カンタスフライトクレジット

フライトクレジットの概要、利用できるケースについてご確認いただけます。

Alert icon

現在お問い合わせが集中し、お電話がつながりにくい状況が続いています。また、フライトクレジットの発行や他のオプションの処理にも時間を要しています。

旅行会社またはオンライン旅行業者を通じてフライトを予約されたお客様は、サポートについて予約元に直接お問い合わせください。

ご予約をお持ちのフライトに関する最新情報は、予約の照会または運航状況もご確認ください。

このページの内容

注意事項

フライトクレジットは、航空券代金を今後のご旅行に充当するために保持できる場合に発行されます。

予約を取り消すと、ご利用の運賃種別の条件によっては、カンタスフライトクレジットが提供されることがあります。

オンラインでキャンセルを行う場合は、予約の確認からフライトクレジットを作成できます。

フライトクレジットの使用

カンタスフライトクレジットは次の予約に限り使用可能です。

  • 新たな運賃額(キャリア・チャージ、手数料、税金を除く)が元の運賃と同額または元の運賃よりも高額で、新しい運賃の条件を満たしている予約。ただし、当初のご予約が2021年7月31日より前に行われた場合は、フライトクレジットは複数回のご予約にご利用いただけます。運賃の差額が生じる場合は、その差額を申し受けます。詳しくは、「フライトクレジットを複数の予約に使用する」の項目をご確認ください。
  • 当初の予約が行われた国/地域から出発する予約であること。自国以外で発行されたフライトクレジットをご使用になるには、ご予約時にお近くのカンタス航空までご連絡ください。

カンタスフライトクレジットは次の予約には使用できません。

  • フライトクレジットの金額よりも低額となる予約。ただし、当初のご予約が2021年7月31日より前に行われた場合は、フライトクレジットは複数回のご予約にご利用いただけます。詳しくは、「フライトクレジットを複数の予約に使用する」の項目をご確認ください。
  • 旅行がすでに開始されている予約の、アップグレードや追加運賃のお支払い。
  • 世界一周の予約またはジェットスターの予約。複数都市滞在のご予約については、お近くのカンタス航空までご連絡ください。

他の情報は、以下の諸条件をご確認ください。

フライトクレジットの使用方法

フライトクレジットは、以下の欄にバウチャー番号と姓を入力することでご使用いただけます。フライトクレジットの情報が表示されたら、「フライトの検索」のボタンをクリックし、ご希望のフライトを予約してください。

フライトクレジットを使用してフライトを予約

読み込み中...

以下の場合、フライトクレジットをオンラインで照会または使用することができない場合があります。

  • お客様のフライトクレジットが他のクレジットタイプ(カンタストラベルパスなど)に変換されている場合。当初のフライトクレジットにアクセスできない、またはフリークエント・フライヤーの予約やクレジット一覧に表示されない場合は、クレジット変換時に送信された確認メールに記載されている表示方法および使用方法をご参照ください。
  • 当初の予約で旅行を開始し、お客様の航空券が一部使用済になっている場合。フライトクレジットの確認メールが届いていない場合は、フライトクレジットのご使用についてお近くのカンタス航空までお問い合わせください。ご連絡の際には、当初の予約番号をお手元にご用意ください。
  • お客様のフライトクレジットが一部使用され、残額に対して新たなフライトクレジットが発行された場合。新しいフライトクレジット確認メールで最新の参照番号をご確認ください。
  • カンタス航空のアプリでフライトクレジットを確認しようとしている場合。デスクトップまたはモバイル端末のいずれかでアクセスしてください。

フライトクレジットがフリークエント・フライヤーやカンタスビジネスリワードの予約やクレジットリストに表示されておらず、クレジットが変換されていない場合は、上記のフォームからフライトクレジットの参照番号と苗字を使って予約を表示し、新規予約時にフリークエント・フライヤーやカンタスビジネスリワードの詳細を追加することができます。

旅行プランが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた場合

カンタス航空便をご利用予定のお客様で、予定の変更を希望される方は、予約変更と他のオプションをご確認ください。

ご搭乗便が欠航になった場合は、払戻しを含む他のオプションについてお近くのカンタス航空までお問い合わせください。

手数料について

フライトクレジットの発行に手数料は一切かかりません。ただし、当初の予約に手数料が定められている場合は、フライトクレジットの使用時にその手数料が適用されます。手数料が免除されている場合は除きます。たとえば、Red e-ディール運賃やセール運賃をご購入いただいた場合は、フライトクレジットの使用時に変更手数料を申し受けます。フライトクレジットの使用時に必要になる手数料は、当初の予約の運賃規則をご確認ください。カンタス航空が欠航を決定したフライトに対しては、手数料を一切いただきません。

追加条件

重要事項

  • フライトクレジットは譲渡できません。
  • フライトクレジットをご使用になるには、当初の予約に記録されていたすべてのお客様を含む予約を作成する必要があります。グループ内の一部のお客様が旅程の変更を希望される場合は、お近くのカンタス航空までご連絡ください。
  • 当初の予約のキャンセル条件が適用されます。詳細については運賃規則をご確認ください。
  • 2021年7月31日以前に行われた予約で、2019年1月31日以降に発行された未使用のフライトクレジットは、2023年12月31日までの予約および旅行に有効です。これがシステムに反映されるまで数週間かかります。フライトクレジットの申請は出発予定日より前にお済ませください。
  • 2021年8月1日以降のご予約のフライトクレジットは、当初のご予約日から12ヶ月以内のご予約およびご旅行に有効です。
  • 有効期限までにフライトクレジットが使用されなかった場合、当初の運賃規則で払戻し可能で、有効期限より前に払戻しの申請がされていない限り、フライトクレジットの残高は無効になります。

フライトクレジットを複数の予約に使用する

  • 当初の予約が2021年7月31日以前の場合、フライトクレジットは、残高がある限り、今後の複数のご予約にご利用いただけます。
  • ご使用に際しては、カンタス航空のフライトを予約し、すべての旅程を2023年12月31日より前に完了してください。
  • 一度の購入でフライトクレジットに記載の全額相当分をご使用にならなかった場合、同一有効期限のフライトクレジットを新たに発行します。
  • 当初の予約の運賃規則で払戻しが認められている場合、払戻しはフライトクレジットの使用前かつ有効期限より前に申請する必要があります。
  • フライトクレジットの使用開始後は、当初の予約の運賃規則は適用されません。有効期限までに使用されなかった残高は払戻しできず(オーストラリア消費者法を含む特定の状況下にある場合を除く)、無効になります。

複数都市滞在のご予約、ポイント・プラス・ペイのご予約、ジェットスターのご予約にご使用になるには、お近くのカンタス航空までご連絡ください。その際、予約変更手数料を申し受ける場合があります。