オーストラリアの哺乳類化石地域(ナラコート/リバースレー)

オーストラリアの哺乳類化石地域(ナラコート/リバースレー)

世界の化石の宝庫 - ナラコート洞窟

アデレード南東部に位置する世界有数の化石発掘地帯ナラコート。ビクトリア洞窟から17万年以上前に絶滅した動物「フクロライオン」の化石がほぼ完全な形で発見され1994年に世界遺産に登録された。また、肉食カンガルーや大ニシキヘビなどの化石も多数発掘され、現在も発掘が続いている。60以上ある洞窟のうち一般公開は4つの洞窟(ビクトリア洞窟、アレクサンダー洞窟、バット洞窟、キャセドラル洞窟)のみ。うち3つで内部を見学するガイドツアーが毎日催行。また、ビジター・センターのウォナンビ化石センターでは、古代生物に関する展示がされており、一般に公開されている。

生命の軌跡をたどる - リバースレー

ナラコートと同時に自然遺産に登録された、クイーンズランド州北西部に位置する化石発掘地帯リバスレー。発掘される化石から生物がどのように環境の変化に対応したかを知る手がかりとなっている。現在は旅行者の立ち入りは禁止されているが、世界最大の鉱山町として知られるマウント・アイザの観光案内所を兼ねたリバースレー・フォッシル・センターで、発掘された化石を見ることができる。

アクセス

ナラコート洞窟:
アデレードから車で南東部へ約4時間。
リバースレー:
ケアンズ空港から車で内陸に約13時間。