機内持込手荷物

安全で快適にご利用をいただくため、機内持込手荷物の要件をご確認ください。
graphic

機内持込手荷物は次の条件を満たさなければなりません。

  • 前の座席の下または頭上のロッカーに収納が可能であること
  • 機内持込手荷物許容量を超えないこと
  • 危険品(英文)を含まないこと

上記の条件を満たす手荷物でも、機内に持ち込むことが安全でないとカンタス航空が判断する場合は、搭乗時にお預けいただく場合があります。

ご出発前に運送約款もご参照ください。

機内持込手荷物

カンタス航空便とカンタスリンク便の大人と子供の(幼児除く)機内持込手荷物許容量は次のとおりです。(楽器については楽器の項目をご覧ください)

ジェットスターのお預け手荷物については、ジェットスターのウェブサイトでご確認ください

米国発着便のみ:お体の不自由なお客様が使用される移動補助器具の個数制限はありません。 機内持ち込み手荷物にも含まれません。

路線 個数および3辺合計の制限 重量制限

オーストラリア国内線便(Dash 8機材での運航便を除く)

すべてのクラス:
  •  105cm (41in)のバッグ2個 または
  •  105cm (41in) のバッグ1個 および 185cm (73in)のやわらかい材質のガーメントバッグ1個 または 115cm (45in) のバッグ1個
1個につき7kg (15lb) 
Dash 8 機材での運航便
  • 105cm (41in)のバッグ1個
合計7kg (15lb)

 

 

国際線便

 

 

 

ファースト/ビジネス/プレミアム・エコノミークラス:
  • 115cm (45in)のバッグ2個 または
  • 115cm (45in)のバッグ1個 および 185cm (73in)のやわらかい材質のガーメントバッグ1個
エコノミークラス:
  • 115cm (45in)のバッグ1個 または
  • 185cm (73in) のやわらかい材質のガーメントバッグ1個
1個につき7kg (15lb) 

機内持ち込みできる大きさの上限

大きさの上限とは、たて、よこ、奥行きの3辺を合計したものをいいます。

手荷物の3辺合計
よこ    たて    奥行き    3辺合計
48cm (19in) + 34cm (13in)  + 23cm (9in)  =  105cm (41in) 
56cm (22in)  + 36cm (14in)  + 23cm (9in)  =  115cm (45in) 
60cm (24in)  + 114cm (45in) + 11cm (4in)  =  185cm (73in)
やわらかい材質のガーメントバッグ
81cm (31.9in) + 30(11.8in) + 19cm(7.5in) =  130cm (51in)
楽器

機内持ち込み手荷物許容量に加えて、ハンドバッグ、ノート型パソコン*、オーバーコート、小型カメラ、機内でお読みになる書籍類、少量の免税品(持ち込みを許可されている場合)などのうち、携行品を一点、お持込いただけます。

*ノート型パソコンは薄型のケースに入っている場合に限り携行品とみなします。キャリーバッグ入りのノート型パソコンは、機内持ち込み手荷物の1個分として数えます。
子供と幼児

子供の旅客: 大人の旅客と同量の機内持ち込み手荷物をお持ちいただけます。

幼児の旅客: 幼児の旅客には許容量がありません。 機内で必要な、幼児の食事、おむつは、大人の旅客の手荷物許容量に追加して機内へ持ち込むことができます。

楽器

ハードケースに梱包された楽器で、7キロを超えないもので、かつ上記の大きさを超えないものについては、機内持ち込み手荷物の1個とみなすことができます。 楽器は頭上のロッカーに収納しなければなりません。

ケースの3辺の合計が105cm以内のものは、105cmの機内持ち込みのバッグ1個とみなします。 105cmを超えるもので、130cm以内のものは、115cmの機内持ち込みバッグ1個とみなします。

空港ご到着前に、楽器の寸法をご確認ください。 例えば、バイオリンのような小型の楽器は通常、機内持ち込みのサイズ内となりますが、ギターのような大型の楽器は通常、サイズ外となります。 3辺の合計130cmを超える大型の楽器は、お預けいただくか、追加の座席を購入いただくことが必要です。詳細は大型の手荷物の項目をご参照ください。

楽器を頭上のロッカーに収納するために、早めのご搭乗をおすすめいたします。 すべての手荷物は、保安検査の対象となります。 詳細はオーストラリア政府のTravelSECUREをご参照ください。

大型の手荷物

大型の手荷物は1個に限り、以下の条件を満たすことで、機内へ持ち込みできます。 (Dash 8機材での運航便を除く)

  • 重さが7キロを超えないもの
  • 3辺の合計が下記の表の大きさを超えないこと
  • 手荷物収納用の追加の座席を購入すること
  • 手荷物を座席に固定するための取っ手がついていること
  • ご予約時に大型手荷物用追加座席が必要の旨、お申し出いただくこと

詳細およびご予約はカンタス航空予約部(日本国内 03-6833-0700、オーストラリア国内 131313)へお問い合わせください。 その他の地域ではお近くのカンタス航空へお問い合わせください。

大型手荷物の例: 外交関連の手荷物、 チェロなどの大型楽器、 芸術作品、 技術関連の装置など

追加座席を購入する場合の手荷物の大きさの上限

ご利用クラス よこ たて 奥行き 3辺合計
ファースト  74cm (29in)  + 51cm (20in)   + 53cm (20.8in) = 178cm(69.8in)
ビジネス  71cm (28in)   + 50cm (19.5in) + 48cm (19in)      = 169cm(66.5in)

エコノミー

 71cm (28in) + 43cm (17in) + 44cm (17.5in)   =  158cm(62in)

 

上記サイズを超える大型のものは、カンタス航空運航部門の承認が必要となります。

液体物、エアロゾル、ゲル、粉末、注射器

オーストラリアの国際空港から、国際線および国際線の国内区間をご利用の場合、すべての液体物、エアロゾル、ゲル状のもの(以下LAG類と表記)、粉末、注射器は手荷物検査を受けなければなりません。洗面用具、化粧品などのLAG類は、100ml以下のもののみが持込可能ですが、透明の再封入可能な袋にお納めいただき、手荷物検査上で検査を受ける必要があります。

オーストラリアの国際線空港(シドニー、ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、メルボルン、アデレード、パース)で乗継をする場合、手荷物検査を通過後に購入をされたLAG類の免税品は次の国際線フライトへお持込いただけます。

機内に持ち込む、すべての粉末は手荷物検査場にて提示をしなければなりません。粉ミルク、粉末プロテイン、および大方の化粧品などの有機粉末の持込みに制限はありません。塩、砂、タルカムパウダーなどの無機粉末は350mlまたは350gを超える量を持ち込むことはできません。医療、治療用の製品、遺灰にはこの規制は適用しません。

LAG類および粉末の免税品は空港の免税店また到着便の機内の免税販売にて購入する必要があり、購入を証明する領収書があり、未開封を証明できる梱包のものに限ります。
オーストラリアで手荷物検査を受けて機内へ持込みできるLAG類、粉末でも、乗継時に他の国の手荷物検査で没収をされる可能性があります。詳細についてはTravelSECURE(英文)にてご確認ください。

接続便で米国への便を利用される場合は、免税店で購入されたもので未開封を証明できる梱包のものに限り、100mlを超えて機内持込手荷物に含めることができます。
手荷物検査場で検査をうけることができず、検査を通過できない液体物は持込できません。不透明の容器、陶器、金属性のボトル、スキャンすることができない容器に入った液体物がこれに該当します。

注射器を持ち込みされる場合は、空港の手荷物検査場で申告しなければなりません。機内での医療のため注射器の使用が必要であることを証明する書類を携行いただく必要があります。詳細はMedical Assistance(英文)をご確認ください。

保安検査

各空港での保安検査については、オーストラリア政府TravelSECURE、または、または国土交通省ウエブサイト、航空機を利用される方へ ご参照ください。

  • 空港によって、搭乗口までの距離が長い場合があり、機内での収納スペースに限りがあるので、機内持ち込み手荷物はできるだけ軽くされることをおすすめいたします。
  • 破損の恐れのある物品をお持ちの場合は、適切な梱包をほどこしてください。
  • 常備薬、処方箋は機内持ち込み手荷物にお入れください。
  • ノート型パソコンは次の条件を満たすことが必要です。
    - 法令に遵守していること
    - 保安検査を受けること
    - 離着陸時には使用しないこと
    - ノイズを発しないこと - プリンターは機内では使えません。
    - 航空機の電源に影響を与えないこと

上記に加え、カンタス航空の危険品(英文)に関する規定に適合する必要があります。