会員規約

2018年7月24日発効

1. はじめに

1.1 本会員規約は、カンタス・フリークエントフライヤーの基盤です。本会員規約は会員とカンタスグループの両者を保護することを目的としています。本会員規約を読み、理解することは会員の責任です。

1.2 本会員規約は、上記の日付に発効し、カンタス航空により適宜改定されることがあります。最新の利用規約は、本ウェブサイトで閲覧できます。会員は、カンタス・フリークエントフライヤーへの入会時に利用規約の写しを受け取り、重要な変更がある場合、第3.2条に従って通知を受けます。

1.3 すべての会員は、本会員規約に拘束されます。

1.4 会員がカンタス・キャッシュを有効化した場合、本会員規約に加え、該当するPDSも適用されます。

2. 定義

2.1 文脈上他の意味に解すべき場合を除き、本会員規約において、

「承認済決済カード」 とは、クレジットカード、チャージカードまたはデビットカードの一つ(カンタスバウチャーとクレジットバウチャーを除きます)で、会員が、決済、カンタス・キャッシュ®またはカンタス航空が随時承認するその他の形式の決済を行うために使用しなければならないものをいいます。

「有効会員」とは、ある時点において、その時点から過去の連続した18ヶ月間において、そのメンバーシップ・アカウントにカンタス・ポイントまたはステータス・クレジット(対象家族会員とのポイント移行、あるいはカンタスビジネスリワードからのポイントの移行の一切を除きます)を獲得または引き換えをした会員をいいます。

「航空会社ポイント加算表」とは、この名称の表題のqantas.comに配置される表をいいます。

「航空会社パートナー」とは、カンタスグループ企業が会員に対し、かかる航空会社の特定のフライトに搭乗する場合、またはカンタス・ポイントをかかる航空会社の特定のフライトを利用した旅行に引き換える場合にポイントを獲得すること、もしくはその両方を定める契約を締結している航空会社(ワンワールド®アライアンス航空会社を除きます)をいいます。

「応答月」とは、ある会員がカンタス・フリークエントフライヤーに入会した月(年度にかかわらず)をいいます。

「アワード」とは、2017年2月23日まで有効な、会員がフリークエントフライヤーを通じてカンタス・ポイントを引き換えるうえで取得することが適格であるとカンタス航空が指名する非航空会社パートナーの製品またはサービスをいい、リテールアワードを含みます。2017年2月24日以降については、'リワード'の定義をご参照ください。

「基本レート」とは、航空会社ポイント加算表において指定される該当の「基本レート」により、対象フライトにおいて会員が取得するカンタス・ポイント数をいいます。

「特典」とは、カンタス・フリークエントフライヤーのメンバーシップの結果として会員に提供されるもしくは会員が利用できる施設、割引、サービスまたは取り決めをいい、ポイントおよびリワードの取得および引き換えをいいます。

「ビッド・ナウ・アップグレード」 とは、qantas.comの会員規約に基づき規定するアップグレード・オプションをいいます。

「キャビンクラスボーナス」とは、対象フライトによる特定のクラスの旅行に付与される追加のカンタス・ポイントをいいます。キャビンクラスボーナスは、2014年7月1日以降のカンタス航空とジェットスター航空および、2015年12月1日以降のパートナー航空会社での旅行には適用されません。

「本カード」とは、カンタス航空が会員に発行し得るカンタス・フリークエントフライヤー・メンバーシップカードをいい、カンタス・キャッシュ®を含むことがあります。

「クラシック・フライトリワード」とは、カンタス航空(QF)またはワンワールドアライアンス航空会社もしくは航空会社パートナー(ジェットスター航空を含みます)の便名を用いた1回または複数回のフライトの航空券および予約ならびに、会員が本会員規約に従ってカンタス・ポイントを引き換えることによりカンタス・フリークエントフライヤーを通じて取得する"クラシック・フライトリワード"として規定するものをいいます。

「クラシック・アップグレードリワード」または「フライト・アップグレード・アワード」または「アップグレード・アワード」とは、カンタス・ポイントの引き換えによって、運賃を支払ったクラスより上位の客室で旅行することをいい、詳しくは第16条および第17条に記載され、オン・デパーチャー・リワードを含みます。

「コードシェア便」とは、航空券に航空会社コードまたは一社の航空会社の数値が記載されているが、機材については別の航空会社が運航するフライトをいいます。

「クラシック・フライトリワード混合予約」とは、1回または複数回のクラシック・フライトリワードフライトと、1回または複数回のクラシック・フライトリワードフライト以外の便を含むリワード旅程表をいいます。

「無料ゴールド・メンバーシップ」とは、第20.4に従ってプラチナ会員の家族または友人に与えられる無料ゴールド・フリークエントフライヤーのステータスレベルをいいます。

「無料プラチナ・メンバーシップ」とは、第20.5に従ってプラチナ・ワン会員のパートナーに与えられる無料プラチナ・フリークエントフライヤーのステータスレベルをいいます。

「ポイント可算イベント日」 とは、第9.2.2条(b)項 (i) または (ii)(場合に応じ)に定めるイベントの一つをいいます。

会員の「対象家族会員」とは、以下に記載するいずれかの方法により、カンタス航空が合理的に満足するよう当該会員に関係することを会員が証明できる方をいいます。

  • 夫/妻
  • 父母/継父・継母
  • 家庭内パートナー/デ・ファクト
  • 子(養子と継子を含む)
  • 兄弟/姉妹
  • 異父(異母)兄弟/姉妹
  • 祖父母
  • 義理の息子/娘
  • 義理の兄弟/姉妹
  • 義理の父母
  • 叔父/叔母
  • 甥/姪
  • いとこ

「対象フライト」とは、第9.3.1条に定める意味を有します。

「対象カンタス・キャッシュ®会員」とは、年齢が16歳以上であり、オーストラリアまたはニュージーランドの住居がカンタスロイヤルティに記録された会員をいいます。

「エミレーツ」とは、エミレーツのグループ企業が、"エミレーツ"ブランドのもとで運航する国際的航空会社であるエミレーツをいいます。

「Eチケット」とは、電子的に発行され、紙の航空券が発行されない予約に関する旅程表および/または領収証をいいます。

「運賃条件」または「運賃規則」とは、記載の有無にかかわらず、1回または複数回のフライトに関し適用される運賃、航空券または運送の一切の条件をいいます。

「手数料表」とは、qantas.comに掲載されるカンタス・フリークエントフライヤーサービスの手数料表をいいます。

「フライト」とは、一つの便名がある予定された航空輸送における片道便(途中降機なし)をいいます(旅行において機材の変更の有無を問いません)。旅行に便名の変更が含まれる場合、機材の変更がなくとも、それぞれの変更が新規のフライトとなります。

「フライト区間」とは、フライトが現在行われているまたは予定されている区間をいいます。

「フリークエントフライヤー・サービスセンター」とは、カンタスグループ企業によりまたはその代理で運営され、メンバーシップ情報を処理するおよび/またはカンタス・フリークエントフライヤーの管理を行うセンターをいいます。

「旅程表」とは、カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社または航空会社パートナーが保有する、旅行または旅行の予定についての詳細な記録をいいます。

「ジェットスター航空」とは、ジェットスター(JQ)、ジェットスター・アジア(3K)、ジェットスター・ジャパン(GK)およびジェットスター・パシフィック(BL)のそれぞれをいいます。

「jetstar.com」とは、jetstar.comで閲覧可能なインターネットサイトをいいます。

「ロイヤルティボーナス」とは、第20.8条に基づき獲得した、カンタス・ポイントまたはステータス・クレジットのボーナスの選択をいいます。

「マーケティング航空会社」とは、航空会社のコードまたは番号(例えば、カンタス航空の場合「QF」)が航空券に記録されている航空会社をいいます。

「会員」とは、カンタス・フリークエントフライヤーの会員である者をいいます。

「メンバーシップ」とは、カンタス・フリークエントフライヤーのメンバーシップをいいます。

「メンバーシップ・アカウント」とは、qantas.comにおいて会員がオンライン上で閲覧可能な会員のメンバーシップの記録をいいます。

「メンバーシップ年度」とは、会員の応答月の翌月の初日に開始し、翌年の会員の応答月の最終日に終了します。

「最低ポイント保証」とは、選択された対象フライトにおいて会員が取得し、航空会社ポイント加算表において「最低ポイント保証」の列に明記されるカンタス・ポイントの最低数をいいます。

「非航空会社パートナー」とは、カンタスグループ企業が会員に対し、特定の商品もしくはサービス(またはカンタスグループ企業と別途合意するもの)を取得する場合、またはカンタス・ポイントを特定の商品またはサービスに引き換える場合にポイントを加算すること、またはその両方を定める契約を締結している航空会社以外の法人をいいます。

「オン・デパーチャー・アップグレードリワード」または「オン・デパーチャー・アップグレード」とは、第17条に従って出発日に、カンタス航空の国内便に引き換えられるクラシック・アップグレードリワードです。

「ワンワールドアライアンス航空会社」とは、随時ワンワールド®アライアンスのメンバーとなる航空会社をいいます。ワンワールドメンバーの一覧をご覧ください。

「ワンワールド・クラシック・フライトリワード」は、第14.5.1条に定義されています。

「運航航空会社」とは、コードシェアフライトにおいて航空機を運航する航空会社をいいます。

「パートナー」とは、主要会員と同一の住所に居住する配偶者またはデ・ファクト関係(1975年連邦家族法の意味において)にあるパートナーをいいます。

「PDS」とは、 カンタス・キャッシュ®製品開示声明および、オーストラリアに居住する会員についてはwww.qantascash.com、ニュージーランドに居住する会員についてはwww.qantascash.co.nzにおいて閲覧できる利用規約(随時の改定を含みます)をいいます。

「PIN」とは、カンタス航空が会員に発行する、または会員が指名しカンタス航空が承諾する(場合に応じ)個人識別番号をいいます。これは、オンライン上のメンバーシップにアクセスするため、また認証目的により使用されます。これは、カンタス・キャッシュ®のために発行または指名されるPINとは異なります。

「プラチナ・ボーナスリワード」とは、プラチナ・ワンまたはプラチナ会員が、第20.4条に基づきメンバーシップ年度において2,400ステータス・クレジットに達した時点で多くのオプションから選択できるリワードをいいます。

「ポイント」または「カンタス・ポイント」または「カンタス・フリークエントフライヤーポイント」は、別段の規定がない限り、本会員規約に基づきカンタス・フリークエントフライヤーの会員に与えられるフリークエントフライヤーポイントをいいます。別段の明確な定めがない限り、"ポイント"は、カンタスビジネスリワード会員がカンタスビジネスリワード・プログラムを通じて取得したカンタス・ポイントを含みません。ポイントは、本会員規約ならびに、カンタス・フリークエントフライヤーのマーケティングおよびコミュニケーションにおいて「カンタス・ポイント」としても言及されます。

「ポイント・プラス・ペイ」とは、本会員規約に従ってリワードを受け取るための、承認済決済カードによるカンタス・ポイントの引き換えと金銭の支払いをいいます。

「ポイント・プラス・ペイのフライト」とは、以下をいいます。

(a) カンタス航空(QF)の便名での1回または複数回のフライトの航空券および予約、または
(b) カンタス航空(QF)の便名での1回または複数回のフライトの航空券および予約に加え、カンタスが、ポイント・プラス・ペイのフライトの一部としてかかるカンタス航空(QF)便と共に予約可能とするカンタスインターライン航空会社での1回または複数回のフライトによる以降の旅行の航空券および予約(もしくは予約)、または
(c) ジェットスター(JQ)、ジェットスター・アジア(3K)、ジェットスター・ジャパン(GK)またはジェットスター・パシフィック(BL)の便名による1回または複数回のフライトの予約で、予約の一部としてその他の製品またはサービスを含むことがあります。
(d) ジェットスター(JQ)の便名での1回または複数回のフライトの予約に加え、カンタス航空が、ポイント・プラス・ペイのフライトの一部としてかかるジェットスター(JQ)便と共に予約可能とし、カンタス航空またはジェットスター(場合に応じ)が「ポイント・プラス・ペイのフライト」として記載する、カンタス航空および/またはカンタスインターライン航空会社での1回または複数回のフライトでの以降の旅行の予約(またはチケットおよび予約)で、

会員が、本会員規約に従ってカンタス・ポイントの引き換えのみにより、またはカンタス・ポイントの引き換えおよび金銭の支払いによって、カンタス・フリークエントフライヤーを通じて取得するもので、クラシック・フライトリワードを含みません。

「優先エコノミークラスシート購入」とは、プラチナ・ワンおよびプラチナ会員の特典で、第20.7条の条件により定められています。

「カンタス航空」とは、Qantas Airways Limited ABN 16 009 661 901をいいます。

「カンタスビジネスリワード・ロイヤルティ・プログラム」または「カンタスビジネスリワード」は、qantas.com/businessのウェブサイトに掲載され、カンタスビジネスリワード・ロイヤルティ・プログラム(旧アクワイヤー、またはその後継プログラム)として知られるロイヤルティ・プログラムをいいます。

「カンタス・キャッシュ」とは、オーストラリアに居住する会員の本カードで利用可能な多通貨リローダブルのプリペイド機能または、ニュージーランドに居住する会員のカードで利用可能な無担保債務機能をいいます。かかる機能を利用する場合には適用されるPDSを条件とし、かかる機能は対象のカンタス・キャッシュ会員のみが利用可能です。

「カンタスクラブ」とは、空港ラウンジの同名のプログラムをいいます。

「カンタス・エミレーツアライアンス」とは、カンタス航空とエミレーツが、2012年9月6日付の両者間マスターコーディネーション契約(随時の改定と書き換えを含みます)により想定されるそれぞれの商業取引にかかる様々な面で協力するアライアンスをいいます。

「カンタス・フリークエントフライヤー」とは、カンタスグループ企業が運航するフリークエントフライヤープログラムをいいます。

「カンタスグループ」とは、すべてのカンタスグループ企業をいいます。

「カンタスグループ企業」とは、カンタス航空または随時カンタス航空と関係する法人(当該用語は、2001年連邦会社法に定めるとおり)をいいます。

「カンタスインターライン航空会社」とは、カンタス航空がポイント・プラス・ペイのフライトの一環としてのフライトの予約を(随時)可能とする航空会社(カンタス航空を除く)をいいます。

「カンタスロイヤルティ」とは、カンタス・フリークエントフライヤーの管理の責任を負うカンタスグループ企業をいいます。

「カンタス・ポイント」は、ポイント(上記に定義するとおり)と同じ意味を有します。

「カンタスストア」とは、会員が、カンタス・ポイントの引き換えにより、またはカンタス・ポイントの引き換えと金銭の支払いならびに、本会員規約およびストア利用規約に従って特定されたすべての追加料金、手数料、料金、GSTおよび税を支払うことにより、小売商品もしくはサービスまたはバウチャー(リワードフライトおよびクラシック・アップグレードリワードを除く)を得ることができるサービス(カンタスストアまたはカンタス・フリークエントフライヤー・ストアまたはQFFストアまたはストアといいます)をいいます。

「qantas.com」とは、本インターネットサイトをいいます。

「関連会員」とは、以下の会員をいいます。

(a) 2013年3月31日以降に初めてメンバーシップを得た者
(b) メンバーシップの開始後に、エミレーツが運航する区間を8区間を超えて利用した者

「返金可能部分」とは、リワードフライト区間または旅程表の区間にかかる未使用の返金可能な部分の想定ドル価で、カンタスロイヤルティが元の運賃または商用チケット価額に基づき割り当てるもので、適用される運賃規則が定める該当の解約料(または払い戻し料金)より低額の金額をいいます。

2017年2月23日まで有効な「小売アワード」とは、会員が、本会員規約およびカンタスストアの利用規約に従ってカンタスストアを通じ取得可能な商品、もしくはサービスまたはバウチャーをいいます。

2017年2月24日から有効な「小売アワード」とは、会員が、本会員規約およびカンタスストアの利用規約に従ってカンタスストアを通じ取得可能な商品、もしくはサービスまたはバウチャーをいいます。

2017年2月23日まで有効な「リワード」とは、会員がカンタス・フリークエントフライヤーを通じてカンタス・ポイントの引き換えにより取得するために適格であるとしてカンタス航空が指名するカンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社または航空会社パートナーをいい、リワードフライトまたはクラシック・アップグレードリワードを含みます。

2017年2月24日から有効な「リワード」とは、会員がカンタス・フリークエントフライヤーを通じてカンタス・ポイントの引き換えにより取得するために適格であるとしてカンタス航空が指名するカンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナーまたは非航空会社パートナーの商品またはサービスをいい、リテールリワード、リワードフライトまたはクラシック・アップグレードリワードを含みます。

「リワードフライト」とは、ポイント・プラス・ペイのフライトおよび/またはクラシック・フライトリワード(場合に応じ)をいいます。

「区間」とは、旅程表に記載される2つの連続した地点間の旅行の一部をいいます。区間は、フライト区間または陸路区間のいずれかをいうことがあります。

「ステータスボーナス」とは、qantas.com上のステータスボーナス可算レートに詳述される特定の対象フライトでの旅行について、該当する基本レートに加え、特定のメンバーシップのステータスレベルにある会員に付与されるカンタス・ポイントをいいます。

「ステータス・クレジット」は、第20条に従って会員に与えられ、会員がより上位のプログラム・ステータスレベルに達することができる、または最新のステータスレベルを保持することができるクレジットです。

「途中降機」 とは、以下をいいます。

(a) オーストラリア国内の旅程表については、同暦日に継続中の旅行が生じない中間地点で、旅行を中断すること。
(b) その他すべての旅程表(国内便から国際便に連携するフライトが含まれる旅程表を含みます)について、旅客が中間地点に到着し、到着後24時間以内に出発する予定がないこと。

「ストア利用規約」とは、リテールアワードおよび、カンタスストアのウェブサイト(qantas.com経由でアクセス可能)に定めるとおり、リテールアワードを取得するためにカンタス・ポイントを引き換える際に適用される利用規約をいい、随時変更されます。

「陸路区間」とは、運送の詳細がリワードフライト旅程表に記録されていない区間をいいます。

「利用規約」とは、カンタス・フリークエントフライヤーの利用規約をいいます。

「乗継ぎ」とは、以下をいいます。

(a) オーストラリア国内の旅程表については、同暦日に継続中の旅行が生じる中間地点で、旅行を中断すること。
(b) その他すべての旅程表(国内便から国際便に連携するフライトが含まれる旅程表を含みます)について、旅客が中間地点に到着し、到着後24時間以内に出発する予定があること。

「旅行」とは、以下の旅程表において一つまたは連続する一連の複数のフライト区間をいいます。

(a) 以下を含まないもの。
(i) 途中降機または、
(ii) 到着地が、かかる一連のその他フライト区間の出発地の都市と同じフライト区間(この場合、旅行はかかる一連の出発地からもっとも遠い地点で中断します)。
(b) カンタス航空、ジェットスターまたはパートナー・クラシック・フライトリワードの表(場合に応じ)の、許諾されたマイル数上限を超えないもの(表については、qantas.comを参照してください)。
(c) パートナー・クラシック・フライトリワードの表に記載される空港発着の変更により中断されないもの(表についてはqantas.comをご覧ください)。

3. カンタス・フリークエントフライヤーへの変更

3.1 第3.2条を条件として、カンタスロイヤルティはカンタス・フリークエントフライヤー、本会員規約、PDS、提供されるリワードまたは特典および手数料表を変更(実質的な変更またはその他の変更にかかわらず)する権利を留保します。かかる変更には、以下を含みます。

(a) 以下についての変更。

(i) カンタス・ポイントの取得および引き換え方法。
(ii) ポイントの取得および引き換えレートならびに対象フライト。
(iii) リワードフライトのブラックアウトまたは予約不可の期間。
(iv) 特定のフライトでの、クラシック・フライトリワードおよびクラシック・アップグレードの引き換え可能な数の制限。
(v) リワードまたは特典(リワードまたは特典の継続した有効性を含みます)。
(vi) リワードの制限または条件。
(vii) ステータス・クレジットの制限と条件。
(viii) メンバーシップレベルの要件と特典。
(ix) 発券手続き。
(x) 発券およびサービス手数料ならびにその他の料金および、
(xi) 未使用のカンタス・ポイントの有効期限

(b) ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナーもしくは非航空会社パートナーとして含まれる当事者または、カンタス・ポイントで獲得できるそれらの当事者のいずれかが提供する商品およびサービスの変更。
(c) ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナーもしくは非航空会社パートナーによる参加の変更で、カンタス・ポイントの取得および/または引き換えの制限、取り消し、ポイント獲得と引き換えのレベル、リワードまたは特典を含みます。
(d) カンタスグループ企業の商品、サービスまたはフライトの変更。

3.2 カンタスロイヤルティは、本会員規約の重大な変更により特典に制限をする場合、かかる変更について以下のとおり会員に通知するために最善の努力をします。

(a) カンタス航空が特典を提供する場合、会員に3ヶ月以上前の通知をする。
(b) 第三者が特典を提供する場合、可能であれば会員に30日以上前の通知をする。

3.3 いずれの場合にも本第3条を制限することなく、カンタスロイヤルティが会員に以下の方法によって変更の通知をする場合、会員は第3.2条において言及する通知を受領したとみなされます。 

(a) オーストラリアまたはニュージーランドに居住する会員については、会員がカンタスロイヤルティに提出したEメールアドレスに通知を出し、カンタスロイヤルティが有効なEメールアドレスを保持していない場合、qantas.com上に変更の詳細を掲載することによって。
(b) オーストラリアまたはニュージーランド以外に居住する会員については、qantas.com上に変更の詳細を掲載することによって。

3.4 該当する運賃規則に別段の定めがある場合を除き、会員が予約した後でリワードが利用不可能となる場合、カンタスロイヤルティは(会員の選択により)リワードを獲得するために会員が引き換えたカンタス・ポイントを返還するか、同価値の代替のリワードを提供します。

4. カンタス・フリークエントフライヤーの終了または停止

4.1 カンタス航空は、カンタス・フリークエントフライヤーの継続した有効性につき保証しません。カンタスロイヤルティは、カンタス・フリークエントフライヤーを随時終了または停止することができます。カンタス航空は、かかる終了または停止について会員に6か月以上前の通知を出しますが、カンタス航空が航空事業の運営を中止する場合はこの限りではなく、かかる場合カンタス・フリークエントフライヤーはただちに中止されます。

4.2カンタスロイヤルティがカンタス・フリークエントフライヤーを終了または停止する場合、会員は本会員規約に従って通知期間中にカンタス・ポイントを引き換えることができます。ただしカンタス航空が航空事業の運営を中止する場合および/または清算もしくはその他の形式による破産申請をする場合はこの限りではなく、かかる場合カンタスロイヤルティは、通知なくただちに、リワードまたは特典を終了または取り消しすることができます。

5. メンバーシップ

5.1 カンタス・フリークエントフライヤーのメンバーシップは、個人のみが登録可能です。メンバーシップは、家族、グループ、会社、信託、パートナーシップ、その他の法人、政府の部門、機関、動物または無生物を登録できません。カンタス航空は、カンタスビジネスリワードのプログラムを通じてカンタス・ポイントをその企業顧客に提供します。カンタスビジネスリワードのプログラムを通じて獲得したカンタス・ポイントに関する利用規約は、www.qantasbusinessrewards.comで閲覧することができます。

5.2 会員になることを希望する者は、メンバーシップの申し込みをし、該当する入会金またはその他の料金を支払わなければなりません。メンバーシップは、カンタス航空の裁量により提供されます。カンタス航空は、メンバーシップの申し込みを承諾または拒絶する権利を有します。

5.3 各会員は、カンタス・フリークエントフライヤーのアカウントを1つのみ持つことができます。

5.4 入会が承諾された申込者には、会員番号とPINが割り当てられ、メンバーシップ・キットが送付されます。PIN、会員番号と会員の姓は、会員の母親の旧姓、生年月日および/または最新の旅行の詳細などの情報と共に、会員のメンバーシップ情報のセキュリティ目的により使用されます。自らのPINおよびその他のセキュリティ情報を安全に保管するよう確保することは、会員の責任です。
ご注意: 会員のPINを安全に保管するため、それを書き留めず、PINを変更する際には生年月日や電話番号の下4桁など分かりやすい番号を選択しないようにしてください。

5.5 新規会員が入会を望まない場合、メンバーシップを利用する前で、かつ会員番号の受領後2週間以内に、カンタスロイヤルティに通知して下さい。カンタスロイヤルティはその後、メンバーシップを解約し、当該メンバーシップについて支払われた入会金またはその他の料金を払い戻します。上記の連絡がない場合、メンバーシップは返金も移転もできません。

5.6 会員の郵送先住所は、特典、宣伝およびその他の申し出についての適格性を判断するために使用されることがあります。

5.7 各会員は、氏名、住所またはその他の詳細な情報に変更がある場合、変更後可能な限り速やかに、カンタスロイヤルティに連絡しなければなりません。郵送先住所、PINまたはその他の詳細な情報についての変更は、直接qantas.com上で行うか、フリークエントフライヤー・サービスセンターに連絡することにより行うことができます。会員は、かかる変更を行う場合、その会員番号、PINおよび要求されるセキュリティ情報を提出しなければなりません。氏名の変更については書面による証拠を提出しなければならず、その他の変更についても要求されることがあります。カンタス航空およびカンタスロイヤルティは、会員が本条に従って変更にかかるカンタスロイヤルティへの通知を怠った場合、またはカンタス航空もしくはカンタスロイヤルティに不正確な変更が通知される場合について責任を負いません。

5.8 カンタス・キャッシュの詳細な情報(氏名、住所および連絡先の電話番号を含みます)の変更は、メンバーシップの詳細な情報とは別に、通知および更新しなければなりません。対象のカンタス・キャッシュ会員は、カンタス・キャッシュ・サービスセンター(オーストラリア国内では13 11 31、ニュージーランド国内では0800 101 500)に連絡して、カンタス・キャッシュに関する個人情報を更新しなければなりません。

5.9 会員は、カンタス航空に書面の通知を提出することにより、随時メンバーシップを解約することができます。メンバーシップを解約すると、カンタス・キャッシュも終了し、オーストラリアのPDSの第16条(オーストラリア居住の会員の場合)および、ニュージーランドのPDSの利用規約部分の第16条(ニュージーランド居住の会員の場合)が適用されます。

ご注意: 第5.9条に基づく書面の通知を受領後、カンタス航空は関連するメンバーシップを解約し、当該会員について累積されたすべてのカンタス・ポイントは即時に失効します。従ってカンタスロイヤルティは、会員がカンタス・ポイントの累計数を意図せず失うようなことがないよう、慎重に解約を計画することを推奨します。

6. 本カードの使用、会員番号と特典

6.1 本カードもしくは会員番号を使用する、または特典を請求することにより、会員は本会員規約に拘束されることに同意し、個人情報に関し第22条に定める承諾をすることとなります。カンタス・ポイントは、本会員規約(随時の改定を含みます)のみに従い、獲得および/または引き換えを行うことができます。本カードのカンタス・キャッシュ要素に関するすべての条件は、適用されるPDSに記載されています。カンタスビジネスリワードに関するすべての要素は、www.qantasbusinessrewards.comで閲覧可能な利用規約に記載されています。

6.2 本カードは継続してカンタス航空の財産であり、要請に応じ返還しなければなりません。対象のカンタス・キャッシュ会員が申し込み、カンタス・キャッシュの有効化が完了しない限り、決済カードとはなりません。

6.3 本カード、会員番号およびPINは、会員のみが使用可能であり、いかなる状況においても譲渡することはできません。本カードの有効期間がある場合、本カードはかかる有効期間中のみ使用することができます。本カードに表示された有効期間にかかわらず、カンタス・キャッシュには別途の有効期間が適用される場合があります。

6.4 カンタスロイヤルティは、カンタス航空との関係においてカンタス・ポイントを獲得するため、または非航空会社パートナー、ワンワールド®アライアンス航空会社もしくは航空会社パートナーとの取引に関連して、または予約、発券中に、または会員がカンタス・ポイント、リワードもしくは特典により旅行中に、またはこれらを請求もしくは利用する際に随時、会員に本カードを作り、会員番号とPINを引用するよう要求する権利を留保します。

6.5 本カードの滅失、盗難もしくは不正使用がある場合、または会員番号とPINの不正使用がある場合、会員は、可能な限り速やかにカンタスロイヤルティに連絡する責任を負います。会員は、カンタスロイヤルティが滅失、盗難または不正使用について通知を受けるまでの本カード、PINまたは会員番号の一切の使用について責任を負います。

6.6 さらに、カンタス・キャッシュ機能を備えた本カードの滅失、盗難、毀損または不正使用の場合、

(a)オーストラリアのPDSの第13条(滅失および誤用)および第14条(不正取引の責任)が、オーストラリア在住の会員について適用されます。また、
(b) ニュージーランドのPDSの利用規約部分の第13条(滅失および誤用)および第14条(不正取引の責任)が、ニュージーランド在住の会員について適用されます。また

6.7 交換用の本カードを発行する場合、本カード交換手数料(手数料表を参照してください)が課されます。以下の事情がある場合のみ、本カード交換手数料の免除要請をすることができます。

(a) 結婚、離婚による氏名の変更または、平型捺印証書に関連する文書が必要な場合。
(b) 本カードの磁気ストライプが読み取り不能となった場合。本カードをカンタスロイヤルティに返却しなければなりません。
(c) 本カードが盗難にあった場合。警察の調書または受理番号が必要です。 
(d) 本カードがカンタスロイヤルティから送付されたが受領していない場合(郵送中の紛失)。入会もしくはステータスレベルの変更または、カンタス・キャッシュ機能付きの本カードの交換から2ヶ月以内に通知をしなければなりません。

7. 会員の義務と責任

7.1 会員は、以下を行ってはなりません。

(a) 本会員規約の違反となる方法によるふるまい、または
(b) メンバーシップの結果として会員に与えられるカンタス・フリークエントフライヤー、リワード、特典、施設、サービスまたは取り決めの濫用または誤用で、以下によるものを含むこと。

(i) 違法または詐欺的な活動に従事すること、
(ii) カンタスグループ企業またはワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナー、カンタスインターライン航空会社もしくは非航空会社パートナーに対し、虚偽または誤解を招くような情報を提供するもしくは提供を試みる、または不実表示をすること。
(iii) 本会員規約に従う方法以外で、リワード、特典またはカンタス・ポイントを販売、移転、譲渡もしくは取得する、または販売、移転、譲渡もしくは取得の申し出をすること。
(iv) カンタスグループ企業のスタッフまたは、ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナー、カンタスインターライン航空会社もしくは非航空会社パートナーのスタッフに対し、敵意のある、暴力的または攻撃的な態度でふるまうこと。
(v) フライト機内または空港ラウンジにおいて、粗暴な態度でふるまうこと。
(vi) カンタスグループ企業のスタッフまたは、ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナー、カンタスインターライン航空会社もしくは非航空会社パートナーのスタッフによる合理的な指示に従うことを拒むこと。

7.2 各会員は、要求するリワードと引き換えるために十分なカンタス・ポイントを確実に有していることに責任を負います。

7.3 各会員は、自らのメンバーシップ・アカウントを定期的に確認することに責任を負い、以下を行わなければなりません。

(a) 遺漏、不正確な登録またはその他の差異がある場合、該当するフライトから12ヶ月以内に、カンタスロイヤルティに通知すること。
(b) 遺漏、不正確な登録またはその他差異がある場合、その他の取引から6ヶ月以内(または当該パートナーが指定するその他の期間内)に、カンタスロイヤルティまたは該当するパートナー(カンタスロイヤルティが指定するとおり)に通知すること。 

ご注意: パートナーが、取引の際に会員に本カードの提示を要求し、カンタス・ポイントについて遡及した請求を受け付けないこともあります。会員は、個々のパートナーにその要件を確認しなければなりません。

カンタスロイヤルティ(およびそれぞれの非航空会社パートナー、ワンワールドアライアンス航空会社および航空会社パートナー)は、会員に獲得の証拠(航空券のクーポンの写しおよび/または搭乗を主張するフライトの搭乗券の原本または、領収書もしくは類似の書類の写し(例としてレンタカーの契約書、ホテルのバウチャーまたはホテル料金の明細書を含みます)を要求する権利を留保します。

8. メンバーシップの停止または解除

8.1 会員が本会員規約の重大な違反を冒した場合、またはカンタス・フリークエントフライヤーもしくはカンタスクラブもしくはカンタスビジネスリワードに基づき支払うべき金額を期日までに支払わない場合、故意によるかその他によるかにかかわらず、カンタスロイヤルティは以下の一つまたは複数を行うことができます。

(a) 会員のメンバーシップおよび/または本カードを使用する会員の権利を停止または解除すること。
(b) 会員のカンタス・ポイントまたはその一部を破棄するまたは取り消すこと。
(c) 会員が引き換えをしたまたは提供されたリワード(発券済のリワードフライトを含みます)、特典またはその両方を取り消すまたは付与を拒否すること。

8.2 カンタスロイヤルティが第8.1条に基づく措置を講じる意思がある場合、その意思およびかかる措置の理由について会員に通知します。会員は、その後21日以内にかかる通知に回答し、違反を正し(可能な場合)、カンタス航空が措置を講じるべきではない理由を示します(ただしカンタスロイヤルティは、確認が完了するまで会員のアカウントを停止することができます)。カンタスロイヤルティは、回答を確認しその見解について会員に通知します。

8.3 会員が死亡した場合、メンバーシップは自動的に終了します。会員の死亡前に獲得し、引き換えも移行も行われていないカンタス・ポイントは、取り消しとなります。カンタスロイヤルティは、会員の死亡の通知によりかかる会員のアカウントを閉鎖します。カンタスロイヤルティは、かかる解約の結果としていずれかの者が被る損失または損害に責任を負いません。

9. カンタス・ポイントの取得

9.1 総則

9.1.1 カンタス・ポイントを取得するために、会員は氏名と会員番号を引用しなければならず、対象のカンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社、航空会社パートナーまたは非航空会社パートナーの商品またはサービスを獲得、取得または利用する際に本カードの作成を要求されることがあります。

9.1.2 会員は、以下に関連する場合のみカンタス・ポイントを獲得することができます。

(a) 会員の入会日後かつ入会日の30日前までに利用した対象フライト、 
(b) 会員の入会日後に実行した対象の取引(商品またはその他の活動若しくは取引の取得)、および
(c) カンタス・キャッシュを使用して行った対象の購入。

本会員規約に定める場合またはカンタスロイヤルティが別途指定する場合を除き、ポイントは、対象の商品またはサービスを取得した、対象の取引を実行したまたは対象フライトを利用した会員のアカウントのみにクレジットすることができます。

9.1.3 ポイントは、取り消し、返金または返品された商品またはサービスについて付与されません。カンタスロイヤルティは、取り消し、返金または返品された商品またはサービスについて付与されたポイントを取り消しまたは差し引くことができます。

9.1.4 別の航空会社、ホテルまたはレンタカーのロイヤルティ・プログラムでポイントを獲得した会員は、カンタスロイヤルティの指定がある場合、同じフライト、ホテルの宿泊、レンタカーまたはその他の取引についてカンタス・ポイントを受け取ることができない場合があります。かかる会員は、ポイントの獲得を希望するロイヤルティ・プログラムを、旅行、宿泊またはレンタルの前に指定しなければなりません。ポイントは、カンタスロイヤルティの別途の指定がない限り、カンタスロイヤルティが実施するプログラムと、その他の当事者が実施するプログラム間で移行することはできません。

9.1.5 カンタスビジネスリワードプログラムの会員は、カンタスビジネスリワードの利用規約(www.qantasbusinessrewards.comで閲覧できます)に従ってカンタス・ポイントをカンタスビジネスリワードのアカウントに対しカンタス・ポイントを取得します。カンタスビジネスリワードのメンバーが取得したポイントを、個別の会員のカンタス・フリークエントフライヤー・メンバーシップへ移行する場合、カンタス・ポイントの期限切れを避ける目的による活動とはみなされません。

9.2 カンタス・ポイントの有効期間

9.2.1 本会員規約に別段の定めがある場合を除き、ポイントは会員が有効会員である限り期限切れとなりません。

9.2.2カンタス・フリークエントフライヤーのアカウントに保有するすべてのポイントは、会員が連続してポイントまたはステータス・クレジットの取得またはポイントの引き換え(対象家族会員とのポイントの移行や、カンタスビジネスリワードからのポイントの移行を除外します)を行っていない期間の18ヶ月目の末日のオーストラリア、シドニー時間の午前0時に期限切れとなります。かかる目的により、

(a) 対象フライトに関連して取得するポイントは、対象フライトを利用した日に取得したとみなされ、
(b) 非航空会社パートナーが、
(i) 本プログラムへの参加を中止した場合、または
(ii) 本プログラムへの参加方法を実質的に変更した場合、

非航空会社パートナーの商品およびサービスに関連して取得したポイントは、取得イベント日前に取得したとみなされます。

9.2.3 ポイントの期限の60日前までに、カンタスロイヤルティは会員に、期限切れとなるポイント数と期限を以下のとおり通知します。 

(a) オンライン上の活動明細書に、会員への注意喚起を掲載します。 
(b) 紙の活動明細書を引き続き受け取る会員については、ポイントが期限切れとなる通知を記載した活動明細書を受け取ります、また
(c) オンライン上およびEメール経由で通信を受領することを選択した会員は、月次の電子ニュースレター内で通知を受領する。

9.2.4 ポイントは、期限が切れた時点で再クレジットすることはできません。

9.2.5 カンタスロイヤルティは、不正確にまたは本会員規約に従わず、もしくは本会員規約に違反して会員にクレジットされたポイントを、随時破棄もしくは取り消す権利を留保します。

9.3 航空機での旅行によるカンタス・ポイントの獲得

9.3.1 第9.3.2条および第9.4条の例外事項を条件として、航空機での旅行によるポイントは、カンタス航空の便名または該当するワンワールドアライアンス航空会社もしくは航空会社パートナーの便名が旅程表に記載された定期便での有料の旅行またはポイント・プラス・ペイのフライト(疑義を避けるために付言すると、クラシック・フライトリワードを除き、以下「対象フライト」といいます)のみにより獲得することができます。

9.3.2 ポイント、ステータス・クレジットと最低ポイント保証獲得の目的において、対象フライトは、運航航空会社がカンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社または航空会社パートナーの航空機であるコードシェアフライトの場合および、航空券に別の航空会社の便名が登録されている場合を除きますが、カンタスロイヤルティが対象フライトであると指定するフライトについてはこの限りではありません。提案された予約が、ポイント、ステータス・クレジットまたは最低ポイント保証を獲得するために適格か、またポイントまたはステータス・クレジットのポイント獲得数について確認することは、会員の責任です。

9.3.3 ポイントは、会員が対象フライトで旅行をする各フライト区間について獲得できます。獲得するポイント数は、以下のいずれかです。

(a) 航空会社ポイント加算表に定めるとおりまたは、
(b) フライト区間の出発地と目的地間の陸路による最短距離(中間地点を考慮せず)を用いて、カンタスロイヤルティの設定したマイレージレートで算出した数。

9.3.4 最低ポイント保証は、航空会社ポイント加算表においてカンタス・ポイントの取得の対象と指定された対象フライト区間のみに適用されます。第9.3.2条および第9.4条の例外事項を条件として、該当するボーナス適用後のフライトで別途獲得したカンタス・ポイント数が、最低ポイント保証表に定める該当の最低ポイント保証を下回る場合、会員はqantas.comの最低ポイント保証表に定める最低ポイント保証を獲得します。

9.4 カンタス・ポイントは、すべてのフライトで取得されるのではありません。

9.4.1 ポイントは、以下の旅行については獲得できません。

(a) 航空会社ポイント加算表に記載されていないまたはかかる表から除外されているフライトまたは予約、
(b) 幼児運賃(幼児運賃には、有料の座席を利用して移動する幼児を含みません)、
(c) チャーター便、
(d) 貨物専用機、
(e) 無料航空券、
(f) クラシック・フライトリワード、 
(g) 旅行業界のリベート航空券、 
(h) 懸賞の賞品の航空券、
(i) 航空輸送以外の輸送(カンタス航空指定による場合を除く)、
(j) オークションで入手した航空券、
(k) ポイント獲得を制限されたまたは、ポイント累計を除外する特別な規定の対象である航空券。

9.5 キャビンクラスのボーナスとステータスボーナス

9.5.1 キャビンクラスボーナスは、航空会社ポイント加算表に定めるとおり、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスまたはファーストクラス、ジェットスター・ビジネスマックス運賃および、ブリティッシュエアウェイズの場合、2015年7月31日までの旅行についてはワールドトラベラープラスでの対象フライトでの旅行に適用されることがあります。該当するキャビンクラスボーナスは、搭乗したキャビンまたはキャンセル待ちのクラスではなく、旅行の予約をしたクラスによってクレジットされます。キャビンクラスボーナスは、上位のクラスについての未払いの旅行または未払いのアップグレードについてはクレジットされません。キャビンクラスボーナスは、2014年7月1日からのカンタス航空およびジェットスター航空ならびに2015年12月1日からのパートナー航空会社での旅行には適用されません。会員は、詳細について航空会社ポイント加算表を確認しなければなりません。キャビンクラスボーナスは、クラシック・フライトリワードには適用されません。

9.5.2 ステータスボーナスは、シルバー、ゴールド、プラチナおよびプラチナ・ワンの会員について、航空会社ポイント加算表においてステータスボーナスが適用されると記載された対象フライトのみに対し、航空会社ポイント加算表に定める該当のレートで適用されます。かかる目的において会員のステータスは、対象フライトに搭乗した時点で確定します。ステータスボーナスは、クラシック・フライトリワードには適用されません。

9.5.3 該当するボーナスは、予約したフライトの該当する基本レートに付加されます。

9.6 ホテル宿泊についてのカンタス・ポイントの取得(ホテルパートナーが提供するポイントについて)

9.6.1 ホテル非航空会社パートナーの賞品およびサービスに関するポイントは、ホテルが決定するレートと取引規約(変更されることがあります)に従って加算されます。会員は、かかる商品またはサービスを購入する前に、関係するホテルに該当するレートと利用規約を確認しなければなりません。ホテル非航空会社パートナーの一覧は、本ウェブサイトで閲覧できます。

9.6.2 ポイントは、ホテル滞在の請求書に氏名が記載される会員のみ、かつホテルの滞在ごとに一名の会員のみが取得することができます。ポイントは、同じ客室を使用する2名以上の会員で分割することはできません。

9.6.3 ポイントは、ホテルが適格とみなすレートで購入したホテル宿泊について付与されます。ホテルによる別段の定めがない限り、ポイントは以下の種類の滞在について取得することができません。 

(a) パッケージ旅行の一部として購入した滞在、
(b) 無料のホテル滞在、 
(c) 業界割引料金による滞在、 
(d) グループ料金またはその他の特別販促料金による滞在または、
(e) リワードバウチャーまたは割引証明書を使用した滞在。

9.6.4 消費した金額に基づきポイントが加算されるホテル非航空会社パートナーについて、ホテルによる別段の定めがない限り、ポイントは客室勘定に課される宿泊、食事、飲料、電話およびランドリーの総額について加算されます。

9.6.5 滞在数に基づきポイントが加算されるホテル非航空会社パートナーについて、ホテルによる別段の定めがない限り、同一ホテルでの連泊は、チェックイン数にかかわらず1回の滞在とみなされます。

9.6.6 本第9.6条は、本ウェブサイトで行われたホテル予約について、カンタスロイヤルティが会員に提供したポイント(ホテルパートナーが行う募集とは別に)には適用されません。本ウェブサイト上での選定されたホテルの予約についてカンタスロイヤルティが提供するポイントの取得には追加の利用規約が適用され、これは本ウェブサイト上で閲覧することができます。

9.7 レンタカーについてのカンタス・ポイントの取得

9.7.1 レンタカー非航空会社パートナーの商品またはサービスに関するポイントは、レンタカー会社が決定するレートと取引規約(変更されることがあります)に従って加算されます。会員は、かかる商品またはサービスを購入する前に、関係するレンタカー会社に該当するレートと利用規約を確認しなければなりません。

9.7.2 ポイントは、レンタカーの請求書に氏名が記載される会員のみ、かつレンタカー1台ごとに1名の会員のみが取得することができます。ポイントは、同じレンタカーを利用する2名以上の会員で分割することはできません。

9.7.3 ポイントは、レンタカー会社が適格とみなすレートで購入したレンタカーについて付与されます。レンタカー会社による別段の定めがない限り、ポイントは下記の種類のレンタカーについては加算されません。

(a) パッケージ旅行の一部として購入したレンタカー、
(b) 無料のレンタカー、 
(c) 業界割引料金によるレンタカー、 
(d) グループ料金またはその他の特別販促料金によるレンタカーまたは、
(e) リワードバウチャーまたは割引証明書を使用したレンタカー。

9.7.4 消費した金額に基づきポイントが加算される場合、使用した時間および距離に関する料金のみによりポイントが発生します。ポイントは、税金(物品サービス税を含みます)または、保険、ガソリン、自動車電話の使用その他雑費の請求については加算されません。

9.7.5 レンタル数に基づきポイントが加算される場合、同一市内での連続した日々のレンタルは、1回のレンタルとみなされます。

9.8 カンタス・ポイント獲得または特典受領のその他の方法

9.8.1 カンタスグループは、会員へのポイント付与について、非航空会社パートナーとその他の取り決めをしています。かかる取り決めは随時変更されることがあり、購入の報酬や成果報酬として、ロイヤルティ・プログラムや販売促進への参加に対するポイント付与を含むこともあります。カンタスグループは随時、会員がポイントを取得できるもしくはリワードや特典の対象となるその他の取り決めに参加し、またはその他の方法を承認することがあります(また、かかるポイント、リワードまたは特典の取得に適用される追加条件は、該当するパートナーにより入手する、または本ウェブサイトを通じて閲覧することができます)。

9.8.2 カンタス・ポイントは、カンタスビジネスリワード・プログラムにおいても取得することができます。かかる取得に適用される利用規約は、www.qantasbusinessrewards.comで閲覧できるカンタスビジネスリワード利用規約です。

10. 活動明細書

10.1 会員は、qantas.comにおいて無償でアカウント情報にアクセスすることができます。

10.2 会員は、フリークエントフライヤー・サービスセンターに連絡し、印刷した明細書を依頼することができます。明細書依頼手数料(手数料表を参照してください)が適用されます。

11. 対象家族会員とのポイント移行

11.1 会員は、以下に基づき、12ヶ月間中に対象の家族会員にカンタス・ポイントを移行することができます。

(a) カンタス・ポイントを受領する対象の家族会員は、移行が行われる前の時点で会員でなければなりません。
(b) カンタス・ポイントを移行する会員は、ポイントを受領する対象の家族会員の氏名、会員番号および自身との関係の内容を明記しなければなりません。
(c) 移行は、5,000カンタス・ポイント以上、600,000カンタス・ポイント以下でなければならず、ポイントの総数でなければなりません。
(d) 合計600,000カンタス・ポイントを、12ヶ月間の期間内に移行することができます。
(e) カンタス・ポイントの移行後は、ポイントを移行する会員または受領者のいずれも、移行を破棄または取り消しすることはできません。
(f) カンタスグループは、本ウェブサイトで行われた不正確な移行について、かかる不正確な移行がカンタスグループ、その従業員または代理人の誤りによるものでない場合には責任を負わず、かかる状況において不正確または誤って移行されたカンタス・ポイントを払い戻すことはありません。
(g) 対象家族会員とのポイント移行は、カンタス・ポイントの期限切れを避ける目的による活動とみなすことはできません。

11.2 電話により実施する、対象の家族会員へのカンタス・ポイントの一切の移行は、カンタス航空による別段の定めがない限り、リワード取扱手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

11.3 会員は、対象家族会員との移行についていかなる報酬(支払いまたはその他の形式によるかを問いません)を要求も受領もしてはなりません。

11.4 会員は、かかる移行が課税対象となり得ることに注意しなければなりません。会員は、詳しい情報について自らの会計士または税務アドバイザーに確認するようお勧めします。

11.5 対象家族会員とのポイント移行は本ウェブサイトまたは、カンタスロイヤルティが随時案内するその他の方法で行うことができます。

12. カンタス・ポイントのリワードへの引き換え

12.1 リワードの有効期間は限定されています。

12.2 フライトリワード以外のリワードについて、リワードに必要なカンタス・ポイントに加え、会員は予約時点で見積もられたその他の金額および該当するリワード取扱手数料を支払わなければなりません。

12.3 会員は、リワードに適用される利用規約に従い、カンタス・フリークエントフライヤーを通じて得たリワードを、その対象家族会員に移転することができます。しかしながら、かかる移転は課税対象となることがあります。

12.4 リワードは、個人の所得税またはその他の税金の査定の対象となることがあります。会員は、詳しい情報について自らの会計士または税務アドバイザーに確認するようお勧めします。

12.5 リワード引き換えに適用される利用規約は、カンタス・ポイントが当該リワードに引き換えられる時点で有効な規約とします。

12.6 特定のリワードに関して引き換えられるべきカンタス・ポイント数と、ポイント・プラス・ペイ引き換えの一部として支払われるべき金額は、カンタスロイヤルティが決定します。カンタスロイヤルティは、ポイント・プラス・ペイ引き換えの一部として引き換えるポイント数の下限を求めることができます。カンタス航空およびカンタスロイヤルティは、リワードの基本的価値に関して一切保証も表明もしません。

12.7 会員は、予約または引き換えを処理する時点で、選択したリワードを引き換えるために必要なカンタス・ポイント数を少なくともそのアカウントに有していなければなりません。リワードを得るために必要な金額の支払いは、予約または引き換え時点の承認済決済カードを使用して支払わなければなりません。

12.8 カンタスロイヤルティは、特定の承認済決済カードの使用について、手数料を請求する権利を留保します。

12.9 本会員規約に基づき会員に行われるクレジットまたは払い戻しは、以下のとおりに行われます。

(a) 会員がリワードを得るためにポイントを引き換える限り、カンタス・ポイントにおいて。また、
(b) 会員がリワードを得るために金銭を支払う限り、会員の承認済決済カードへの払い戻し金(該当する手数料を差し引きます)において。

12.10 カンタス・ポイントは、金銭に変換または交換することはできません。

12.11 カンタスロイヤルティは、特定の期間についてカンタス・フリークエントフライヤーを通じその他のリワードを引き換え可能とすることができます(または第三者が行うよう手配することができます)。かかるその他のリワードに適用される詳細情報と追加の利用規約は、該当するリワード提供業者により、および/または本ウェブサイトで提供されています。

13. カンタス・ポイントの、リワードフライトへの引き換え

13.1 総則

13.1.1 本第13条は、すべてのリワードフライト(クラシック・フライトリワードとポイント・プラス・ペイのフライトを含みます)に適用されます。クラシック・フライトリワードとポイント・プラス・ペイのフライトに固有の追加規定は、第14条および第15条にそれぞれ記載されています。

13.1.2 カンタスロイヤルティによる変更の権利に服するものの、すべてのリワードフライトは、予約時点で当該リワードフライトに適用される運賃規則および本会員規約(場合に応じ、本ウェブサイトまたはjetstar.comで閲覧することができます)に準拠し、これらを条件とします。何らかの抵触のある場合には、本会員規約が運賃規則に優先されます(ただし航空会社旅行の責任については、該当する運賃規則に準拠します)

13.1.3 リワードフライトは、本会員規約および該当する運賃規則に従う場合を除き、購入、販売、移転、譲渡または取得してはなりません。カンタス航空またはカンタスロイヤルティは、本会員規約または運賃規則に反して取り扱われるリワードフライトについて取り消し、没収または付与の拒否をすることができます。また旅行が開始されている場合、旅行の継続は旅客の費用負担によることとします。

13.1.4 リワードフライトは、会員およびその対象の家族会員のみが利用可能です。会員は、リワードフライトを得る前にメンバーシップの詳細情報を提供するよう求められます。対象の家族会員は、会員の同行の有無にかかわらず、リワードフライトを利用することができます。対象の家族会員に発行されたリワードフライトは、搭乗券に記載された対象の家族会員の氏名または、カンタスロイヤルティが受け入れ可能なその他の識別情報により引き換えるものとします。

13.1.5 本会員規約のその他の規定にかかわらず、すべての旅行は該当する航空会社の運送約款を条件とします。

13.2 リワードフライト - 予約

13.2.1 リワードフライトに引き換えるために必要なカンタス・ポイントの数と、かかるリワードフライトに適用される運賃規則は、選択したリワードフライトの種類(すなわちクラシック・フライトリワードまたはポイント・プラス・ペイのフライト)により異なる場合があります。会員が、予約を行う前にリワードフライトのそれぞれの種類について運賃規則を考慮することをお勧めします。

13.2.2 リワードフライトの予約は、必要なカンタス・ポイントが引き換えられ、必要な支払いが承認済決済カード(マーチャントバンクまたはその他の形式の決済管理者による承認を含みます)により行われるまで承諾されたとみなされません。

13.2.3 電話または対面により行われたまたは完了したすべてのリワードフライトの予約は、座席を利用する旅客1名あたりのリワード取扱手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

13.2.4 リワードフライトの旅程表に含まれる区間は、16区間以下(陸路区間を含みます)でなければなりません。

13.2.5 リワードフライトの旅程表においては、日にち変更可能なフライト区間は認められません。リワードフライトの予約は、確認済の予約でなければならず、キャンセル待ちとすることはできません。

13.2.6 会員の年齢が15歳以下の場合、予約はその保護者または法定後見人が代理で行わなければなりません。ご注意:すべてのリワードフライトについて、お子様のひとり旅には制限および条件が適用され、航空会社が異なる場合には、適用される制限、条件および「お子様のひとり旅」の定義も異なります。さらに、お子様のひとり旅についてはポイント・プラス・ペイのフライトで旅行の予約をすることはできません。これにはジェットスターまたはカンタスインターライン航空会社のフライトを含みます。詳細については、カンタス航空にお問い合わせ下さい。

13.3 リワードフライト - 発券

13.3.1 すべてのリワードフライトの予約は、可能な場合Eチケットで発券しなければなりません。

13.3.2 Eチケットが発行される場合で、リワードフライトを7日前より前に予約する場合、カンタスロイヤルティは、引き換えを行う会員のメンバーシップ・アカウントの郵送先住所、Eメールアドレスまたはファックス番号宛にEチケットの領収証を送る手配をします。リワードフライトを7日前以降に予約する場合、Eチケットの領収証は引き換えを行う会員のメンバーシップ・アカウントのEメールアドレスまたはファックス番号宛に送信するか、出発地の空港のチケットカウンターに集約され、旅客はそれを受け取るために写真付きの身分証明書を提示することが必要になります。

13.3.3 紙の航空券が発行される場合で、リワードフライトを7日前より前に予約する場合、カンタスロイヤルティは、引き換えを行う会員のメンバーシップ・アカウントの郵送先住所に領収証を送る手配をします。リワードフライトを7日前以降に予約する場合、航空券は出発地の空港のチケットカウンターに集約され、旅客はそれを受け取るために写真付きの身分証明書を提示することが必要になります。

13.3.4 リワードフライトの航空券クーポンは、カンタス航空以外の航空会社(その他のワンワールド航空会社を含みます)での使用のために裏書きすることはできません。

13.3.5 クラシック・フライトリワードは、ポイント・プラス・ペイのフライトとして再予約する、またはこれに変更することはできません。ポイント・プラス・ペイのフライトは、クラシック・フライトリワードとして再予約する、またはこれに変更することはできません。

14. カンタス・ポイントの、クラシック・フライトリワードへの引き換え

14.1 クラシック・フライトリワード - 全般

14.1.1 クラシック・フライトリワードは、航空会社在庫管理の対象であり、可用性は制限されます。カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社および航空会社パートナー(ジェットスター航空を含みます)は、その絶対的な裁量により会員が利用できるクラシック・フライトリワードの座席数を制限しています。利用できるクラシック・フライトリワードの座席数は、フライト、日付、季節、目的地および商用の需要に依拠します。フライトには、利用できるクラシック・フライトリワードの座席がないものもあります。フライトにおいてクラシック・フライトリワードの座席が満席となった時点で、かかるフライトには利用可能なクラシック・フライトリワードの座席は失われます。クラシック・フライトリワードの座席は、旅の特別なクラスで予約されます。クラシック・フライトリワードの座席がフライトで利用できない場合、会員は、クラシック・フライトリワードの座席が利用できる別のフライト、日付または目的地を選択することも、別のリワードを選択することもできます。

14.1.2 クラシック・フライトリワードのブラックアウトは随時、カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社および航空会社パートナー(ジェットスター航空を含みます)が運航する特定のフライトに適用されることがあります。特定のクラシック・フライトリワードのブラックアウトの情報については、カンタスロイヤルティにお問い合わせください。

14.2 クラシック・フライトリワード - 予約

14.2.1 カンタス航空または選定されたパートナー航空会社(ジェットスター航空を含みます)が運航するフライトのクラシック・フライトリワードは、予約手数料を負担することなく、オンライン上で予約することができます。

14.2.2 クラシック・フライトリワードは、予定された出発時刻の353日前から24時間前の間に予約しなければなりません。ただしqantas.com上での予約の場合、クラシック・フライトリワードは、国内便については出発予定の2時間前まで、国際便については出発予定の4時間前まで予約することができます。しかしながら、地域および海外の場所によっては、クラシック・フライトリワードの航空券の発行と郵送を円滑にするために、14日以上前に予約をすることが必要な場合があります。出発地の空港によっては、予約期間の制限が適用される場合があります。その他の空港の情報は、カンタス航空にお電話でお問い合わせください。パートナー航空会社にも、予約期間の制限がある場合があります。例えばJAL国内旅程でのクラシック・フライトリワードの予約は、出発の2ヶ月前までに限り行うことができます。

14.3 クラシック・フライトリワード - 予約の条件

14.3.1 クラシック・フライトリワードのために必要なカンタス・ポイントに加え、会員は予約時点で見積もられたすべての金額と該当するリワード取扱手数料の支払い(または申し出がある場合、ポイントの引き換え)を行わなければなりません。これは、カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社または航空会社パートナー(ジェットスター航空を含みます)のうちどの会社に提供されるかを問わず、すべてのクラシック・フライトリワードに適用されます。

14.3.2 クラシック・フライトリワードに引き換えるために必要なカンタス・ポイントの数はqantas.comで公表されており、第3条に従い変更されることがあります。最新のポイント引換レベルは、本ウェブサイトに掲載されています。

14.3.3 2歳以上の子供も、クラシック・フライトリワードのフライトの引き換えに必要なカンタス・ポイントの総数について引き換える必要があります。

14.3.4 2歳未満で座席を利用しない幼児は、同行する大人がクラシック・フライトリワードで旅行する限り、カンタス・ポイントを引き換える必要なく旅行できます。クラシック・フライトリワードで旅行をする大人1名につき幼児1名までという制限があります。税金、手数料および運送手数料(物品サービス税を含みます)は、会員がクラシック・フライトリワードを予約する時点でカンタスロイヤルティが指定するとおり、幼児についても支払い対象となることがあります。

14.3.5 クラシック・フライトリワードの旅程表には、当該旅程表の最初の出発地の都市または国から一つのみの出発地を記載しなければなりません。

14.3.6 会員は、クラシック・フライトリワードの航空券を使用する場合、キャンセル待ちをすることはできません。

14.3.7 クラシック・フライトリワードは、カンタスロイヤルティによる別段の定めがない限り、コードシェアフライトでは利用できません。クラシック・フライトリワードは、カンタスロイヤルティによる別段の定めがない限り、運航航空会社の航空会社コード(例えば、カンタス航空はQF)を使用して予約しなければなりません。

14.3.8 リワードフライトには、航空会社パートナーおよびワンワールドアライアンス航空会社のすべての航路およびキャビンクラスが利用できるとは限りません。例外事項と制限は、随時変更されることがあります。カンタスロイヤルティは、リワードについて特定の航路またはキャビンが継続して利用できることを保証しません。

14.3.9 会員が、クラシック・フライトリワードのフライト区間のみを含む旅程表のフライト区間に搭乗できない場合、残りの区間は取り消されます。クラシック・フライトリワードの座席に空席がある場合のみ、取り消された区間が再予約されます。いずれかの区間が再予約される場合、再予約手数料(手数料表を参照してください)が適用されます。さらに、旅程表全体(旅行完了区間および再予約区間の両方を含みます)について必要なポイントは再計算され、必要な追加のポイントは、会員のアカウントから差し引かれます。 
ご注意: 会員が、ジェットスター航空の運航するフライトでクラシック・フライトリワードのフライト区間に搭乗できない場合、フライト区間は使用済とみなされ、再予約することはできません。旅程表についてポイントの再計算には、旅行が完了した区間を含みます。

14.4 クラシック・フライトリワード - カンタス航空および航空会社パートナーのみの予約条件

14.4.1 クラシック・フライトリワードの旅程表に必要なポイントは、片道旅行または一連の片道旅行として計算され、かかる旅程表において各旅行に必要なポイントの合計となります。

14.4.2 カンタス航空ジェットスター またはパートナーのクラシック・フライトリワード表を使用した旅行の距離は、24,135キロメートル(15,000マイル)以下でなければなりません。上記を上回る旅行は、個別の旅行に分割しなければなりません。

14.4.3 クラス混合の旅行を一つの旅行で予約する場合、かかる旅行に必要なポイントは、以下のいずれかのポイントレベルのうち最小で見積もられたものを用いて計算されます。

(a) かかる旅行で利用した搭乗した便の中で最上位クラスでのポイントレベル、または
(b) 旅行中、区間により旅行のクラスが異なる場合、複数の旅行に分割した場合のポイントの合計。

14.5 クラシック・フライトリワード - ワンワールド・クラシック・フライトリワードの予約条件

14.5.1 ワンワールドのクラシック・フライトリワードは、カンタス航空以外で2社以上のワンワールドアライアンス航空会社での旅行を含み、ワンワールドアライアンス航空会社ではない航空会社での旅行を含まないクラシック・フライトリワード旅程表です。

14.5.2 ワンワールドのクラシック・フライトリワード表を用いるクラシック・フライトリワードの距離は、56,315キロメートル(35,000マイル)以下でなければなりません。上記を上回る旅行は、個別の旅程表に分割しなければなりません。

14.5.3 片道のワンワールド・クラシック・フライトリワード旅程表は往復旅程表として請求されます。出発地の空港以外の空港で終了するワンワールドのクラシック・フライトリワード旅程表には、フライトリワードの引き換えに必要なポイント数および旅程表の距離上限を算出する際、出発地の空港に直接返還するための距離を含めなければなりません。

14.5.4 以下の途中降機条件が、ワンワールド・クラシック・フライトリワードに適用されます。

(a) 途中降機が5回まで無料で認められます。
(b) 追加の途中降機は認められません。
(c) 旅程表中いずれか1つの都市において途中降機が1回に限り認められます。 
(d) 旅程表中1つの都市で、乗り継ぎを2回のみ行うことができます。

14.5.5 陸路区間はワンワールド・クラシック・フライトリワード旅程表の一部として認められますが、降機地点と次の搭乗地点の間の距離は、当該旅程表のリワードポイント区画の計算に含まれます。

14.5.6 ワンワールド・クラシック・フライトリワードにおいてクラス混合の旅行を予約する場合、旅程表全体につき予約した最上位クラスのポイントレベルを用いて計算します。

14.6 クラシック・フライトリワード - 発券

14.6.1 クラシック・フライトリワードは、別段の定めがない限り、最初に発券した出発日から1年間有効です。販売促進のクラシック・フライトリワード(ポイント数を減らして募集するクラシック・フライトリワードなど)は、有効期間がより短い場合があります。JAL国内旅程表でのクラシック・フライトリワード航空券は、発行日から3ヶ月間有効です。

14.6.2 カンタス航空が、紛失した紙のクラシック・フライトリワード航空券を交換する場合、紛失航空券交換手数料(手数料表を参照してください)が適用されます。

14.6.3 紙のクラシック・フライトリワード航空券を出発日の搭乗手続き(チェックイン)時に提示できず、かつ第14.6.2条に基づき再発行できない場合、再発行されることはなく、かかる航空券について引き換えたポイントは没収されます。移動が必要な場合、新しい航空券を購入しなければなりません。

14.7 クラシック・フライトリワード(混合のクラシック・フライトリワードの予約の一部であるクラシック・フライトリワードを除きます) - 航空券の変更

14.7.1 第14.7条および第14.8条に別段の定めがある場合を除き、クラシック・フライトリワードへの変更はいかなる時も認められません。認められる変更は、クラシック・フライトリワードの空席状況に応じます。

14.7.2 非クラシック・フライトリワードのフライトおよびクラシック・フライトリワードのフライトを含む予約を行った場合、クラシック・フライトリワードのフライト区間または混合の予約における区間は、第14.8条に概説される条件に従って行うことができ、本第14.7条は適用されません。

14.7.3 クラシック・フライトリワードは変更手数料を負担することなく発券前に変更できますが、いずれの変更も本第14.7条ならびに、第14.2.2条および第14.6.1条に定める事前購入および有効性の規定を条件とします。

14.7.4 本第14.7条を条件として、以下の変更は、発券後および旅行の開始前のクラシック・フライトリワードに認められ、旅客1名あたり変更手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

(a) 便名の変更、 
(b) 搭乗日の変更、
(c) 搭乗クラスの変更、
(d) 区間経路または航空会社の変更、 
(e) 氏名の変更(航空券にカンタス航空(QF)の便名があり、カンタス航空が運航するフライトのみ)および、
(f) 航空券の取り消しおよびポイントの再クレジットの依頼。期限切れとならないポイントのみが再クレジットされることにご注意ください。

14.7.5 本第14.7条を条件として、フライトの出発前の以下の変更は、クラシック・フライトリワードのフライトについて認められます。ただし予約のすべてにおいてオーストラリア国内のフライト区間のみを含むこと、また旅客1名あたり変更手数料(手数料表を参照してください)がかかることを条件とします。

(a) 便名の変更、 
(b) 搭乗日の変更、
(c) 搭乗のクラスの変更、
(d) 途中降機(出発地と目的地が変わらないことを条件とします)または航空会社の変更のない、直接的または間接的な区間経路の変更。

14.7.6 本第14.7条を条件として、フライトの出発前にクラシック・フライトリワードのフライトについて以下の変更が認められます。ただし予約においてオーストラリア国外の1つまたは複数のフライト区間を含むこと、また変更されたフライト区間に、かかる変更について航空券の再発行を求めるパートナー航空会社が含まれないことを条件とします。かかる変更については、旅客1名あたりの変更手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

(a) 便名の変更、および
(b) 搭乗日の変更。

14.7.7 紙の航空券が発行されたクラシック・フライトリワードについては、変更は一切認められません(旅行の開始後)。

14.7.8 発券後クラシック・フライトリワードに行われた変更については、旅客1名あたりの変更手数料(手数料表を参照してください)がかかります。航空券の再発行を要する変更は、旅程表の最初のフライト区間の出発地点からの出発前24時間以内に、クラシック・フライトリワードについて行うことはできません。

14.7.9 以下の変更は、旅程表の最初のフライト区間の出発地点からの出発前24時間以内に、クラシック・フライトリワードについて認められません。

(a) 搭乗のクラスの変更、
(b) 区間経路または航空会社の変更、および
(c) 氏名の変更(航空券にカンタス航空(QF)の便名があり、カンタス航空が運航するフライトのみ)。

14.7.10 旅程表の各フライト区間の出発前24時間以内は、qantas.com上でクラシック・フライトリワードにいかなる変更も認められません。

14.7.11 ポイント手数料(手数料表を参照してください)がかかるクラシック・フライトリワードの変更は、当初ポイントをクラシック・フライトリワードに引き換えた会員のみにより、かつ当該会員が該当する手数料を補うために十分なポイントを所持している場合のみ、行うことができます。

14.7.12 クラシック・フライトリワードの予約に対して電話または対面により行われた変更は、該当する変更手数料に加え、座席を利用する旅客1名あたりのサービス手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

14.8 混合のクラシック・フライトリワードの予約 - 航空券の変更

14.8.1 混合のクラシック・フライトリワード予約のいずれかの区間の最も制限的な運賃規則が、かかる混合のクラシック・フライトリワード予約のクラシック・フライトリワード区間への変更に適用されます。かかる予約のクラシック・フライトリワード区間への変更に関連する追加支払金(払い戻しを除きます)は、該当する最も制限的な区間の運賃規則に定める金額について支払わなければなりません。

14.9 クラシック・フライトリワード(混合のクラシック・フライトリワード予約の一部であるクラシック・フライトリワードを除きます) - 航空券の取消と払い戻し

14.9.1 カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社または航空会社パートナー(ジェットスター航空を含みます)の旅行について発行されたクラシック・フライトリワードの航空券は、旅行開始日前に払い戻しまたは再クレジットの申し込みをすることができます。該当する場合、期限切れとならないポイントのみが再クレジットされます。取り消し払い戻し手数料(手数料表をご覧ください)が適用されます。

14.9.2 クラシック・フライトリワードで旅行が開始した時点で、残りの移動が完了していないとしても、リワードは使用済とみなされます。ポイントは、未使用の航空券クーポンについて会員のアカウントに再クレジットされません。

14.9.3 クラシック・フライトリワードが航空会社により取り消され、合理的な代替の移動を調整できない場合、カンタスロイヤルティは、払い戻しが申し込まれたクラシック・フライトリワードの取り消し払い戻し手数料を免除し、該当する数のポイントを再クレジットします。

14.10 混合のクラシック・フライトリワード予約 - 航空券の取消と払い戻し

14.10.1 混合のクラシック・フライトリワード予約の場合、旅程表の区間の最も制限的な運賃規則が、以下の規定と共にクラシック・フライトリワード区間に関する取り消しおよび/または払い戻しに適用されます。

(a) 旅行の開始前に払い戻しを依頼する場合で、クラシック・フライトリワード区間を得るために支払う金額が該当する運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)と同額かそれを上回る場合、クラシック・フライトリワード区間の払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントを再クレジットをすることにより、また会員の承認済決済カードに支払った金額から、該当する運賃規則に定める該当の取り消し手数料(または払い戻し手数料)を差し引いた金額を払い戻すことにより行われます。 
(b) 旅行の開始前に払い戻しを依頼する場合で、クラシック・フライトリワード区間を得るために支払う金額が該当する運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)を下回る場合、クラシック・フライトリワード区間の払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントの払い戻し対象割合のみを再クレジットをし、会員の承認済決済カードに支払った金額の払い戻し対象割合のみを払い戻すことにより行われます。
(c) 旅行の開始後に払い戻しを依頼する場合、クラシック・フライトリワード区間の払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントの払い戻し対象割合のみを再クレジットし、会員の承認済決済カードに支払った金額の払い戻し対象割合のみを払い戻すことにより行われます。 
(d) 該当する場合、期限切れとならないポイントのみが再クレジットされます。
(e) 払い戻しの依頼は、カンタス航空への電話によりのみ行うことができます。

14.10.2 本会員規約に別段の定めがある場合を除き、クラシック・フライトリワード区間または混合のクラシック・フライトリワード予約の区間が取り消される場合で、該当する運賃規則において当初の運賃を新規の運賃の支払いに対するクレジットとして使用することができること、また本目的により当初の運賃または商用の航空券の価格(該当する運賃規則において言及するとおり)が必要な場合、クラシック・フライトリワード区間の当初の運賃または商用の航空券の価格は、該当する運賃規則に従って決定する未使用の航空券の残りのドル価として計算されます。

15. カンタス・ポイントの、ポイント・プラス・ペイのフライトへの引き換え

15.1 ポイント・プラス・ペイのフライト - 全般

15.1.1 ポイント・プラス・ペイのフライトの引き換えに必要なポイント数(およびそれらに適用される運賃規則)は変動します。ポイント・プラス・ペイのフライトに必要なポイント数およびそれに適用される運賃規則は、会員が予約をする時点で記載されるものです。

15.1.2 座席について該当する航空会社が請求する現金価格と、カンタス・フリークエントフライヤーを通じてポイント・プラス・ペイのフライトを引き換えるために必要なポイントとの間に固定した関係はなく、すべてのカンタス航空およびジェットスターの特別な販売促進運賃がポイント・プラス・ペイのフライトとして利用できることはありません。ポイント・プラス・ペイのフライトの運賃規則は、現金の運賃に適用される運賃規則とは異なります。

15.1.3 ポイント・プラス・ペイのフライトとして予約するために、座席は予約時点で該当するフライトにおいて利用可能でなければなりません。

15.2 ポイント・プラス・ペイのフライト - 予約

15.2.1 ポイント・プラス・ペイのフライトは、qantas.comにおいて または直接jetstar.com(場合に応じ)において予約手数料を負うことなく予約することができます(特定のポイント・プラス・ペイのフライトの予約について、会員は、予約を完了するために手数料を負うことなくjetstar.comに案内されることもあります)。

15.2.2 ポイント・プラス・ペイのフライトは、該当する航空会社が関連する座席を発売した時点から、以下のいずれかの早い時点まで予約することができます。 

(a) 運賃規則運賃規則に定める時期、および 
(b) qantas.com上において、国内便については出発予定の2時間前までにポイント・プラス・ペイのフライトが予約されていない限り、または国際便については出発予定の4時間前までにポイント・プラス・ペイのフライトが予約されていない限り、またjetstar.com上において(場合に応じ)、国内便か国際便かにかかわらず出発予定の2時間前までにポイント・プラス・ペイのフライトが予約できる場合には、出発予定の24時間前。

地域および海外の場所によっては、ポイント・プラス・ペイのフライトの航空券の発行および郵送(または、jetstar.comで予約されたポイント・プラス・ペイのフライトの場合、旅程表確認)を円滑にするために、14日前以降または14日前までに予約をすることが必要となる場合があります。出発地の空港の最低予約回数が適用されます。その他の空港の情報は、カンタス航空予約部に電話でお問い合わせください。

15.3 ポイント・プラス・ペイのフライト - 予約条件

15.3.1 本ウェブサイトまたはjetstar.com(場合に応じ)に記載されるポイント・プラス・ペイのフライトに必要なポイント(または必要なポイントに加え、ポイント・プラス・ペイのオプションに必要な金銭によるお支払金額)には、税金、料金および運送手数料(物品サービス税を含みます)が含まれますが、該当するリワード取扱手数料、現地の空港手数料およびチェックイン時に集金される手数料ならびに、当該リワードを得るために必要な金額を支払う際に承認済決済カードを使用する場合支払う料金(ならびにかかる料金についての物品サービス税)は含まれていません。会員は、リワード取扱手数料、現地の空港手数料およびチェックイン時に集金される手数料ならびに、当該リワードを得るために必要な金額を支払う際に承認済決済カードを使用する場合支払う料金(ならびにかかる料金についての物品サービス税)を支払う必要があります。

15.3.2 ポイント・プラス・ペイのフライトを得るために必要なポイント数と金銭によるお支払金額は、本ウェブサイトまたはjetstar.com(場合に応じ)の「予約」セクションに記載されています。

15.3.3 本会員規約のその他の定めにかかわらず、ポイント・プラス・ペイのフライトを得るために引き換えるポイント数と、必要な金銭によるお支払金額は、変更されることがあります。従って、ポイント・プラス・ペイのフライトを予約した時点の本ウェブサイトまたはjetstar.com(場合に応じ)において見積もられるポイント数と金額は、見積時点のみ有効です。jetstar.comでポイント・プラス・ペイのフライトの予約をする際、カンタス・ポイントおよび金銭の支払いの割合は、ジェットスターの裁量により、運賃、税金、料金、運送手数料および予約を補うその他の商品またはサービスに配分されます。予約が遅れるまたは見積時に完了しない場合、依頼した旅程表について見積もられたポイント数および金額は変わることがあります。

15.4 ポイント・プラス・ペイのフライト - 発券

15.4.1 (航空券ではなく)旅程表確認書は、jetstar.comで予約したポイント・プラス・ペイのフライトについて発行されます。旅程確認書は、jetstar.comでの予約の一環として、提供されたEメールアドレス宛に送信されます。

15.5 ポイント・プラス・ペイのフライト - 航空券の変更

15.5.1 ポイント・プラス・ペイのフライトの変更は、適用される運賃規則および本会員規約のみに従って行うことができます。ポイント・プラス・ペイのフライトの変更に関連する支払い(払い戻しを除きます)は、運賃規則に定めるとおり金銭により支払わなければなりません。かかる支払いを算出する目的により、ポイント・プラス・ペイのフライトの当初の運賃または商用の航空券の価格(該当する運賃規則において言及するとおり)は、運賃規則に従って決定する未使用の航空券(またはjetstar.comで予約したポイント・プラス・ペイのフライトの場合、予約)の残りのドル価として計算されます。

15.5.2 ポイント・プラス・ペイのフライトは、第15.6条に定める場合を除き、ポイントの再クレジットまたは金銭の払い戻しを生じる変更はできません。

15.6 ポイント・プラス・ペイポイント・プラス・ペイのフライト - 航空券の取消と払い戻し

15.6.1 ポイント・プラス・ペイのフライトの払い戻しは、適用される運賃規則および本会員規約に加え、以下の規定のみに従って行われます。

(a) 旅行の開始前に払い戻しを依頼する場合で、ポイント・プラス・ペイのフライトを得るために支払う金額が運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)と同額またはそれを上回る場合で、当初のポイント・プラス・ペイのフライトの予約がjetstar.comで行われていない場合、ポイント・プラス・ペイのフライトの払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントを再クレジットをすることにより、また会員の承認済決済カードに支払った金額から、運賃規則に定める該当の取り消し手数料(または払い戻し手数料)を差し引いた金額を払い戻すことにより行われます。 
(b) 旅行の開始前に払い戻しを依頼する場合で、ポイント・プラス・ペイのフライトを得るために支払う金額が運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)を下回る場合で、当初のポイント・プラス・ペイのフライトの予約がjetstar.comで行われていない場合、ポイント・プラス・ペイのフライトの払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントの払い戻し対象割合のみを再クレジットをし、会員の承認済決済カードに支払った金額の払い戻し対象割合のみを払い戻すことにより行われます。
(c) 旅行の開始後に払い戻しを依頼する場合で、当初のポイント・プラス・ペイのフライトの予約がjetstar.comで行われていない場合、ポイント・プラス・ペイのフライトの払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントの払い戻し対象割合のみを再クレジットをし、会員の承認済決済カードに支払った金額の払い戻し対象割合のみを払い戻すことにより行われます。
(c) 当初のポイント・プラス・ペイのフライトの予約がjetstar.comで行われており、旅行の開始前に払い戻しを依頼する場合で、運賃規則においてポイント・プラス・ペイのフライトが全額払い戻し可能と記載されており、ポイント・プラス・ペイのフライトを得るために支払った金銭が、運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)と同額またはそれを上回る場合、ポイント・プラス・ペイのフライトまたは予約の一部を補うその他の商品もしくはサービスの払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントを再クレジットし、会員の承認済決済カードに支払った金額から、運賃規則に定める該当の取り消し手数料(または払い戻し手数料)を差し引いた金額を払い戻すことにより行われます。
(e) 払い戻しの依頼が旅行開始の前か後かにかかわらず、またポイント・プラス・ペイのフライトを得るために支払った金銭が運賃規則に定める取り消し手数料(または払い戻し手数料)を下回るか、また当初のポイント・プラス・ペイのフライトの予約がJetstar.comで行われたかにかかわらず、ポイント・プラス・ペイのフライトまたは予約の一部として購入されたその他の商品またはサービスの払い戻しは、会員のアカウントに引き換えられたポイントの払い戻し対象割合のみを再クレジットし、会員の承認済決済カードに支払った金額の払い戻し対象割合のみを払い戻すことにより行われます。
(f) 該当する場合、期限切れとならないポイントのみが再クレジットされます。
払い戻しの依頼は、カンタス航空またはジェットスター(場合に応じ)の航空予約部への電話によりのみ行うことができます。

15.6.2 本会員規約に別段の定めがある場合を除き、該当する運賃規則において当初の運賃を新規の運賃の支払いに対するクレジットとして使用することができること、また本目的により当初の運賃または商用の航空券の価格(運賃規則において言及するとおり)が必要なことを条件として、ポイント・プラス・ペイのフライトが取り消される場合、ポイント・プラス・ペイのフライトの当初の運賃または商用の航空券の価格は、運賃規則に従って決定する未使用の航空券(または、jetstar.comで予約したポイント・プラス・ペイのフライトの場合、予約)の残りのドル価として計算されます。

16. クラシック・アップグレードリワード

16.1 総則

16.1.1 クラシック・アップグレードリワードは、qantas.comに掲載されるレートでポイントを引き換えることにより利用可能です(最新のポイント引き換えレベルは、qantas.comに掲載されています)。クラシック・アップグレードリワードは、容量制限を条件とし、利用可能性は限定されています。

16.1.2 会員は、クラシック・アップグレードリワードを依頼する時点および、クラシック・アップグレードリワードを確認する時点で、依頼対象のクラシック・アップグレードリワードのために十分なポイントを所持していなければなりません。ポイントは、クラシック・アップグレードリワードを確認する時点で会員のアカウントから差し引かれます。

16.1.3 クラシック・アップグレードリワードは、支払いと確認がなされた対象の航空券について、また以下のエコノミークラスおよびプレミアムエコノミークラスのクラシック・フライトリワードについて依頼することができます。

(a) 航空券にカンタス(QF)の便名が記載された、カンタス航空が運航するサービスおよび、
(b) 航空券にカンタス航空(QF)の便名が記載された、コードシェアフライトにおいて随時。
いずれも本会員規約に従うこととします。

16.1.4 クラシック・アップグレードリワードは、以下で旅行をする際には利用できません。

(a) 同一の予約で、クラシック・フライトリワードのフライト以外のフライトと混合の、ビジネスクラス国際クラシック・フライトリワードを含む、ビジネスクラスの国際クラシック・フライトリワードのフライト。
(b) E、N、OおよびQクラスで予約したポイント・プラス・ペイのフライトを含む、割引のカンタス国際航空運賃。
(c) カンタスロイヤルティが随時利用可能としない限り、航空券にカンタス航空(QF)の便名があるコードシェアフライト。

16.1.5 航空券に記載される個々の区間の2つ以上についてクラシック・アップグレードリワードを依頼する場合、必要なポイントは、各区間について個別に見積もられます。

16.1.6 以下の条件が、クラシック・アップグレードリワードの利用に適用されます。

(a) クラシック・アップグレードリワードは、日付未定の航空券、ポイント獲得に適格でない運賃、旅行業界の運賃減額航空券、懸賞による航空券またはその他販売促進の提供物と併せて使用することはできません。
(b) クラシック・アップグレードリワードは、会員が航空券を発行した対象の旅程表に記載される区間のみについて依頼することができます。
(c) クラシック・アップグレードリワードは、以下のアップグレードを得る目的に限り使用することができます。
(i) エコノミークラスの割引、エコノミークラスもしくはフレキシブル・エコノミークラスからプレミアムエコノミークラス、またはクラシック・フライトリワード・エコノミーからプレミアムエコノミークラス(利用可能な場合)、
(ii) エコノミークラスの割引、エコノミークラスもしくはフレキシブル・エコノミークラスからビジネスクラス、またはクラシック・フライトリワードエコノミーからビジネスクラス(利用可能な場合)
ご注意:クラシック・アップグレードリワードからビジネスクラスへの登録時点で、会員はクラシック・アップグレードリワードからプレミアムエコノミークラスへの依頼も登録することができます(利用可能な場合)。クラシック・アップグレードリワードからビジネスクラスへの依頼が受け入れられない場合、この依頼が考慮されることとなります。
(iii) プレミアムエコノミークラスの割引、プレミアムエコノミークラス、フレキシブル・プレミアムエコノミークラスまたはクラシック・フライトリワードのプレミアムエコノミークラス(利用可能な場合)からビジネスクラス、
(iv) ビジネスクラスの割引、ビジネスクラスまたはフレキシブル・ビジネスクラスからファーストクラス(利用可能な場合)。
ご注意:ビジネスクラスの割引、ビジネスクラスまたはフレキシブル・ビジネスクラス以外から、ファーストクラスへのアップグレードはできません。
(d) ポイントとステータス・クレジットは、アップグレードされた旅行のクラスではなく、当初購入または引き換えた旅行のクラスについてのみ取得できます。
(e) 当初購入または引き換えをした運賃に適用される運賃規則は、アップグレード後の旅行のクラスにかかわらず適用されます。また、
(f) アップグレード後の旅行のクラスでは、特別食が利用できないことがあります。

16.1.7 クラシック・アップグレードリワードの依頼を登録した会員は、確認済のクラシック・アップグレードリワードを与えられているかを、SMSメッセージか、qantas.comの「予約の照会」を通じて、またはフライトのチェックイン時にお知らせします。

16.1.8 会員が、当該区間についてクラシック・アップグレードリワードの確認をする前にフライト区間を取り消しまたは変更する場合、クラシック・アップグレードリワードの依頼は取り消され、新たにクラシック・アップグレードリワードの依頼をしなければなりません。

16.1.9 第16.1条を条件として、会員が出発予定前の24時間以内に確認済のクラシック・アップグレードリワードを取り消す場合、またはクラシック・アップグレードリワードが確認されたフライトに搭乗しない場合(不参)、会員はクラシック・アップグレードリワードおよびクラシック・アップグレードリワードを引き換えるために使用したポイントを没収され、当初購入したまたは引き換えた旅行のクラスで座席を利用することができなくなります。会員が、出発予定の24時間前より前に、確認済のクラシック・アップグレードリワードを取り消す場合、クラシック・アップグレードリワードは払い戻しをすることができ、未使用クラシック・アップグレードリワードの払い戻し手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

16.1.10 会員は、カンタス航空がクラシック・アップグレードリワードの確認をする時点の前には随時、ポイントを没収されることなく、クラシック・アップグレードリワードの依頼を取り消すことができます。

16.1.11一件の予約において旅客が複数いる場合で、すべての旅客が対象家族会員である場合、クラシック・アップグレードリワードのオンラインでの依頼は各旅客に適用されます。予約に対象家族会員以外の旅客を含む場合、旅客はカンタス航空に連絡して予約を分割する必要があります。その後かかる会員は、クラシック・アップグレードリワードの依頼をすることができます。

16.1.12 クラシック・アップグレードリワードの依頼が行われた時点で、クラシック・アップグレードリワードが依頼された時点とフライト出発時点との間の一切のPINの変更をカンタス航空に通知しなければなりません。 かかる通知がない場合、 クラシック・アップグレードリワードの依頼は処理が行われません。

16.1.13 クラシック・アップグレードリワードに適用される追加条件は、クラシック・アップグレードリワードの依頼を行う時点でqantas.comに定められるものであり、かかる依頼を行う前に承諾しなければなりません。

16.2 クラシック・アップグレードリワード - オーストラリア国内のみの旅行について(QF400以上のフライトおよびQF1-199の国内フライト区間での旅行)

16.2.1 クラシック・アップグレードリワードは、フライトの出発予定の353日前から24時間前までの特定のフライトおよび日付について依頼することができます。クラシック・アップグレードリワードの付与は、依頼時点の空席状況を条件とします。クラシック・アップグレードリワードが依頼時点で利用できる場合、ただちに確認が行われ、ポイントが会員のアカウントから差し引かれます。

16.2.2 クラシック・アップグレードリワードが依頼時点で利用できない場合、会員はその後、自らが予約したフライトについて将来利用可能となった時点でクラシック・アップグレードリワードを登録するよう選択することができるようになります。カンタスロイヤルティは、フライトの出発予定の90日前から24時間前までに随時、会員のカンタス・フリークエントフライヤーのメンバーシップレベルに応じ、クラシック・アップグレードリワードの登録済の依頼について付与するか(該当がある場合)を決定します。クラシック・アップグレードリワードは、以下の順番で、会員のカンタス・フリークエントフライヤーのステータスレベルに従って会員に付与されます。第1にプラチナ・ワン会員、次にプラチナ会員、次にゴールド会員、次にシルバー会員、次にブロンズ会員。

16.2.3 クラシック・アップグレードリワードが、同一のカンタス航空(QF)便名での国際区間と国内区間を含む旅程表について依頼される場合は、国際クラシック・アップグレードリワードとして取り扱われます。国際クラシック・アップグレードリワードに固有の規定は、第16.3条に記載されています。

16.3 クラシック・アップグレードリワード - 国際便(QF1-199のフライト)について

16.3.1 クラシック・アップグレードリワードは、カンタス航空への電話により、または会員がEチケットを保有している場合には本ウェブサイトにて、フライトの最初の空港からの出発予定の353日前から24時間前までに、特定のフライトと日付について依頼することができます。クラシック・アップグレードリワードの付与は、空席状況を条件とします。クラシック・アップグレードリワードの依頼は、出発空港からの出発予定の24時間前以降は受け付けできません。

16.3.2 カンタスロイヤルティは、出発空港からのフライトの出発予定の7日前から24時間前までに随時、会員のカンタス・フリークエントフライヤーのステータスレベルにより、クラシック・アップグレードリワードの依頼について付与するか(該当がある場合)を決定します。

16.3.3 クラシック・アップグレードリワードは、以下の順番で、会員のカンタス・フリークエントフライヤーのステータスレベルに従って会員に付与されます。第1にプラチナ・ワン会員、次にプラチナ会員、次にゴールド会員、次にシルバー会員、次にブロンズ会員。

16.3.4 国際クラシック・アップグレードリワードの依頼時点で、会員が一人で旅行をしている場合、会員は空港でアップグレードを検討することを選択できます(クラシック・アップグレードリワードを予め確認していない場合)。空港での国際線クラシック・アップグレードリワードに適用される追加条件は、クラシック・アップグレードリワードの依頼を行う時点でqantas.comに掲載されている条件であり、かかる依頼を行う前に承諾しなければなりません。

16.3.5 旅客に予約が別の同行者がいる場合、クラシック・アップグレードリワードの付与は、各予約について個別に処理されます。カンタス航空およびカンタスロイヤルティは、両者の依頼について付与されることを保証はできません。

16.3.6 クラシック・アップグレードリワードが付与された時点で、旅客は従前の座席の割り当てを失い、クラシック・アップグレードリワードの取消を希望する場合にも、当初のクラスでの座席は利用できない場合があります。

16.3.7 クラシック・アップグレードリワードが、同一のカンタス航空(QF)便名での国際区間と国内区間を含む旅程表について依頼される場合、国際クラシック・アップグレードリワードとして取り扱われます。

17. 国内オン・デパーチャー・アップグレード・リワード

17.1 オン・デパーチャー・アップグレード・リワードは、qantas.comにおいて公開され、かつ本第17条に定めるレートと条件でポイントを引き換えることにより利用できます。ポイントは、依頼が正常に処理をされた時点で会員のアカウントから差し引かれます。

17.2 オン・デパーチャー・アップグレード・リワードは、カンタスクラブラウンジ(オーストラリア国内のカンタスクラブラウンジのみ)にアクセス可能な会員が依頼することができます。これは、第三者が運営する空港ラウンジやカンタスリンク・ラウンジからは利用できません。カンタスクラブ会員は、1名で旅行中空席があれば、国内のチェックイン・キオスクでオン・デパーチャー・アップグレード・リワードを依頼することもできます。

17.3 オン・デパーチャー・アップグレードリワードは、カンタス航空のオーストラリア国内便(QF400以上)において、以下の1キャビンクラスのアップグレードのみ依頼することができます。エコノミークラスの割引、エコノミークラスまたはフレキシブル・エコノミークラスからビジネスクラスおよび、クラシック・フライトリワード・エコノミークラスからビジネスクラス。オン・デパーチャー・アップグレード・リワードは、カンタス航空が運航する国際便(QF1-199)の国内区間には利用できません。

17.4 オン・デパーチャー・アップグレード・リワードは、出発予定の3時間前から搭乗開始までに限り依頼できます。

17.5 オン・デパーチャー・アップグレード・リワードの付与は、該当する予約クラスの空席状況と、空港運営要件を条件とします。特別食は、アップグレード後のクラスで利用できないことがあります。カンタスロイヤルティは、特定の航路についてまたは特別な事情がある場合、事前の通知なくかかる便宜を制限しなければならないことがあります(例として、カンタスクラブ職員への要求が増大するような、サービスへの予想外の影響がある場合など)。

17.6 確認と処理が行われた後、オン・デパーチャー・アップグレード・リワードに引き換えられたポイントは、いかなる理由によっても再クレジットまたは払い戻しされることはありません。ただしポイントが、カンタス航空またはカンタスロイヤルティの誤りの結果として不正確に引き換えられた場合はこの限りではありません。

18. バウチャー

18.1 バウチャーは、オーストラリアまたはニュージーランドにおいてリワードとして利用することができ、オーストラリアのカンタスストアまたはニュージーランドのカンタスストアのウェブサイトに記載されるレベルで、ポイントを、カンタスロイヤルティが定めるその他の商品やサービスに引き換えることができます。バウチャーは、発行日からバウチャーに明記する期間について有効です。

18.2 バウチャーの依頼は、 オーストラリアのカンタスストア または ニュージーランドのカンタスストア のウェブサイトを通じて、電話もしくはファックスにより、または14日前の郵送をもって行うことができます。バウチャーの発行には最長10営業日までかかることがあり、その後Eメールで送信されるか、または通常郵便で郵送されます。バウチャーの到着までに十分な時間を設けることは、会員の責任です。リワード取扱手数料(手数料表を参照してください)は、カンタスストアで電話により行われたそれぞれの注文に適用されることがあります。

18.3 バウチャーは、滅失、盗難、毀損または破棄された場合、金銭と交換または差し替えることができず、バウチャーの条件に従って発行されます。

18.4 バウチャーは、そこに記載されるサービスのみを対象とします。バウチャーに明記されていない、ホテルの食事、ランドリーまたは電話料金およびレンタカーのガソリンまたは保険などその他の品目は、使用者が支払わなければなりません。

19. ポイントのチャージ

19.1 会員が、特定のリワードを引き換えるために十分なポイントを所持していない場合、カンタスロイヤルティが指定するレートで、かかるリワードのために追加のポイントを購入することができます。これは、以下を条件とします。

(a) 購入するポイントが、当該会員のアカウントのみにクレジットされること。
(b) ポイントが、特定のリワードを引き換えることのみを目的として購入されること。
(c) 各購入は1,000ポイントを下限、150,000ポイントを上限とし、カンタスロイヤルティが指定し得るポイント数を単位としなければならないこと。
(d) 各会員が12か月間の間に、4回追加ポイントを購入できること。
(e) ポイントを購入した時点で、払い戻しはできないこと。
(f) 会員は、カンタス・フリークエントフライヤー・プログラムに加入後30日間はオンラインで追加ポイントを購入できないこと。

19.2 追加ポイントの購入は、リワードの利用可能性を保証するものではありません。

19.3 電話によるカンタス・ポイントの購入にはすべて、カンタス航空による別段の定めがない限り、リワード取扱手数料(手数料表を参照してください)がかかります。

19.4 ポイントには金銭的な価値はなく、金銭に変換することはできません。これらは、本会員規約に従う場合を除き、販売、移行または交換することはできません。追加ポイントの価格は、ポイントの金銭的価値を示すものではありません。

20. メンバーシップのレベル、ステータス・クレジットおよび特典

20.1 メンバーシップのレベル

20.1.1 カンタス・フリークエントフライヤーには、5つのメンバーシップのレベルがあります。入会時のレベルはブロンズです。会員は、ステータス・クレジットを獲得することにより、上位のレベル(シルバー、ゴールド、プラチナおよびプラチナ・ワン)に進むことができます。

20.1.2 ステータス・クレジットは、カンタス航空、ワンワールドアライアンス航空会社、フィジー・エアウェイズ、ジェットスター航空、カンタスリンクおよび、カンタスロイヤルティが随時定めるその他の航空会社の特定の定期便および運賃についての、有料の旅行またはポイント・プラス・ペイのフライト(疑義を避けるために付言すると、クラシック・フライトリワードのフライトを除きます)について獲得できます。qantas.comの航空会社ポイント加算表をご覧ください。

20.1.3 ステータス・クレジットは、以下の旅行について獲得できません。

(a) 航空会社ポイント加算表に記載されていない、またはかかる表から除外されている、特定のワンワールドアライアンス航空会社と航空会社パートナーの運賃の種類および経路(詳細については航空会社ポイント加算表をご覧ください)。
(b) 幼児運賃(幼児運賃には、有料の座席を利用して移動する幼児を含みません)、
(c) チャーター便、
(d) 貨物専用機、
(e) 無料航空券、
(f) クラシック・フライトリワードのフライト、 
(g) 旅行業界のリベート航空券、 
(h) 懸賞の賞品の航空券、
(i) オークションで入手した航空券または、
(j) ステータス・クレジット獲得を制限されたまたは、ステータス・クレジット累計を除外する特別な規定の対象である航空券。

20.1.4 シルバー、ゴールド、プラチナおよびプラチナ・ワンのステータスレベルに到達しこれらを保有するために必要なステータス・クレジット数は、qantas.comで公開されています。

20.1.5 シルバー、ゴールド、プラチナおよびプラチナ・ワンのステータスレベルに到達しこれらを保有するために各メンバーシップ年度において必要な旅行には、カンタス航空、カンタスリンクまたはジェットスター航空がマーケティング航空会社である対象フライト区間を4つ以上含まなければなりません。

20.1.6 メンバーシップのステータスレベルは、1年以上有効です。

20.1.7 会員がゴールド、プラチナおよびプラチナ・ワンのステータスレベルを維持する期間については、カンタスクラブの利用規約に基づき、無料のカンタスクラブ・メンバーシップが付与されます。

20.1.8 提案された予約がステータス・クレジットを獲得するために適格か、またステータス・クレジットの獲得数について確認することは、会員の責任です。

20.1.9 カンタス航空による別段の定めがない限り、会員のステータスレベルとステータス・クレジットは、カンタスビジネスリワードのメンバーシップ・アカウントに適用されません。

20.2 永久会員認定

20.2.1 永久会員認定は、所定の累計ステータス・クレジットレベルに達した会員に付与されることがあります。1998年9月1日より前にカンタス・フリークエントフライヤーに入会した会員について、その累計ステータス・クレジットの合計には、1998年9月1日から取得したすべての階層のクレジットまたはステータス・クレジットを含むこととなります。1998年9月1日より後にカンタス・フリークエントフライヤーに入会した会員について、その累計ステータス・クレジットの合計は、入会日から開始することとなります。

20.3 追加特典

20.3.1 カンタスロイヤルティは、メンバーシップのレベルに基づき随時追加の特典を付与することがあります。かかる特典または選定の詳細と、適用される追加条件は、qantas.comに掲載されています。

20.4 プラチナ・ボーナスリワード

20.4.1 プラチナ会員またはプラチナ・ワン会員は、単年のメンバーシップ年度においてかかる会員が、カンタス航空(QF)の便名のフライト(カンタス航空(QF)の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)またはジェットスター航空(JQ、3K、GKおよびBL)の便名のフライト(ジェットスター航空の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)により獲得したステータス・クレジットが最初に2,400に達した場合、選定された特典(カンタスロイヤルティが決定および提供するとおり)の一つを選択する機会を与えられることがあります。その他のパートナー航空会社、搭乗以外の募集から、またステータス・クレジット・ボーナス獲得プロモーションおよびロイヤルティボーナスから獲得したステータス・クレジットは、プラチナ・ボーナスリワードに加算されません。かかる特典または選定の詳細および適用される追加条件は、qantas.com/platinumに掲載されています。本条に基づき行われる募集は、プラチナ・ボーナスリワードを達成した日付から90日後に期限切れとなります。募集の期限到来後の遡及した請求はできません。

20.4.2 プラチナまたはプラチナ・ワン会員は、以下の条件により無料のゴールド・メンバーシップを付与されることがあります。

(a) 各会員は、メンバーシップ年度ごとに1名に限り、家族会員または友人を指名することができます。翌メンバーシップ年度に無料ゴールド・メンバーシップを保持するには、会員が、メンバーシップ年度の単年で、カンタス航空(QF)の便名のフライト(カンタス航空(QF)の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)またはジェットスター航空のフライト(JQ、3K、GKおよびBL)の便名(ジェットスター航空の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)から2,400ステータス・クレジット を取得し、 以後の各メンバーシップ年度において無料ゴールド・メンバーシップを選択する必要があります。無料ゴールド・メンバーシップ年度は、プラチナ会員またはプラチナ・ワン会員本人による指名日から、ゴールド会員のフリークエントフライヤー・メンバーシップ有効期限までに及ぶ12ヶ月として計算されます。
(b) 当該家族会員または友人が、翌メンバーシップ年度において無料ゴールド・メンバーシップに指名されない場合(または当該会員が、第20.4.1条に基づく特典の資格がない場合)、無料ゴールド会員は、基準を満たすことで通常のゴールドステータスレベルの対象となります
(c) 会員が、家族会員または友人を無料ゴールド・メンバーシップに指名した時点で、当該メンバーシップ年度において他の方を選ぶことはできません。

20.5 プラチナ・ワンの追加特典

20.5.1 プラチナ・ワン会員は、以下の条件により、無料プラチナ・メンバーシップを受けるようそのパートナーを指名する機会を与えられることがあります。

(a) 現行のメンバーシップ年度の残り期間が1ヶ月を超える(かつ現行のメンバーシップ年度においてまだパートナーを指名していない)プラチナ・ワン会員は、プラチナ・メンバーシップを受けるようそのパートナーを指名することができます。プラチナ・ワン会員は、メンバーシップ年度ごとに一名のパートナーのみを指名することができます。翌メンバーシップ年度において無料プラチナ・メンバーシップを保持するには、プラチナ・ワン会員が、3,600ステータス・クレジット以上(カンタス航空が販売するフライトでの2,700以上を含みます)を獲得する必要があります。
(b) 無料プラチナ・メンバーシップ年度は、プラチナ・ワン会員本人の年度と一致します。
(c) プラチナ・ワン会員は、指名したパートナーを随時解除することができます。しかしながら新しいパートナーを指名するためにはプラチナステータスになるまで待つことが必要なこともあります。プラチナ・ワン会員が、プラチナ・ワンメンバーシップを保持するために必要なステータス・クレジットを獲得した場合、現行のメンバーシップ年度末の2ヶ月前または新しいプラチナ・ワンメンバーシップ年度において随時、指名したパートナーを変更することができます。ただしかかる会員が、新しいメンバーシップ年度において指名したパートナーを追加しておらず、以前に変更もしていないことを条件とします。指名されたパートナーのプラチナ・メンバーシップは、プラチナ・ワン会員が、プラチナ・ワンメンバーシップを保持するために必要なステータス・クレジットに達した時点で自動的に延長されます。
(d) 指名されたパートナーが解除されない限り、かかるパートナーはプラチナ・ワン会員がステータスを保持する期間中はプラチナ・メンバーシップを受けることとなります。指名されたパートナーが解除される、またはプラチナ・ワン会員がプラチナ・ワンメンバーシップを保有しない時点で、指名されたパートナーのステータスは、かかるパートナーが変更直前の12ヶ月間に取得したステータス・クレジット数で評価され、そのメンバーシップ・ステータスは適宜調整されます。

20.6 プラチナ・ワン会員の追加特典

20.6.1 プラチナ・ワン会員は、以下の条件に基づき、下記のサービスとサポートについての料金を免除されます。

(a) カンタス・ポイントを使用してリワードフライト、クラシック・アップグレードリワードを予約する場合および、カンタス航空予約部を通じて予約時に現金で支払った商用予約について、プラチナ・ワン会員のリワード取扱手数料と予約手数料は免除されます。商用予約手数料の免除に適格となるためには、新規予約においてカンタス航空(QF)便名が1つ以上、旅行をするプラチナ・ワン会員が1名以上、当該予約または、家族会員のために新たな予約をする場合には同じ便の別の予約に、含まれていなければなりません。商用予約手数料の免除は、当該予約に含まれるすべての旅客に適用されます。変更手数料を含むその他の料金は、引き続き適用されます。
(b) 対象家族会員とのポイント移行のサービス手数料は、プラチナ・ワン会員のフリークエントフライヤー・アカウントとの対象家族会員とのポイント移行のいずれについても免除されます。

20.6.2 カンタス航空の国内フレキシブルの運賃で旅行をするプラチナ・ワン会員は、以下の条件に基づき、該当する運賃の差額を支払うことなく、移動日に次の利用可能な便に変更の依頼をすることができます。

(a) フレックス運賃のカンタス航空国内便で移動していなければなりません(B、H、K、M、Y、JまたはCクラスで予約したもの)、
(b) 変更は、当初のフライトと同日に同じ経路で出発するフライトについて、カンタス航空の空港ラウンジまたはカンタスサービスデスクのみで行うことができ、同じキャビンの空席状況を条件とします。
(c) 変更は、依頼が行われた空港から出発する単一の区間のみについて行うことができます。
(d) 標準のチェックインとフライト締め切り時間が適用されます。

20.6.3 プラチナ・ワン会員は、以下の条件に基づき、2倍のカンタス・ポイントを獲得する機会を利用することができます。

(a) qantas.com/restaurantsを通じ、会員番号と氏名を使用して加盟レストランに予約をしていなければなりません。
(b) 提供を受けるために適格となるためには、食事をした時点と、カンタス・ポイントがそのアカウントにクレジットされる時点で、プラチナ・ワン会員でなければなりません。ボーナス・カンタス・ポイントは、基本獲得レートによって計算され、基本ポイントがクレジットされた後3営業日以内に会員のアカウントに表示されます。

20.6.4 プラチナ・ワン会員は、カンタス・ゴルフクラブ利用規約に基づき、カンタス・ゴルフクラブの無料のプレミアム・メンバーシップを受けることができます。

20.6.5 プラチナ・ワン会員が、メンバーシップ年度の単年において、カンタス航空(QF)の便名のフライト(カンタス航空(QF)の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)またはジェットスター航空のフライト(JQ、3K、GKおよびBL)の便名(ジェットスター航空の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)のフライトで5,000ステータス・クレジットを取得する場合、75,000カンタス・ポイントのボーナスを受け取ります。プラチナ・ワン会員が、メンバーシップ年度の単年において、カンタス航空(QF)の便名のフライト(カンタス航空(QF)の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)またはジェットスター航空のフライト(JQ、3K、GKおよびBL)の便名(ジェットスター航空の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)のフライトで7,000ステータス・クレジットを取得する場合、さらに100,000カンタス・ポイントが付与されます。パートナー航空会社のその他の対象フライトおよびステータス・クレジットのボーナス獲得プロモーションで取得したステータス・クレジットは、上記のポイントボーナスとしてみなされません。ボーナス・カンタス・ポイントは、要求される基準に達した後2営業日以内に、プラチナ・ワン会員のアカウントに表示されます。

20.7 プライオリティ・エコノミークラスシートの購入

20.7.1 プラチナ・ワン会員およびプラチナ会員は、以下の条件に基づき、プライオリティ・エコノミークラスシートの購入を利用できます。 

(a) 会員は、カンタス航空の便名を用いたカンタス航空が運航する便(非ジェットのカンタスリンク便を除きます)の、国内便(YまたはBクラスの完全フレキシブル運賃)または国際便(Yクラスのフル・エコノミークラスまたはY、BもしくはHクラスの最高往復運賃)の指定された種類の運賃による航空券を保有または購入しなければなりません。
(b) 依頼1件あたり上限2席が認められます。その一方は会員が使用しなければならず、他方は有料の航空券により当該会員の同行者が利用します。
(c) 予約または依頼は、出発予定の前日の正午(出発地の現地時間)までに行わなければなりません。
(d) 国内フライトについて、また場所にかかわらず国際的に提供される場合には、紙の航空券ではなくEチケットを購入しなければなりません。
(e) カンタスロイヤルティは、特定の経路についてまたは特別な事情がある場合、事前の通知なくかかる便宜を制限しなければならないことがあります。 
(f) 通常のチェックインの時間と条件が適用されます。 
(g) 本サービスは、リワードフライトには適用されません。

20.8 ロイヤルティボーナス

20.8.1 会員は、メンバーシップ年度の単年において、カンタス航空(QF)の便名のフライト(カンタス航空(QF)の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)またはジェットスター航空のフライト(JQ、3K、GKおよびBL)の便名(ジェットスター航空の便名を用いたパートナー航空会社のフライトを含みます)で取得した500ステータス・クレジットごとに、8,000ポイントまたは50ステータス・クレジットのいずれかのロイヤルティボーナス(メンバーシップ年度ごとにロイヤルティボーナスの上限は4とします)の選択権を得ることとなります。ステータス・クレジットを取得可能な対象フライトと運賃については、航空会社ポイント加算表をご覧ください。

20.8.2 会員は、ロイヤルティボーナスに達した日から90日以内に、好みのロイヤルティボーナスを選択しなければなりません。

20.8.3 会員がロイヤルティボーナスのステータス・クレジットを受け取ることを選択する場合、このステータス・クレジットは、シルバー、ゴールドおよびプラチナの層の到達と保持に加え、永久シルバー会員およびゴールド会員となります。ロイヤルティボーナスのステータス・クレジットは、次回のロイヤルティボーナスまたはプラチナ・ワンの達成、保持、プラチナ・ボーナスリワード もしくは第20.6.5条によるその他のプラチナ・ワンの追加特典とはみなされません。

20.8.4 ロイヤルティボーナスの算出に関するステータス・クレジットの残高は、会員の現行のメンバーシップ年度内に取得したものを認識する目的に限り調整されます。前メンバーシップ年度に取得したステータス・クレジットは、ロイヤルティボーナスの算出において認識されません。

20.8.5 本第20.8条に基づくロイヤルティボーナスを目的としたステータス・クレジットの計算は、レベル保持に用いるステータス・クレジットに影響することはありません。

20.9 クラシック・フライトリワードの座席の割り当て

20.9.1 カンタスロイヤルティはその裁量により、ブロンズより上位のメンバーシップレベルを保持する会員に、カンタス航空が運航するフライトの厳選されたクラシック・フライトリワードの座席について、追加の割り当てまたは優先的な利用(空席がある場合)を提供することがあります。

21. カンタスストアとリテールリワード

21.1 ポイントをリテールリワードに引き換える前に、ストア利用規約を読んで承諾することは、会員の責任です。リテールリワードは、これらのストア利用規約および本会員規約に従う場合のみ取得することができます。

21.2 リワード取扱手数料(手数料表を参照してください)は、カンタスストアでの電話による各注文に適用されることがあります。

21.3 本第21条に記載する条件(ストア利用規約に加え)は、リテールリワードおよびリテールリワードを取得するためのポイント引き換えに適用されます。

21.4 本会員規約のいずれかの定めが、ストア利用規約のいずれかの定めと抵触する場合、かかる抵触の範囲において、本会員規約の定めを優先します。

21.5 会員は、以下を認めます。

(a) リテールリワードを取得するために引き換えが必要なポイントと、ポイント・プラス・ペイのオプションにより支払いが必要な金額は、オーストラリアのカンタスストア または ニュージーランドのカンタスストア のウェブサイト で閲覧することができ、会員への事前の通知なく、リテールリワードの引き換え前に変更されることがあります。
(b) リテールリワードに関する情報が正確であることを確認するためにあらゆる合理的な努力をすることとします。ただし消費者保護法に基づく特定の法定上の保証により求められる場合を除き、カンタス航空はかかる情報の完全性または正確性の欠如について責任を負いません。
(c) リテールリワードは、在庫数が限定されることがあります。
(d) リテールリワードは、提供時間が限定されることがあります。 
(e) リテールリワードは、その供給業者の利用規約を条件とします。また、
(f) リテールリワードの可用性は、その供給業者の容量制限の影響を受けることがあります。

リテールリワードに該当するその他の制限については、オーストラリアのカンタスストア または ニュージーランドのカンタスストア のウェブサイトで閲覧することができます。

21.6 会員は、自らの裁量によりリテールリワードを取得するためにポイントを引き換えます。カンタス航空とカンタスロイヤルティは、リテールリワードの基本的価値(ドル建てのバウチャーの額面価格を除きます)について保証も表明も一切しません。

21.7 法律により義務づけられる場合を除き、カンタス航空とカンタスロイヤルティは、リテールリワードに関しいかなる種類の責任も負いません。カンタス航空とカンタスロイヤルティがリテールリワードに対し責任を排除できない場合について、かかる責任は以下に限定されます。

(a) 会員がリテールリワードを取得するために引き換えたポイントを再クレジットすること、また会員がポイント・プラス・ペイのオプションにより支払った金額を払い戻すこと、または
(b) リテールリワードの交換または再供給。

いずれもカンタスロイヤルティの裁量によります。

21.8 リテールリワードは、独立した供給業者により製造および/または供給されています。消費者保護法に基づく特定の法定上の保証が、消費者の利益のためにリテールリワードに適用されることがあります。本会員規約のいずれの定めも、かかる消費者保護法の適用の排除または制限を意図するものではありません。しかしながらカンタス航空とカンタスロイヤルティは、リテールリワードについて、いかなる種類の明示的または黙示的な保証または表明もせず、これには市場性、特定目的による適合性またはその他当該法の適用外の事項にかかる保証を含みます。

21.9 カンタスロイヤルティは、随時かつ会員への事前の通知なく、以下について撤回、制限、変更、取り消し、または増減をすることができます。

(a) 特定のリテールリワード、
(b) リテールリワード提供について通知済の条件、
(c) 引き換え可能なリテールリワードの数量。

22. 個人情報

22.1 各会員は、カンタス航空が会員に特典を提供しカンタス・フリークエントフライヤーを運営するため、および本条でその他定められている活動を行うため、会員に関する情報を収集、使用および開示することを承認します。第22条における、かかる使用についての情報は、カンタス航空ウェブサイト上に記載されているプライバシーポリシーを併せてお読みください。これには会員の個人情報が処理される方法の詳細が説明されています。

22.2 要求される情報の全部または一部を会員が提供しない場合、カンタス航空が当該会員に提供するサービスおよび会員が受け取る特典に影響が及ぶ場合があります。

22.3 カンタス航空は以下のために、各会員についての個人情報を収集します(カンタス・フリークエントフライヤー会員が利用できる商品およびサービスを含む)。 

(a) カンタス航空が会員に商品およびサービスを販売できるようにするため。これには、カンタス航空のパートナーおよび会員が興味をもつとカンタス航空が考える商品およびサービスを提供しているその他の第三者の商品およびサービスが含まれます。これはカンタス・フリークエントフライヤーの主な目的の1つです。
(b) 以下を含む、カンタス・フリークエントフライヤーおよびその他組織のロイヤルティ・プログラムへの会員の加入を促すため。
(i) 会員のメンバーシップへの申し込みを評価する 
(ii) 会員にポイントを提供する 
(iii) カンタス・フリークエントフライヤーへの加入資格を確認し、カンタス・フリークエントフライヤーに関連する商品およびサービスを提供する 
(iv) 会員のカンタス・フリークエントフライヤーの利用を強化および調整する 
(c) 会員の好みおよび関心をよりよく理解し、会員に合った体験を組み、会員に提供される商品およびサービスを強化することができるようにカンタス航空および第三者が会員についての消費者インサイトを生成するため、カンタス航空および第三者がカンタス航空ならびにその旅行パートナーおよびプログラムパートナーの商品やサービスについて、会員に伝えられるようにするため。これを行うために、カンタス航空は第三者および公共の情報源(オーストラリア統計局のセンサスデータなど)から会員についての個人情報を収集および組み合わせることがあります。
(d) 会員が「対象のカンタス・キャッシュ会員」である場合、オーストラリアのPDS(会員がオーストラリアに居住する場合)の第19.3条、またはニュージーランドのPDS(会員がニュージーランドに居住する場合)の利用規約の第19.2条に定められている目的のため。
(e) カンタス航空およびカンタスロイヤルティのウェブサイトおよびサービス(商品開発ならびに市場および行動調査の手段を含む)を向上させるため。
(f) カンタス・フリークエントフライヤーの運営管理のため。

22.4 カンタス航空は、会員がカンタス・フリークエントフライヤーのアカウントへのログイン時を含め、会員から直接、個人情報を収集することがあります。カンタス航空は第三者、カンタス航空に関連する企業体、ジェットスターブランドの企業、提携航空会社、カンタス航空およびカンタス航空のプログラムパートナーにサービスを提供する第三者(会員がカンタス航空のプログラムパートナーから登録して、このパートナーと取引する場合など)からも、会員の個人情報を収集することがあります。

22.5 上記の理由により、カンタス航空は会員の個人情報を以下に開示することがあります。

(a) 提携航空会社、ワンワールド®アライアンス航空会社、航空会社以外のプログラムパートナー。特に、会員が関連会員である場合、カンタス航空はエミレーツが関連会員にスカイウォーズ・フリークエントフライヤープログラム(またはこれに代わるロイヤルティ・プログラム)のメンバーシップを提供する目的で、関連会員の情報をアラブ首長国連邦のエミレーツに開示することがあります。 
(b) 会員がカンタス・フリークエントフライヤー・メンバーシップをウールワースリワード・メンバーシップと関連付けることを希望する場合、カンタス航空は会員の個人情報をWoolworths Ltdと交換します。
(c) 当社のグループ会社
(d) カンタス・フリークエントフライヤーのためにサービスを提供するすべての第三者。会員の会員資格を判断するうえでカンタス航空を補助する第三者、カンタス・フリークエントフライヤーの商品およびサービス(会員が利用できる商品およびサービスを含む)を提供する第三者、プログラムを管理する第三者、カンタス航空のコールサービスセンターを運営し、市場調査およびマーケティングサービスを提供する第三者を含みます。
(e) カンタス航空の金融商品カードパートナー、そして
(f) その法的義務を遵守する、もしくは法的申し立てとの関連または有効に送達および施行された裁判所命令または召喚状に対応するため、法施行機関および裁判所などのその他の第三者。

22.6 これらの団体は、会員が拠点を置く国以外の国に位置する場合があります。これには、英国、米国、ニュージーランド、ドイツ、フィリピン、オーストラリア、および会員がメンバーシップとの関連で旅行または通過する国が含まれます。

22.7 マーケティングへの同意:会員になることで、会員はカンタス航空に以下への明示的同意を提供します。 

(a) ダイレクトメール、電話、Eメール、SMS、アプリへの通知または以下を含むその他のデジタル手段などによるマーケティング通信を会員に送ること
(i) カンタス・フリークエントフライヤー会員へのニュースおよびオファー
(ii) カンタスのホテル予約ならびにカンタス航空の旅行パートナーおよびプログラムパートナーからのオファー、ニュースおよび更新情報
(iii) フライトスペシャル、ニュースおよび更新情報
(iv) エンターテインメントオファーおよび懸賞
(v) 保険、金融サービス、小売り、アクティビティ、体験およびワインニュースなどカンタス航空ブランドの商品
(vi) 会員に最新の旅行オファーおよび情報について通知するレッド・Eメール
(b) 会員が関連会員である場合、アラブ首長国連邦のエミレーツへの関連会員の情報開示。エミレーツはスカイウォーズ・フリークエントフライヤープログラム(またはこれに代わるロイヤルティ・プログラム)における会員資格について関連会員に連絡します。
(c) 第三者から収集されたデータと会員の個人情報との関連付けおよび統合、ならびに会員の体験およびコンテンツをカスタマイズするためにその統合された個人情報を使用および開示すること。これには第三者のコンテンツが含まれ、これ以外の場合には本利用規約に従って行われます。

会員はこれらの通信のすべてまたは一部の受信を次のようにオプトアウトできます。

(a) Eメールおよびデジタル広告については、「お客様基本情報」でEメール設定を更新
(b) アプリ内の通知については、アプリ設定 
(c) SMSメッセージについては、SMSから直接オプトアウト

これらの通信をオプトアウトすると、メンバーシップの一環として会員が利用できる特典を、カンタス航空が会員に提供できなくなる場合があります。

22.8 カンタス航空が個人情報を処理している方法および法によって許容され、義務付けられる範囲についての詳細、個人情報へのアクセスおよび修正はqantas.com/privacyquestionsにあるフォームに記入して要請するか、Qantas Customer Care宛てに10 Bourke Road, Mascot, NSW, 2020まで書面にてお問い合わせください。アカウントの名義を持つ会員に限り、そのメンバーシップ情報にアクセスすることができます。

22.9 本第22条は、本会員規約の終了およびカンタス・フリークエントフライヤーの終了または停止後も存続します。

23. 責任

23.1カンタスロイヤルティは、特定の法律では、商品またはサービスの供給にかかる契約では排除できない条件や保証があることを前提とされていることを承知しています。例えば、消費者向けのサービスについては、消費者保護法に基づき保証条件を排除することはできず、相応の注意と技能をもって提供し、その目的に合理的に適合することを求められています。第23.2条は、かかる法の適用を排除または制限することを意図するものではありません。

23.2 第23.1条に従うものの、カンタスグループとその役員、従業員または代理人は、本会員規約またはカンタス・フリークエントフライヤーに起因または関連するいかなる種類の損失または請求(派生的もしくは経済的損失または逸失利益を含みますがこれらに限りません)に対し責任を負わず、これには、本会員規約またはカンタス・フリークエントフライヤーの改定による場合を制限することなく含みます。ただしかかる損失または請求が、カンタスグループ企業またはその役員、従業員もしくは代理人のいずれかの過失または故意による不正行為に起因する場合はこの限りではありません。

24. 総則

24.1 解釈 本会員規約において、以下に反する意図が示される場合を除き、

(a) 単数には複数を含み、その逆も正とします。
(b) ドルまたは「$」はオーストラリアドルをいいます。
(c) 別段の記載がある場合を除き、すべてのドル価には該当する物品サービス税を含みます。
(d) 日付または時間は、万国標準時間(またはGMT)での日付または時間です。 
(e) 「含む」と言及する場合、「含むがこれに限定されない」を意味します。

24.2 準拠法 本会員規約とカンタス・フリークエントフライヤーのメンバーシップは、会員がメンバーシップの申請を行ったまたはそれをカンタス航空もしくはカンタスロイヤルティに提出した場所にかかわらず、オーストラリアのニューサウスウェールズ州法に準拠し、かかる法に従って解釈されます。本会員規約またはメンバーシップに関連する事項についての訴訟またはその他の法的手続きにおいて、会員はニューサウスウェールズ州の非独占的裁判管轄に服します。

24.3 ニュージーランドを拠点としたサービスまたは商品について 1993年ニュージーランド消費者保証法が適用される場合がありますが、事業目的によりメンバーシップを取得された、または会員がかかる目的により取得したことを表明した場合には適用されず、かかる場合当該法の規定は本会員規約から排除されます。

24.4 本会員規約のいかなる定めも、会員が有し得るまた法により排除するこのできない権利に影響することはありません。これには、2010年競争・消費者法ならびに、州および準州の消費者保護法に基づく権利を含みます。

24.5 本会員規約の条項の一部または全部が違法、無効または実施不可能である場合、違法、無効または実施不可能とならないよう確保するために必要な範囲に限定して読み取ることとしますが、これができない場合、かかる条項は本会員規約から切り離し、本会員規約の残りの規定は引き続き完全に有効であることとします。

24.6 カンタス航空は、会員がメンバーシップと特典に関する課税関係(ある場合)(付加給付税を含みます)を確実に理解するよう、その会計士または税務アドバイザーに相談することを推奨します。

24.7 企業顧客は、メンバーシップについてオーストラリアの物品サービス税の還付請求をすることができます。タックスインボイスが必要な会員は、フリークエントフライヤー・サービスセンター(電話番号:13 11 31)にお問い合わせください。会員は、オーストラリアの物品サービス税の還付請求の適格性について判断するため、自らの税務アドバイザーに相談しなければなりません。その他の物品サービス税の情報については、オーストラリアの税務署に問い合わせてください。オーストラリアの物品サービス税の目的において、カンタス・フリークエントフライヤーの取引の外貨額を換算する必要がある場合、カンタスロイヤルティの定めるレートで行われます。

© Qantas Airways Limited (ABN 16 009 661 901)

手数料表

2018年7月24日発効

発行時点での手数料です。変更になる場合があります。

追加手荷物の許容量 - 取り消し手数料

手数料 一名の予約ごとに5,000カンタス・ポイント

自動リワードサービス手数料

手数料 取引ごとに200カンタス・ポイント

リワード取扱手数料 - 追加ポイントの購入(2018年10月24日発効)

フリークエントフライヤー・サービスセンターを通して行われたカンタス・ポイントの購入。料金は、購入時に支払いが必要です。

手数料 購入1回あたり35オーストラリアドル

リワード取扱手数料 - リワードフライトの予約

金銭による支払いのオプションは、オーストラリアまたはニュージーランドで行われたリワードフライトの予約について利用可能です(別段の記載がある場合を除きます) 料金の金額は、お客様の予約時に支払いが必要です。

国際便の手数料 旅客1名あたり6,000カンタス・ポイント

その他すべての手数料 旅客1名あたり3,500カンタス・ポイント

または、金銭による支払いのオプションが利用できる場合(金銭による支払いのオプションは、ニュージーランド国内便の予約には利用できません):qantas.comの「ご予約に関する手数料」の表に定める オーストラリアドルまたはニュージーランドドルの予約手数料。

リワード取扱手数料 - リテールリワードおよびバウチャー

リワード取扱手数料が適用される場合、金銭による支払いのオプションは、オーストラリアまたはニュージーランドにおいてリテールリワードおよびバウチャーの注文について利用できます。料金の金額は、お客様のリテールリワード/バウチャーの注文時に支払いが必要です。

手数料: 注文1件につき3,500カンタス・ポイント

または金銭による支払いのオプションが利用できる場合、注文1件につき35オーストラリアドルまたは35ニュージーランドドル

リワード取扱手数料 - 対象家族会員へのポイント移行

フリークエントフライヤー・サービスセンターを通じて行う移行について。料金の金額は、お客様の移行時に支払いが必要です。

料金: 移行1件につき35オーストラリアドル

取り消し払い戻し手数料

2016年12月14日まで有効な手数料:旅客1名あたり5,000カンタス・ポイント

2016年12月15日以降有効な手数料:旅客1名あたり6,000カンタス・ポイント

変更手数料

変更は、適用される運賃規則に従う場合のみ行うことができます。

ポイント・プラス・ペイのフライトの変更手数料:
変更手数料とサービス手数料は、金銭のみで支払うこととし、適用されるポイント・プラス・ペイのフライトの運賃規則で開示されています。

クラシック・フライトリワードの変更手数料:
2016年12月14日まで有効:旅客1名あたり3,500カンタス・ポイント
2016年12月15日以降有効:旅客1名あたり5,000カンタス・ポイント

カンタス航空予約部を通じてクラシック・フライトリワードの変更を行う場合、変更手数料に加えサービス手数料(下記)がかかります。

サービス手数料

サービス手数料は、該当する変更手数料に加えて支払いが必要です。

カンタス航空予約部を通じてクラシック・フライトリワードの予約に変更をする場合、支払いが必要です。

金銭による支払いのオプションは、オーストラリアまたはニュージーランドで行ったリワードフライトの予約の変更について利用できます(別段の記載がある場合を除きます) 料金の金額は、お客様の変更時に支払いが必要です。

サービス手数料は、ビジネスクラスまたはファーストクラスでの旅行に向けて予約したクラシック・フライトリワードを変更する際には適用されません。

オーストラリアまたはニュージーランド国内便の手数料 旅客1名あたり4,000カンタス・ポイント

オーストラリア・ニュージーランド間の便の手数料:旅客1名あたり4,000カンタス・ポイント

国際便の手数料 旅客1名あたり8,000カンタス・ポイント

または、金銭による支払いのオプションが利用できる場合(金銭による支払いのオプションは、ニュージーランド国内便の予約について行われた変更には利用できません) qantas.comの「ご予約の変更に関する手数料」の表に定めるオーストラリアドルまたはニュージーランドドルの変更手数料。

宅配料金 - 緊急のメンバーシップ・キット配送

料金: 30オーストラリアドルから

紛失航空券交換手数料

紛失した紙の航空券を、カンタス・トラベルセンターまたは空港を通じて交換する際の手数料(金銭による支払いが必要です):航空券1枚あたり、国際便については75オーストラリアドル、オーストラリア国内便について55オーストラリアドル

未使用フライト・アップグレード払い戻し手数料または未使用クラシック・アップグレードリワードの払い戻し手数料

手数料: アップグレード1件あたり5,000カンタス・ポイント

再予約手数料

手数料: 旅客1名あたり5,000カンタス・ポイント

本カード交換手数料

手数料: 本カード1枚あたり10オーストラリアドルまたは1,000カンタス・ポイント

明細書依頼手数料

手数料: 明細書1件あたり2,500カンタス・ポイント

ご注意:

  • 該当する場合、手数料には物品サービス税を含みます。
  • オーストラリアドルまたはニュージーランドドルの金銭による支払いのオプションが付与される場合、オーストラリアドルでのオプションは、オーストラリアにおいて引き換えられたリワードについて、またはオーストラリアにおいてサービスが提供された場合に適用され、ニュージーランドドルでのオプションは、ニュージーランドにおいて引き換えられたリワードについて、またはニュージーランドにおいてサービスが提供された場合に適用されます。
  • 料金は、リワードを引き換える会員か、またはリワードに関係しない料金の場合、サービスに関係する会員に適用されます。
  • 旅客1名あたりの料金は、座席を利用しない幼児には適用されません。
  • 中国東方航空、日本航空、ジェットエアウェイズおよびマレーシア航空のクラシック・フライトリワードの予約について、コンサルタントがクラシック・フライトリワードの予約を行う場合にはリワード取扱手数料がかかりません。

航空会社ポイント加算表

取得済のカンタス・ポイントとステータス・クレジットについては、以下をご覧ください。