ラウンジのご利用

世界中に広がるラウンジネットワーク

このページの内容

特長

カンタスクラブ会員の方は、オーストラリア国内そして世界で、オーストラリアのどの航空会社よりも多くのラウンジをご利用になれます。

次に搭乗する同日乗り継ぎ便がカンタス航空またはジェットスターである場合は、毎回以下のラウンジをご利用になれます。

  • カンタスクラブ・ラウンジ(オーストラリア国内線にてご出発時)
  • カンタス国際線ビジネスラウンジ(オーストラリア国外)
  • ドバイにあるエミレーツ航空ビジネスクラスラウンジ
  • アメリカン航空のAdmirals Clubラウンジ。ラウンジの場所はアメリカン航空のウェブサイトをご覧ください。
  • カンタス航空からアラスカ航空のフライトに乗り継ぐ際、ロサンゼルス、シアトル、アンカレッジ、ポートランドの各空港にあるアラスカ航空ラウンジ。
  • 国際線の空港にカンタス航空またはパートナー航空会社のラウンジがない場合は、提携ラウンジ(英文)。 

ラウンジへの入室の際は、航空券または搭乗券とご一緒にカンタスクラブのカードをご提示ください。

会員ステータスそれぞれのラウンジのご利用については、カンタス・フリークエントフライヤープログラムの特典をご覧ください。

ラウンジの利用対象

カンタスクラブ会員の方がエミレーツ航空を含む提携航空会社のエコノミークラスにご搭乗される場合、カンタス航空およびカンタスクラブ提携航空会社ラウンジをご利用になるには、カンタス航空(QF)便名で予約をする必要があります。

QF便は、オーストラリアおよびニュージーランドを発着するエミレーツ航空の全便、ドバイ、ヨーロッパ、中東間の主要都市、およびアフリカの主要都市を発着するほとんどの便で展開しております。QF便名のフライトをご予約いただくだけで、ご予約メンバーシップをフルに活用し、ご搭乗前のひとときをラウンジでお過ごしいただけます。

カンタスクラブ会員は、搭乗するフライトがカンタス航空またはジェットスターの便名である場合もカンタスクラブ・ラウンジをご利用いただけます。

同伴者

ご家族、ご友人、ご同僚をラウンジにお連れになることができます。

  • オーストラリアおよびニュージーランドの国内線カンタスクラブ:同伴者1名様をお連れになることができます。
  • 国際線ラウンジ:同伴者1名様をお連れになることができます。会員ご本人様と同伴者様が同日の同じフライトで出発されることが条件です。

お子様のご利用につきましては、下記のお子様のご利用ガイドに基づきカンタスラウンジにお子様をお連れになることができます。18歳以上のお子様は同伴者1名様とみなされます。

ゲストまたはお子様のみでは、無料招待券を含むラウンジアクセスパスをご利用いただけません。あらかじめご了承ください。

お子様のご利用ガイド

お子様の入室には、下記のポリシーが適用されます。カンタスクラブでは、1メンバーシップにつき同伴者1名までという上限を設けています。

カンタス航空が運営するラウンジでは、法律で飲酒が認められている年齢に達していないお客様には大人の同伴者が必要です。法律で飲酒が認められている年齢は国や地域によって異なります。

ラウンジの種類 お子様の年齢 お子様の人数
カンタス航空が所有・運営するラウンジ(英文)

0〜3歳

4〜17歳

18歳以上

入室無料

お子様2名様まで入室無料

大人の同伴者とみなされます

アメリカン航空が所有するラウンジ 18歳未満 お子様は全員同伴者数に入ります
エミレーツ航空のラウンジ 0〜17歳 お子様は全員同伴者数に入ります
提携ラウンジ(英文) ラウンジによって異なります ラウンジによって異なります

カンタス空港が所有・運営するラウンジにお子様3名以上をお連れになる場合は、カンタスラウンジの責任者が混雑状況を確認のうえ、お子様にも入室いただけるよう尽力します。

ラウンジパス購入のご案内

ご搭乗前は、空港の喧騒から逃れて静かなラウンジでお過ごしになりませんか。カンタス・フリークエントフライヤーの方には、フライトの2〜5日前にラウンジアクセスパス購入のご案内のEメールが届くことがあります。カンタスクラブ会員がご利用いただける特典を体験いただけます。詳細およびご購入はご案内のEメール、または、利用規約をご参照ください。

ご案内はカンタス航空の独断で送付しておりますことをご理解ください。

重要情報

Disclaimer: Disclaimer: * 場所によって営業時間が異なりますので、各ラウンジのご利用については利用規約をご参照ください。
~ トムブラッドレー国際線ターミナルのoneworldラウンジを除きます。カンタス航空の会員は18歳までのお子様2名様までをお連れになることができます。
** 提携ラウンジのお子様のご利用に関する規定は、各空港およびラウンジを運営する航空会社によって異なります。