ブルーマウンテンズ
ブルーマウンテンズ

世界遺産に登録された森林「ブルー・マウンテンズ国立公園」。青く霞むユーカリの樹海、季節や時間帯によって色を変える「スリー・シスターズ」の奇岩群は、訪れる人々を魅了してやみません。

カンタス航空を選ぶ理由

手荷物のアイコン

全フライトでお預け手荷物が無料のため、旅行のお荷物を増やすことができます。

ダイニングのアイコン

全フライトでお食事またはリフレッシュメントを無料で提供いたします。

エンターテインメントのアイコン

ニュース、テレビ番組、映画、ラジオなど、全フライトで幅広いエンターテインメントをお楽しみいただけます。

ブルーマウンテンズとは?

2000年に世界自然遺産に登録されたブルーマウンテンズ国立公園では、壮大なユーカリ原生林が広がる大自然、渓谷や滝、鍾乳洞など変化に富んだ自然が楽しめます。その深い森は91種類のユーカリと、ここにのみ存在する132種の貴重な植物に覆われています。

ユーカリの木々が放つ油分が蒸発し、日光に反射することによって山全体が青く霞んで見えることからブルーマウンテンズと呼ばれるようになったという由来があり、美しい姉妹が岩に変えられたという伝説の残る奇岩「スリー・シスターズ」も観光のハイライトです。

シドニー近郊の避暑地として地元のオーストラリア人にも人気のこの地では、初級から上級まで、レベルや好みに合わせたブッシュウォーキング・コースも、多種多様揃っています。

観光スポット

    岩に変えられた伝説の三姉妹
    スリーシスターズ

    スリー・シスターズ(Three Sisters)・エコーポイント展望台(Eco Point Lookout)

    アボリジニの聖地ともいわれるブルーマウンテンズ。美しい三姉妹が魔王の手から逃れるために岩に姿を変えたまま、元に戻れなくなったという伝説が残る神秘的な奇岩「スリー・シスターズ」が観光のハイライトです。

    この奇岩を間近に見れるのがエコーポイント展望台。あたり一面に広がるユーカリの樹海と、背後に連なる1,000m級の山脈の景観はまさに壮大。この展望台は観光の拠点カトゥーンバに位置し、カフェ、ギフトショップ、観光案内所もあり、ブルーマウンテンズで必ず立ち寄りたい観光スポットです。

    ©Destination NSW

    シーニック・ワールド公式サイト(英文)
    ブルーマウンテンズのアトラクション
    シーニック・ワールドのケーブルウェイ

    シーニック・ワールド

    シーニック・ワールドは、3つの乗り物に乗って、ブルーマウンテンズの壮観をいろんな角度から眺めることができる一大アトラクション。
    最大傾斜52度の急勾配を下るスリル満点のシーニック・レイルウェイと呼ばれるトロッコ列車は、ギネスブックにも紹介されています。
    シーニック・スカイウェイは、ジャミソン渓谷の上空200mを空中散歩できる水平移動のロープウェイです。
    シーニック・ケーブルウェイでは84人乗りの大型ケーブルカーで眼下に広がる森林の光景が楽しめます。
    また、全長2kmのシーニック・ウォークウェイで板張りの散策コースを歩きながら森林浴をするのもよいでしょう。

    Address:Corner of Violet Street & Cliff Drive Katoomba NSW 2780 Australia

    ©Destination NSW

    シーニック・ワールド公式サイト(英文)
    ダイナミックな景観
    ゴベッツ・リープ展望台&グローズ渓谷

    ゴベッツ・リープ展望台&グローズ渓谷

    2001年に世界自然遺産の記念式典が開かれたゴベッツ・リープ展望台は、観光の拠点となるカトゥーンバ駅より更に西方、ブラック・ヒース方面へ車で20分のところに位置し、グローズ渓谷の野性味あふれる光景が楽しめます。

    最大のみどころ、180mの高さから豪快に渓谷へ流れ落ちる「ブライダル・ベールの滝」は壮観です。

    渓谷一帯はウォーキング・コースも充実しており、夏季の週末には家族連れで賑わう人気の場所です。

    ©Destination NSW

    ウェントワース滝について(英文) ウェントワース滝

    ウェントワース滝(Wentworth Falls)

    300mもの高さからジャミソン渓谷に流れ落ちる、ブルーマウンテンズ国立公園内で最も落差の大きいウェントワースの滝は、プリンセス・ロック展望台から眺めるのがベストといわれています。

    ジャミソン渓谷を挟んで対岸の、キングス・テーブルランドの断崖もきれいに見渡せます。

    ©Destination NSW

    ウェントワース滝について(英文)
    フェザーデール・ワイルドライフ・パーク公式サイト フェザーテール・ワイルドライフ・パーク

    フェザーデール・ワイルドライフ・パーク(Featherdale Wildlife Park)

    フェザーデール・ワイルドライフ・パークは、シドニーからブルーマウンテンズに行く途中にある動物園です。

    カンガルーやエミューなどが放し飼いになっており、色々な動物に触れ合えるのが楽しい。もちろんコアラも見ることが出来ます。

    ©Destination NSW

    フェザーデール・ワイルドライフ・パーク公式サイト
    トブロック・シドニーについて フェザーテール・ワイルドライフ・パーク

    トブロック・シドニー(Tobruk Sydney)

    オーストラリアに来たら、試したいのがファーム体験です。

    トブロック・シドニーでは本格的なファームステイができます。ビリーティーと呼ばれるお茶や、羊の毛刈り、牧用犬のショーなど、そのアクティビティーは日本では体験できないものばかりです。

    ©Destination NSW

    トブロック・シドニーについて
    カトゥーンバについて(英文) カトゥーンバ

    カトゥーンバ(katoomba)

    かつて炭鉱の街として栄えたカトゥーンバは、現在ではブルーマウンテンズ最大の街。

    奇岩「スリー・シスターズ」と広大なジャミソン渓谷を望むエコー・ポイント展望台、観光案内所、アートギャラリーなどの専門店が並ぶ、観光拠点となっています。

    冬季に開催される「ユールフェスト」や「ウィンター・マジック・フェスティバル」では街中が人で溢れ、お祭り気分が味わえます。

    カトゥーンバとはアボリジニの言葉で、この地区の地形的な美を表して「輝く滝」を意味します。

    ©Destination NSW

    カトゥーンバについて(英文)
    ルーラについて(英文) ウェントワース滝

    ルーラ(Leura)

    おしゃれなカフェやかわいい雑貨屋が立ち並ぶ、高原の街ルーラをのんびり歩いてみませんか?

    昔なつかしのぺッツやパラソルチョコレートなどの1,000種以上の菓子類がぎっしり並ぶ「ザ・キャンディー・ストア」はまるでお菓子の国。おもちゃと鉄道の博物館や、昔の郵便局を改装したレトロなポスト・オフィス・レストランなど個性豊かな店がいっぱい。

    毎年春に催されるルーラ・ガーデン・フェスティバルは、一帯が色鮮やかな花に包まれる一大イベントです。

    ©Destination NSW

    ルーラについて(英文)

ブルーマウンテンズへの行き方

電車で:ブルーマウンテンズ観光の拠点となるカトゥーンバ駅までは、シドニーのセントラル駅から電車に乗って約2時間。到着後、ブルーマウンテンズ・エクスプローラー・バスのチケットを購入して、観光スポットを回るのも可能です。

車で:車で行く場合はシドニーより西へ、グレート・サザン・ハイウェイおよび一般道路を走り、約1時間30分です。カンタス航空の国際線搭乗特典Qantas Passenger Perksを使うと、Avisのレンタカーが5日分の料金で7日間利用可能です。

ツアーで:日本語ガイド付き、および英語ガイド付きのバスツアーを多数の会社が運営しています。途中ルーラに立ち寄るツアー、動物園に立ち寄るツアーなど、行程もさまざまなのでよく確認してから予約しましょう。シドニーを7時半頃出発し、夕方6時頃に戻る1日ツアーが一般的です。

 

オーストラリアの他の都市

フライト検索

読み込み中...

重要情報

*表示の価格には空港使用料、諸税、諸手数料は含まれず、qantas.comでお支払いただく場合の運賃です。すべてのフライトでお席がご用意できるものではありません。一部のフライトは提携会社または関連会社の運航になります。価格はお支払が完了するまでは、確約されません。ご用意できる座席には限りがあります。プレミアムエコノミークラスをご利用の場合、乗継便がエコノミークラスのなる場合があります。ご予約いただく前に、運賃規則をご確認ください。出発直前の機材変更を含めて、スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

一部のフライトは政府および関係省庁の認可を条件としています。

読み込み中...