カンタス航空のB737-800

さらなる快適さと機内エンターテインメントの充実により、これまでにない新しい国内線の空の旅をお楽しみいただけます。

このページの内容

機内の環境とサービス

エコノミー

エコノミークラスには、マーク・ニューソンがデザインを手がけた、前後の間隔76.2cm、リクライニング12.7cm、横幅43.7cmのシートを採用しています。一部の航空機には、23cm(9インチ)の機内エンターテインメント用タッチスクリーン式モニター、個別のUSB差し込み口、PC用電源、4通りの調節が可能なヘッドレスト、人間工学に基づいたクッションも備えています。

ビジネス

ビジネスクラスの客室は、安らぎとくつろぎを考慮してデザインされています。
座席はマーク・ニューソンがデザインを手がけたカンタス航空特製シートをご用意。高級感があるソフトレザーをあしらったシートのサイズは、前後の間隔94cm、肘掛けから肘掛けまでの間隔最大56cmです。一部の機材の座席には、アームレスト内に収納された27cm(10.6インチ)の機内エンターテインメント視聴用のタッチスクリーン式モニター、伸縮可能なレッグレストと折りたたみ式フットレスト、カクテルテーブル、PC用電源、USB差し込み口も備えています。

 B737-800の座席表はこちら。

目的地

B737は、オーストラリア国内線の大多数の路線で使用しています。
オーストラリアから、南太平洋とオセアニア間(ニュージーランド、デンパサール、パプアニューギニア、ニューカレドニアなど)を旅行する際に、B737にご搭乗いただく機会があります。より詳しいフライト情報はタイムテーブルにてご確認ください。

重要事項

Disclaimer: Disclaimer: ^ 一部のB737-800機材では、各座席の背面にモニターを設置しています。それ以外のB737-800型機では、カンタス・エンターテインメント・アプリを利用してお持ちのデバイスで機内エンターテインメントのコンテンツをご視聴いただくこともできます。
*国内線を運航するボーイング737-800型機のみ。