ニンガルー・コースト
ニンガルー・コースト
西オーストラリア州の世界遺産

西オーストラリア州には4つの世界遺産があります。ニンガルー・コスト、シャークベイなど、手つかずの自然が多く残るこの地域の自然遺産をご紹介します。

ニンガルー・コースト・ガイド
世界遺産の海でジンベイザメと泳ぐ
ニンガルー・コースト

ニンガルー・コースト (自然遺産:2011年登録)

ニンガルー・コーストは西オーストラリア州北西部の、海洋域を含む約60万ヘクタールにおよぶエリアです。海洋生物の宝庫・ニンガルー海洋公園と、荒々しい大地に様々な野生の動植物が生息するケープレンジ国立公園といった海と大地、両方の秘境を有する手つかずの大自然エリアです。

海の秘境ニンガルー海洋公園は、ビーチから歩いて行くことができる珊瑚礁(ニンガルー・リーフ)が海岸線におよそ260kmも続く世界でも珍しい公園です。透き通るように美しいターコイズブルーの海には、ウミガメ、マンタ、ジュゴンなどの海洋生物、200種類以上の珊瑚、500種類にも及ぶ魚が生息しています。また、毎年4月から7月初旬にかけてジンベイザメがやってくることでも知られています。シュノーケリング初心者でもジンベイザメと一緒に泳ぐことが可能で、世界中から多くの観光客が訪れます。

一方、陸の秘境ケープレンジ国立公園は、5万ヘクタールの広さに、高さ300メートルを越す石灰岩の荒々しい岩肌を見せる峡谷、洞窟、鍾乳洞に様々な野生の動植物が生息するまさに自然の楽園です。冬の終わりから春にかけて、この地でしか見ることのできない固有種を含め630種類を越すワイルドフラワーが岩肌に咲き誇ります。

アクセス:パースからカンタス・リンクにて、ニンガルーリーフへの玄関口、エクスマウス(リアマンス空港–Learmonth Airport)へ

ニンガルー・コースト・ガイド
西オーストラリア海の秘境ガイド
世界最大のジュゴンの生息地
シャークベイ

西オーストラリアのシャークベイ (自然遺産:1991年登録)

シャークベイ(シャーク湾)は西オーストラリア州の州都パースから北へ約860kmのところにある世界最大のジュゴン生息地です。絶滅が危惧されているジュゴンですが、インド洋に面したこの一帯はその餌となる海草が広範囲に生えていることから約1万頭が暮らしています。

ペロン半島の中央に位置するシェルビーチはその名のとおり、白く輝く小さな貝殻が一面に敷き詰められたビーチです。4千年前から少しずつ堆積し、石灰岩となったところにまた小さな貝殻が層を作り、今では深いところで10m、長さ約110kmにおよびます。

また、ハメリンプールにあるストロマトライトは、35億年前から生息する世界最古の生物です。入り江の水際に一見岩のような塊が並んでいます。実はこれが酸素形成の起源とされるストロマトライトで、今でも年に約0.3㎜ずつゆっくりと成長を続けています。

ペロン半島の東に位置するモンキー・マイアでは、毎日決まった時間帯にビーチへやってくる野生のイルカが訪れます。時に親子でやってきてかわいらしい姿を間近に見せてくれることもあり、イルカに出会えるビーチとして人気のスポットとして有名です。

アクセス:パースから国内線でモンキー・マイアへ。 モンキー・マイアから車で南に約1時間。

 

西オーストラリア海の秘境ガイド
バングル・バングル・ガイド
地球最後の秘境
バングル・バングル

パヌルル国立公園(自然遺産:2003年登録)

パヌルル国立公園は西オーストラリア州北部キンバリー地区に位置します。1982年まではアボリジニの人々以外その存在すら知らなかったことから、地球最後の秘境と言われています。「パヌルル」とはこの地に2万年も前から生活していたアボリジニ・キジャ族の言葉で「砂岩」を意味します。

パヌルル国立公園で最も有名なのが奇岩石「バングル・バングル」です。バングル・バングルは約3億5,000万年前に堆積した砂岩が地殻変動により地表に表出し、2,000万年以上にわたる雨風の浸食により現在のような丸みを帯びた奇岩群になったと推測されています。

中でもオレンジ色と茶色の縞模様がハチの巣のように見えることから「ビーハイブ(ハチの巣)」と呼ばれる地域の光景は圧巻です。高さが高いものでは100m近くあり、東京ドーム1万6,000個分以上もの広さにわたって奇岩群が続きます。ヘリコプターで広大な奇岩群を上空から眺めるツアーや、かつてのアボリジニの人々の生活を垣間見ることができるウォーキングツアーがおすすめです。

アクセス:パースから国内線でブルーム、ダーウィン経由でカナナラへ。カナナラからは車で約5時間。カナナラは、空路アクセスもあり。

バングル・バングル・ガイド
流刑の歴史や文化を伝承する貴重な遺跡

オーストラリアの囚人遺跡群(文化遺産:2010年登録)

オーストラリアの囚人遺跡群はタスマニア州、ニューサウスウェールズ州、西オーストラリア州、ノーフォーク島などの11ヶ所に点在する遺跡です。1788年から1868年の間、英国の流刑地としての歴史を伝承する貴重な遺跡です。

遺跡はシドニー近辺から、タスマニア、ノーフォーク島および西オーストラリアのフリーマントルまで広範囲に及びます。当時、イギリスの司法当局により何万もの子どもを含む男女が懲罰として流刑に処され、植民地建設のための強制労働が行われました。この遺産は、かつて大規模な囚人移送が行われ、植民地拡大のためにその労働力が利用されていたことを今に伝えます。

▼西オーストラリア州

旧フリーマントル刑務所(Fremantle Prison)

©Fremantle Prison

 

ニンガルーリーフ ニンガルーリーフでジンベイザメと泳ぐ体験

オーストラリア各州の世界遺産

フライト検索

読み込み中...

重要情報

*表示の価格には空港使用料、諸税、諸手数料は含まれず、qantas.comでお支払いただく場合の運賃です。すべてのフライトでお席がご用意できるものではありません。一部のフライトは提携会社または関連会社の運航になります。価格はお支払が完了するまでは、確約されません。ご用意できる座席には限りがあります。プレミアムエコノミークラスをご利用の場合、乗継便がエコノミークラスのなる場合があります。ご予約いただく前に、運賃規則をご確認ください。出発直前の機材変更を含めて、スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

一部のフライトは政府および関係省庁の認可を条件としています。 

読み込み中...