリー、ブルー・レシュノルティア、クレマティス、ホリー・プレイム・ピー、ダンピエラ、コーラルバイン、ピンク・フェアリー・オーキッドなど

フラワーポイント
ルーウィン岬

ルーウィン・ナチュラリステ国立公園

ルーウィン岬とナチュラリステ岬に挟まれた海岸線一帯が、国立公園に指定されています。公園内にあるボラナップフォレストは、ジャラやカリといったユーカリの一種である巨木が形成する森。ユーカリの染み透る香りと木々の根本に咲く可憐なワイルドラワーは、癒し効果抜群。インド洋沿いの海岸線を行くケープ・トゥー・ケープ・トラックを歩いたり、鍾乳洞など見どころも多いので、周辺観光とあわせて楽しみたい。

フラワーポイント
フィッツジェラルド・リバー国立公園

フィッツジェラルド・リバー国立公園

なだらかな渓谷を彩るのは、1,800種類にも及ぶ植物の数々。クアラップ・ベルやバンクシアなどのワイルドフラワーはもちろん、ユーカリや固有種の植物も数多く見られます。花のシーズンは春と秋。アルバニーとエスペランサの間に位置し、パースからは少し距離があるが、ため息の出るような光景に出会いたいなら、ぜひ足を伸ばしてみよう。

マーガレットリバーのトラベルガイド
寄り道スポット
マーガレットリバー

マーガレットリバー

プレミアムワインの一大産地。ルーウィン・エステート、ボイジャー・エステート、ヴァス・フェリックスなど、60を超えるワイナリーが点在しています。緑豊かな大地には森林やブドウ畑が広がり、インド洋に近いのでビーチや海岸線の美しい風景も同時に楽しめます。かわいいB&Bやスモールラグジュアリーホテルなどに滞在し、ワイナリー併設のカフェやレストランでワインと料理と風景を堪能するーーそんな旅もおすすめです。

マーガレットリバーのトラベルガイド

西オーストラリア州のワイルドフラワーについて

西オーストラリア州をもっと楽しむ

西オーストラリア州の旅行をもっと楽しむためのお役立ち情報を集めました。

西オーストラリア州の都市

フライト検索

読み込み中...

重要情報

Disclaimer: ^ カンタス・ポイントを獲得および利用するには、カンタス・フリークエントフライヤーの会員であることが条件になります。会員資格、ポイントの加算、利用は、フリークエントフライヤープログラムの会員規約が適用されます。

読み込み中...