グループ企業

カンタス航空は、中心事業の旅客や貨物の輸送の他にも、カンタス・リンクやジェットスターとなどのグループ企業があり、機内ケータリングや旅行手配などの関連事業を運営しています。

カンタス・リンク

カンタス・リンク

カンタス・リンクは、オーストラリア国内のローカル路線やオーストラリアとパプアニューギニアのポート・モレスビー間の56の都市や地域を結び、毎週約2000便を運航している航空会社です。

カンタス・ケータリング・グループ

Qケータリング

カンタス・ケータリング・グループは、2つの機内食事業(Qケータリングおよびスナップ・フレッシュ)を運営する、カンタス航空の完全子会社です。Qケータリングは、オーストラリア国内の5つの空港(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、パース)拠点としてケータリング事業を行っています。スナップ・フレッシュは、クィーンズランドに建てられた最新式の工場で、機内食製造のほか、航空業界以外の食の市場にも製造・出荷しています。

カンタス・フレート(貨物)

カンタス貨物

カンタス・フレート(貨物)は、カンタスとジェットスター、ジェットスターアジアの国際線全便、およびボーイング747-400F貨物機とB767-300F貨物機で、貨物を輸送しています。また、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、およびロサンゼルスでは、自社が運営する取り扱い施設があります。これらの施設はオーストラリアでも最大の貨物ターミナルに数えられており、カンタス航空やジェットスター航空機のみならず、その他多数の航空会社の貨物も取り扱っています。

エクスプレス・グランド・ハンドリング

エクスプレス・グランド・ハンドリング

エクスプレス・グラウンド・ハンドリングは、カンタス航空の完全子会社で、カンタス・エアポーツ・アンド・ケータリング・グループのメンバーであり、ジェットスターや地方の航空会社の一部に対して、地上での取り扱いサービスを包括的に提供しています。

カンタス・ホリデーズ

カンタス・ホリデーズ

カンタス・ホリデーズは、オーストラリアで大手旅行会社のひとつ、ジェットセット・トラベルワールド・グループの一員です。カンタス・ホリデーズはカンタスのネットワークや提携航空会社、共同運航便を活用した幅広い旅行商品を取り扱っています。
2010年9月30日、カンタス・ホリデーズ、カンタス・ビジネス・トラベルとジェットセット・トラベルワールドの小売グループを包括する、ジェットセット・トラベルワールド・グループはステラ・トラベル・サービスと合併しました。合併した会社はジェットセット・トラベルワールド・グループとしてオーストラリア証券取引所に上場しています。

ジェットスター

ジェットスター

ジェットスターグループは、レジャー路線に運航する航空会社のネットワークで、お客様が受けられるサービスに基づいた価格設定を行うことで、低価格運賃を日々提供しています。

ジェットスターグループは次の会社で構成されています。

  • ジェットスター航空 - オーストラリアとニュージーランドを拠点としており、カンタスグループが全額を出資しています。
  • ジェットスター・アジア - シンガポールを拠点としており、カンタス(49%)とシンガポールの会社Westbrook investments(51%)がそれぞれ出資しています。
  • ジェットスター・パシフィック - ベトナムを拠点としており、ベトナム航空(70%)とカンタスグループ(30%)がそれぞれ出資しています。
  • ジェットスター・ジャパン - 日本を拠点としており、日本航空、三菱商事、東京センチュリーリース、カンタスグループが出資しています。
  • ジェットスター香港 - 中国東方航空、Shun Tak Holdingsとカンタスグループが出資をしています。(関係省庁の許認可を条件とします)

ジェットスターグループは、115機材を保有し、現在アジア太平洋地区において、週4,000便以上を17カ国、60都市以上に運航しています。

ジェットスターグループは、2004年に運航を開始して、アジア太平洋地区で最も高収益を上げたLCCの一つに成長しました。 ジェットスターグループは設立以来、1億4,000万人以上のお客様にご利用をいただいております。

ジェットスターグループは、メルボルン本社を含め、アジア太平洋地区で約7,000人以上の雇用機会を創出しています。