タスマニア
タスマニア原生地域
タスマニア州の世界遺産

タスマニア州には2つの世界遺産があります。タスマニアの清々しい空気と水で作られたタスマニア原生地域と、歴史的背景を色濃く残すオーストラリアの囚人遺跡群をご紹介します。

タスマニアの世界遺産ガイド
地球上最もピュアな空気と水が残る島
タスマニア原生地域

タスマニア原生地域(複合遺産:1982・1989年登録)

タスマニア原生地域はオーストラリア大陸の南に浮かぶタスマニア島西部にある原生林。オーストラリア最大の自然保護区のひとつで、その面積は約138万ヘクタールに及びタスマニア州全体の20%を占めます。世界遺産にはクレイドルマウンテン、セントクレア湖国立公園、フランクリン・ゴードン・ワイルドリバーズ国立公園、サウスウエスト国立公園など人気の観光スポットも含まれています。

原生地域には、樹齢2,000年を超える巨木、高さ90mのユーカリ、6,500万年前の大陸移動を証明するナンキョクブナなど固有植物が生息し、内陸部に点在する渓谷では、氷河期の人類の足がかりとなる岩絵が描かれた洞窟も発見されています。地球上で最も空気がピュアといわれるこの島では、雨水や湖の水をそのまま飲むことができるほどです。

アクセス:クレイドル・マウンテン・セント・クレア湖国立公園へは、シドニー、メルボルン、ブリスベンから国内線でロンセストンまたはデボンポートへ。空港からは車で約2時間。

 

タスマニアの世界遺産ガイド
タスマニアの世界遺産ガイド
流刑の歴史や文化を伝承する貴重な遺跡
ポートアーサー

オーストラリアの囚人遺跡群(文化遺産:2010年登録)

オーストラリアの囚人遺跡群はタスマニア州、ニューサウスウェールズ州、西オーストラリア州、ノーフォーク島などの11ヶ所に点在する遺跡です。1788年から1868年の間、英国の流刑地としての歴史を伝承する貴重な遺跡です。

遺跡はシドニー近辺から、タスマニア、ノーフォーク島および西オーストラリアのフリーマントルまで広範囲に及びます。当時、イギリスの司法当局により何万もの子どもを含む男女が懲罰として流刑に処され、植民地建設のための強制労働が行われました。この遺産は、かつて大規模な囚人移送が行われ、植民地拡大のためにその労働力が利用されていたことを今に伝えます。

▼タスマニア州

ブリッケンドンとウールマーズ・エステート(Brickendon Estate and Woolmers Estate)

ダーリントン保護観察所(Darlington Probation Station)

ポート・アーサー史跡(Port Arthur Historic Sites)

炭鉱史跡(Coal Mines Historic Site)

カスケーズ女子工場(Cascades Female Factory)

タスマニアのポート・アーサー史跡や、ブリッケンドンとウールマーズ・エステートは、旅行者が訪れやすい場所に位置するユニークな世界遺産です。

タスマニアの世界遺産ガイド

タスマニア州の情報

オーストラリア各州の世界遺産

フライト検索

読み込み中...

重要情報

*表示の価格には空港使用料、諸税、諸手数料は含まれず、qantas.comでお支払いただく場合の運賃です。すべてのフライトでお席がご用意できるものではありません。一部のフライトは提携会社または関連会社の運航になります。価格はお支払が完了するまでは、確約されません。ご用意できる座席には限りがあります。プレミアムエコノミークラスをご利用の場合、乗継便がエコノミークラスのなる場合があります。ご予約いただく前に、運賃規則をご確認ください。出発直前の機材変更を含めて、スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

一部のフライトは政府および関係省庁の認可を条件としています。 

読み込み中...