ウルル
ウルル
ノーザン・テリトリーの世界遺産

ノーザン・テリトリー州には2つの世界遺産があります。亜熱帯の大自然とアボリジニ文化が作り出した「ウルル カタジュタ国立公園」と「カカドゥ国立公園」。オーストラリアを象徴する2つの複合遺産をご紹介します。

ウルル(エアーズロック)ガイド
悠久の歴史を今に伝える巨大な一枚岩
ウルル

ウルル - カタ・ジュタ国立公園 (複合遺産:1987・1994年登録)

ウルル・カタジュタ国立公園はオーストラリアのほぼ中央、ノーザンテリトリーの南部に位置し、世界で最大級の一枚岩「ウルル(エアーズ・ロック)」と36の奇岩「カタ・ジュタ」で形成される先住民族アボリジニの聖地です。

ウルル(エアーズ・ロック)は、高さ348m、外周9.4kmの赤い砂岩でできた巨大な一枚岩。6億年前には海底に沈んでいた砂岩層が長い年月を経て隆起し、侵食と風化により固い部分だけ残ったものが現在の姿と考えられています。地表に現れているのはほんの一部で、地下6kmの深さまで続いていると言われています。

ウルルから30km離れたカタ・ジュタ(マウントオルガ)は、アボリジニの言葉で「たくさんの頭」を意味し、36個の岩が集まった不可思議な場所。巨大な一枚岩のウルルとの対比は地球の壮大な歴史が創造したアートのようです。「風の谷」の名で知られるトレッキング・ルートを歩けば、風の音がはるか昔のドリームタイム(アボリジニの創世神話)へと導いてくれます。

どちらも古代のアボリジニたちの生活様式や儀式の跡が数多く残されています。

アクセス:シドニー、ケアンズ、パースから国内線でエアーズ・ロック空港へ。空港からは車で約10分。

ウルル(エアーズロック)ガイド
カカドゥ・ガイド
古代の息吹を感じる野鳥の楽園
カカドゥ

カカドゥ国立公園 (複合遺産:1981年・ 1987年・ 1992年登録)

カカドゥ国立公園はノーザンテリトリー準州北部のダーウィンから東へ約250kmに位置し、総面積は約2万平方キロメートル(四国とほぼ同じ大きさ)という広大な公園です。北部はチモール海へと注ぐ3つの大河と無数の支流が走り、マングローブが生い茂る緑豊かな湿地帯。一方、南部は乾燥した大地に荒々しい砂岩断層の渓谷が続きます。

動植物の楽園としても知られ、園内では1,600種類もの植物と200種類以上の鳥類、オーストラリアに生息する淡水魚の4分の1が観察できます。

また、カカドゥは先住民アボリジニが残したロックアート(壁画)が数多く現存することでも知られており、その一つノーランジー・ロックでは2万年以上も前に描かれた壁画が残っています。アボリジニのドリームタイム(神話)に登場する伝説の人物を描いた有名な壁画「雷男(ライトニングマン)」などを観賞することができます。

アクセス : ケアンズ、ブリスベン、シドニーから国内線でダーウィンへ。公園内の拠点となる町ジャビルへは車で約3時間。

 

カカドゥ・ガイド

ノーザン・テリトリーの情報

オーストラリア各州の世界遺産

フライト検索

読み込み中...

重要情報

*表示の価格には空港使用料、諸税、諸手数料は含まれず、qantas.comでお支払いただく場合の運賃です。すべてのフライトでお席がご用意できるものではありません。一部のフライトは提携会社または関連会社の運航になります。価格はお支払が完了するまでは、確約されません。ご用意できる座席には限りがあります。プレミアムエコノミークラスをご利用の場合、乗継便がエコノミークラスのなる場合があります。ご予約いただく前に、運賃規則をご確認ください。出発直前の機材変更を含めて、スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

一部のフライトは政府および関係省庁の認可を条件としています。 

読み込み中...