ウィランドラ湖群地域

ウィランドラ湖群地域

2万年前の人類の足跡が発見されたアボリジニの聖地

ニュー・サウス・ウェールズ州南西部の砂漠地帯に広がる4万年前の湖の跡。「ウォール・オブ・チャイナ(万里の長城)」と呼ばれる、湖底の砂と粘土層が侵食してできた三日月型の砂丘が33kmも続く。総面積24万ha。多くの巨大有袋類や植物などの化石、人類最古の火葬女性の骨が発見され、現在でも研究者が発掘を続けている。2005年には2万年前の人類の足跡が発見された。ビジター・センター周辺にはキャンプ・サイトがある。キャンピング・カーや牽引用キャンピング・トレーラーでの滞在向き。

複合遺産/1981年登録

アクセス

メルボルンから国内線でミルドゥラを経由し陸路で。 またはアデレードから陸路8時間北上。